【スプリンターズステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【スプリンターズステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではスプリンターズステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

スプリンターズステークスは秋の短距離王を決めるGIレースです。


(写真は2017スプリンターズステークス レッドファルクス)

以前は12月の末(有馬記念の前週)に行われていた
スプリンターズステークスですが、
今は秋のGIシリーズ開幕戦となる時期で定着しました。

中山競馬場で行われるGIレースなので
スピードだけで無く、パワーも必要なレースとなっています。

ここ2年はレッドファルクスが連覇しており、その傾向は顕著になっていますね。

今年もレッドファルクスが出走を予定しているレースですが
果たして3連覇成るのか?新しいスプリント王が誕生するのか?

注目度の高いレースとなっています。

そんなスプリンターズステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ファインニードル 川田 2.6倍
ラブカンプー 5.0倍
レッツゴードンキ 6.1倍
ナックビーナス モレイラ 6.5倍
アレスバローズ 菱田 7.2倍
レッドファルクス デムーロ 9.9倍
セイウンコウセイ 池添 10.0倍
ダイメイプリンセス 12.6倍
グレイトチャーター 15.6倍
キャンベルジュニア 福永 22.7倍
ラッキーバブルス 23.0倍
ワンスインナムーン 28.5倍
ムーンクエイク 35.1倍
ヒルノデイバロー 39.6倍
ラインスピリット 武豊 44.0倍
スノードラゴン 大野 48.4倍
キングハート 53.9倍
ティーハーフ 58.5倍
タマモブリリアン 60.2倍
アドマイヤアルバ 104倍
ブラヴィッシモ 133倍
カイザーメランジュ 168倍
ダイアナヘイロー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >


 

< 主な出走馬 >

3連覇を狙う レッドファルクス

昨年、一昨年とスプリンターズステークスを勝利しており
チャンピオンとして3連覇を狙うレッドファルクス

今年の春のGI戦では高松宮記念8着、安田記念9着と
2017年シリーズと比較すると成績がガクッと落ちている点は
気になりますが、ダートでも走っていたように
パワー溢れる走りはスプリンターズステークスにベストマッチ。

レッドファルクスの底力に期待をしたいですね。

春の短距離王者 ファインニードル

高松宮記念を完勝したファインニードル

昨年のスプリンターズステークスでは適性が合わなかった事もあり
惨敗しましたが、昨年のこの時期よりは格段にパワーアップしています。

セントウルステークスでどんな内容を見せるか、ですが
順調に行けばスプリンターズステークス最右翼の存在だと言えます。

復調気配を見せる セイウンコウセイ

2017年の高松宮記念を勝利して以来
長らくスランプ状態に陥っていたセイウンコウセイ

前走の函館スプリントステークスでは
果敢に先手を奪って、最後までどの馬にも抜かれること無く
逃げ切って久しぶりの重賞制覇を飾りました。

昨年のスプリンターズステークスでは3番人気を裏切って
11着と大敗しているので、舞台適性の面では気になりますが
復活したセイウンコウセイなら、中山もこなしてくれそうな気配があります。

破竹の勢いでGI制覇を狙う アレスバローズ

中京記念、北九州記念を連勝したアレスバローズ

重賞初挑戦となったシルクロードステークスでは
2番人気を裏切って大敗しましたが
ここに来て一気に馬が本格化しました。

ファインニードルをはじめとした現在のトップホースには
それほど突き抜けた存在の馬がいないので
スプリンターズステークスで一気に天下を取ることも可能です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだスプリンターズステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。