【函館2歳ステークス2018】過去10年のデータ分析|仕上がり第一のレース!

Pocket

2018函館2歳ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
函館2歳ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は函館2歳ステークスが行われますが
いよいよ、2歳重賞が始まりますね。

正直、2歳戦は好きじゃないんですよね~

私はローテーションと適性で予想するタイプの予想家なので
キャリアが浅くて情報が薄い2歳戦はハナから戦意喪失です。

 

こんなの予想するの無理だろ!?

と、思っていたら2歳戦の予想を得意としている人もいるんですよね~

競馬ブロガーで超有名人の予想家ナツさんは
2歳戦の予想をめちゃくちゃ得意としています。

私がナツさんと一緒に競馬をした時に
ナツさんが推した2歳馬はほぼ100%馬券に絡んでるんですよね~
(もしかしたら来なかったときもあるかもしれませんが
私の記憶ではナツさんが2歳戦を外しているのを見た事がありません)

 

コツを聞いたんですが

2歳戦は仕上がりが重要だから馬体が軽い方がいいんだよ。

とか

パドックでこういう動きをする馬がいいんだよ。

とか

色々と教えてくれました。

 

だけど、私は自信がないので
実際に馬券を買う事はしません。

 

ナツさんのいう感じで馬を見ることが出来るようになってから
2歳戦は参加していこうかなと思います。

 



 

さて、今週は函館2歳ステークスが行われます。


(2017函館2歳ステークス カシアス)

2歳重賞の中で真っ先に始まる重賞レースであるだけの
出走馬のほとんどが1戦か2戦しかしていません。

 

この1,2戦でどこまで能力があるのかを
しっかりと見極める必要がありますが

言うは易く行うは難し

人気薄の馬も馬券に絡んでくるレースですので
判断の難しいところです。

 

果たして、実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

そんな函館2歳ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

中京記念2018、ここに全てを賭けているのはあの有力馬!!
徹底分析して出てきた結論から中京記念はあの馬の1強レース!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースは中京記念

ドリーム万馬券では中京記念の無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

函館2歳ステークス過去10年のデータ分析

逃げ馬は苦戦もある程度のポジショニングは必要なレース

まず、最初に注目したのは函館2歳ステークスの脚質です。
以下は函館2歳ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

 

堅い決着が多いので、全体的に回収率が低いのですが

“逃げ馬と追い込み馬の成績が著しく悪いです”

 

新馬戦を勝ってきた馬というのは大体「逃げ」です。

新馬戦は後々GIを勝つような強い馬と
一生馬券に絡むことが出来ないような弱い馬が
一緒に走るレースですから

本来、差しが向いているような馬でも
能力の違いで逃げ切り勝ちを収めることがままあります。

 

ただ、逃げというのは一番好走確率が高い脚質で
地力を問われず、展開の利で勝負を決する事も往々にしてあります。

函館2歳ステークスでは少なくとも1勝を挙げるだけの
力がある馬が一堂に集まって行われるレースなので

未勝利戦と比較するとグッとレベルが上がります。

それだけに新馬戦を「展開の利」込みで勝った逃げ馬は
函館2歳ステークスでは凡走します。

 

本当に強い馬は「逃げ」一辺倒という
リスクの高い状態にはせず、控えるという事を覚えさせるので

おのずと好位から中団に控える馬の成績が良くなる

という感じですね。

 

 

2歳戦は仕上がりが命!軽量馬、牝馬は強い!

次に函館2歳ステークスの馬体重別成績を見てみます。

480kg以上の馬が苦戦しており
500kg以上の馬に関しては馬券にすら絡めていません。

本来競馬は

物理的に馬体の大きい馬(馬体の重い馬)の方が成績が良い

という法則があるのですが

函館2歳ステークスに関してはこの逆の傾向を見せています。

 

 

この時期の2歳馬は「子供の運動会」と同じ

という事が言われますが、まだ幼い競走馬にとって
好走するのに必要なのは

絶対能力よりも仕上がり具合

と、なります。

 

馬体が軽い馬の方が仕上がりが早い

という事は競馬界の常識なので、馬体の軽い馬を狙いたいですね。

 

ちなみに函館2歳ステークスにおける牝馬の成績も見てみましょう。

全体の複勝回収率が65%であるのに対して

牝馬の複勝回収率は82%と高い数値を見せています。

 

軽量馬と同じく

牝馬の方が仕上がりが早い

という事も競馬界の常識なので
牝馬でも積極的に狙っていきたいですね。

 

血統や臨戦はバラバラで参考になるものはなし!

最後に函館2歳ステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

1位はキンサシャノキセキとなっていますが
過去10年で勝利している馬の種牡馬はバラバラ

ディープインパクトやキングカメハメハの名前もあれば
バゴやスターチュオブリバティの名前もあり
この時期の2歳馬に適性云々は関係ない事が分かります。

 

前走出走したクラス別の成績を見てみると

新馬、未勝利、オープン特別とバラバラ

複勝率でいうと

オープン特別 > 新馬 > 未勝利

ですが、複勝回収率でいうと

未勝利 > 新馬 > オープン特別

と、真逆のデータが出ています。

 

この時期の2歳戦は適性とかローテーションではなく

どれだけ仕上がっているか?

という1点につきます。

 

あまり細かく考えない方が良さそうですね。

 

 

以上が2018函館2歳ステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

函館2歳ステークスは2歳戦の中で最初に行われる重賞レース

能力や適性といった馬の本質的な部分よりも

その馬がどれだけ走れる体制にあるのか?

という事が大きく結果を左右するレースだと言えます。

細かい事を考えずに大人びたレースを見せている馬
完成度の高い馬を狙っていきたいですね。

 

 

私が函館2歳ステークスで注目しているのは、
新馬戦のレースが大人びていた、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ