【菊花賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【菊花賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは菊花賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

菊花賞は3歳牡馬クラシックの最終戦となるGIレースです。


(写真は2017菊花賞 キセキ)

昔は「菊花賞は強い馬が勝つ」と言われているレースでしたが
時代が変わり、個々の馬による距離適性などが見直されてきてからは
京都芝3000mへの適性がある馬が活躍するレースとなりました。

昨年の菊花賞は不良馬場の中、キセキが豪脚を見せて勝利。

2着にクリンチャー、3着にポポカテペトルが入り
波乱の決着になりましたが、果たして今年の菊花賞はどうなるでしょうか?

そんな菊花賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

エポカドーロ 戸崎 4.0倍
ブラストワンピース 4.9倍
レイエンダ 5.7倍(出走未定)
フィエールマン 9.5倍
エタリオウ 12.0倍
グロンディオーズ 16.3倍
グレイル 17.1倍(出走未定)
メイショウテッコン 18.5倍
グローリーヴェイズ 20.7倍
ユーキャンスマイル 26.9倍
ステイフーリッシュ 藤岡佑介 27.3倍
カフジバンガード 38.0倍
アイトーン 62.8倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

2冠を目指す エポカドーロ

スプリングステークスでオープンクラスに彗星の如く現れ
春は皐月賞を制したエポカドーロ

日本ダービーでも果敢に逃げを打って2着に粘るなど
持ち前の先行力と闘争心で春は大活躍を見せてくれました。

菊花賞では2冠がかかるレース。
走る事に対して前向きな気持ちを持っている馬なので
折り合いがつくかどうかが大きなポイントとなりそうです。

ダービー2番人気の ブラストワンピース

日本ダービーで2着に支持されたブラストワンピース

位置取りの問題もあり、惜しくも5着と敗れてしまいましたが
持っている能力はしっかりと見せつけてくれました。

夏に新潟記念を使ってから菊花賞に挑むという
異端のローテーションを選択したブラストワンピースが
菊花賞でどんな走りを見せるのかが楽しみです。

ラジオNIKKEIから直行の フィエールマン

前走のラジオNIKKEI賞では2着に負けて
無敗記録が途絶えてしまったフィエールマン

結果こそ2着でしたが、レースでのパフォーマンスは群を抜いており
一番強い競馬をしたのは明白でした。

トライアルレースを使わずに菊花賞へと直行になる点は
不安要素でもありますが、まだ3回しかレースを使っておらず
秘めたる素質はGIでも見劣りません。

ここでどれくらい戦えるのか、楽しみな馬ですね。

日本ダービー4着の エタリオウ

春はずっと条件戦を走っていたエタリオウ

青葉賞でも2着に入っての日本ダービー出走と言うことで
全く目立たない存在でしたが、単勝99.1倍の下馬評を覆す4着

競馬の内容からも一番強いレースを見せて秋に期待を持たせてくれました。

ずっと相手なりに好走していたので、まだ奥がありそうなエタリオウが
本格化すれば、菊花賞で強敵をなぎ倒す事は十分に考えられます。

ラジオNIKKEI賞勝ちの メイショウテッコン

ラジオNIKKEI賞ではフィエールマンを抑えて
見事な勝利を収めたメイショウテッコン

逃げを主な戦法としていたメイショウテッコンにおいて
ラジオNIKKEI賞で我慢が出来た点は非常に大きく
菊花賞に向けてメドの立つ競馬を見せてくれました。

地味なので、注目度は低いですが堅実に走るタイプの馬なので
混戦になった時に台頭してきそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ菊花賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック