【エルムステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【エルムステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではエルムステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

エルムステークスは北海道の地で行われるダート重賞です。


(写真は2017エルムステークス ロンドンタウン)

夏の涼しい環境でのレースとなるので
過去にはゴールドアリュールなどの一流馬も出走したレースですが

地方交流重賞路線が確立されてからは
一流馬の出走は少なくなりました。

昨年はテイエムジンソクが圧倒的な人気に支持されながら2着に敗れたレース

今年もテイエムジンソクのような上がり馬がいるのか?
注目が集まりますね。

そんなエルムステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ミツバ 3.2倍
ハイランドピーク 3.9倍
アンジュデジール 5.1倍
ノーブルサターン 6.9倍
ロンドンタウン 7.8倍
ドリームキラリ 9.3倍
リーゼントロック 13.0倍
ブラゾンドゥリス 15.2倍
アルタイル 17.3倍
モルトベーネ 19.0倍
ディアデルレイ 19.5倍
リッカルド 37.1倍
モンドクラッセ 44.9倍
メイショウスミトモ 63.1倍
ユラノト(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

GI級の能力を秘めている ハイランドピーク

条件戦で圧倒的な強さを見せつけ勝ち上がってきたハイランドピーク

その勝ちっぷりからも重賞を飛び越えて
GIまで手が届くだけのポテンシャルを秘めた馬であることは間違いありませんが
マーチステークスでは出遅れて競馬にならなかったように
気性面で爆弾を抱える馬。

自分の競馬が出来るかどうかがポイントとなりそうです。

ハイランドピークを破った ユラノト

前走のマリーンステークスではハイランドピークを破って勝利したユラノト

近5戦では4勝と物凄い勢いで実績を積み重ねてきました。
唯一負けとなったアンタレスステークスは不良馬場での競馬という事で
参考外だと考えると現在4連勝の馬だと言えます。

ルメール騎手も太鼓判を持つユラノトが
エルムステークスで重賞初制覇を飾る可能性は十分にあります。
(出走回避)

マーキュリーカップを回避した ドリームキラリ

前走のプロキオンステークスでは逃げを打てずに
不完全燃焼の競馬になってしまったドリームキラリ

逃げてこそ持ち味を発揮するタイプなので
プロキオンステークスの惨敗は気にする必要はありません。

賞金的に出走が確定となっていたマーキュリーカップを回避して
エルムステークスへの出走を予定しているドリームキラリにとって
今度こそは逃げて持ち味を発揮したいところです。

マーキュリーカップを連覇した ミツバ

前走のマーキュリーカップでは最後しっかりと差し切って
見事な連覇を果たしたミツバ

スタミナ豊富なタイプの馬なので、中央場所よりも
地方場所の方が持ち味を発揮できるタイプですが
今年は中央の重賞でも互角に戦っています。

距離短縮、小回りコースと課題はありますが
持っている地力はメンバーでも随一の存在です。

アンタレスステークス勝ち馬の モルトベーネ

過去のアンタレスステークス勝ちがあるモルトベーネ

毎回、自分の力を出し切れない不安定なタイプなので
アンタレスステークスを勝った後は惨敗が続いていた
モルトベーネですが、前走の東海ステークスでは3着に入り
改めて重賞で通用する力を見せました。

エルムステークスでも同じだけの力を発揮すれば
十分に勝機はある馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだエルムステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。