【アルゼンチン共和国杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【アルゼンチン共和国杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではアルゼンチン共和国杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

アルゼンチン共和国杯は東京芝2500mで行われる重賞レースです。


(写真は2017アルゼンチン共和国杯 スワーヴリチャード)

アルゼンチン共和国杯は東京競馬場芝2500mで行われるレースですが
目黒記念と合わせて年に2回しか行われない条件でのレースに加えて
ハンデ戦となっている事から、以前はGIに繋がるレースではありませんでした。

しかし、昨年のスワーヴリチャードが翌年の大阪杯を勝っているように
ジャパンカップを勝ったスクリーンヒーローなど
徐々にレベルが上がってGIでも活躍できる馬が出てきました。

そんなアルゼンチン共和国杯にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ノーブルマーズ 2.9倍
ウインテンダネス 内田 5.2倍
ハートレー 10.4倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

春にめざましい飛躍を遂げた ノーブルマーズ

ずっと条件戦で煮え切らない競馬が続いていた
ノーブルマーズですが2018春シーズンは
目黒記念2着、宝塚記念3着と一気に才能が開花しました。

ノーブルマーズは先行力と持続力がウリのタイプなので
末脚勝負になると厳しい面はありますが
末脚勝負になりづらいアルゼンチン共和国杯の東京芝2500m
という条件であれば、宝塚記念3着の地力が物を言いそうです。

目黒記念勝ち馬 ウインテンダネス

目黒記念では宝塚記念3着のノーブルマーズを破って
一気に重賞ウィナーとなったウインテンダネス

目黒記念ではハンデ戦という事で54kgの軽斤量の恩恵を受けての勝利でしたが
2着ノーブルマーズ、3着パフォーマプロミスという
相手を見る限りでは決してフロックではありません。

鞍上も早々に内田騎手を確保してアルゼンチン共和国杯に向ける
意気込みを感じるので、ここで好走してGI戦線に殴り込みをかけたいところです。

GI級の力を見せたい ハートレー

前走のメトロポリタンステークスでは3着に入り
復調の兆しを見せてきたハートレー

2歳時にホープフルステークスを勝った時は
GIを期待されたホープでしたが
長期休養を経て、ハートレーは再びGI戦線へ戻ってきました。

GIを獲るためには今回のアルゼンチン共和国杯で無様な競馬は見せられません。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだアルゼンチン共和国杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック