【プロキオンステークス2018予想】波乱の使者はブライトライン!穴馬に支持する根拠は?

Pocket

2018プロキオンステークスでそれほど人気ならないであろう
ブライトラインが穴馬として注目出来る理由・根拠
について

他の出走メンバーと比較しながら、分析して話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬には本命党と穴党がいますが
それぞれで性格が違うなぁと思いますよね。

で、勝負師として優れている方がどっちかというと

「断然、穴党です!」

穴党の方が勝負感の強い人が多いですし
仕事とかも出来る人が多いです。

 

本命党の人って仕事で言えば

「与えられた事を忠実にこなすタイプ」

なんですよね。

 

競馬という控除率の高いゲームの原理原則とかは考えずに

新聞から与えられた情報、マスコミが報じる情報を鵜呑みにして
その範囲の中で一生懸命考える

というタイプが本命党には多いですね。
(本命党でも1点勝負タイプはまた別です)

 

でも、一概に勝負師タイプの人が良いのかというとそうではなくて
勝負師タイプの人は人とは違う感性があるので

リスクのあるところに敢えて突っ込んでいく

という人が結構いて、それはそれでスリリングです。

 

私はチキン野郎なので、もともと本命党だったんですが
それでは勝負には勝てないと悟ったので
穴目を狙うようにしています。

そして、本命による場合は極力馬券を絞る感じです。

せっかく馬券を買うわけですから、勝負師になりたいです。

 

という事で、プロキオンステークスの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

プロキオンステークス2018、ここに全てを賭けているのはあの有力馬!!

徹底分析して出てきた結論から
プロキオンステークスはあの馬の1強レース!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースはプロキオンステークス

ドリーム万馬券ではプロキオンステークスの無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

プロキオンステークスで注目しているブライトラインと私の見解

今週はプロキオンステークスが行われます。


(2017プロキオンステークス キングズガード)

ディフェンディングチャンピオンである
キングズガードをはじめ

フェブラリーステークス3着のインカンテーション
最も勢いのあるマテラスカイなど、それなりのメンバーが揃いました。

 


(昨年の勝ち馬 キングズガード)

 

ただ、昨年のチャンピオンであるキングズガードをはじめ
ほとんどの馬が安定した成績を残しておらず
馬券的にはいくらでも捻ることが出来そうなレースです。

こういったレースは思い切って穴馬を狙いたいですね。

 

波乱含みのプロキオンステークスですが
私がプロキオンステークスで注目している穴馬を公表したいと思います。

 

その馬の名前は

ブライトライン

です。

 

ブライトラインは昨年のプロキオンステークスで3着に入っており
過去にはみやこステークス、ファルコンステークスを制しており
G3レベルで戦えるだけの地力を持った馬です。

 

ただ、前走出走した2017プロキオンステークスから
1年間隔を空けての出走となりローテーションは不安です。

そんなブライトラインが、なぜプロキオンステークスで
注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

プロキオンステークスは勝てる前提で出走している

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でプロキオンステークス勝負馬の情報を教えます。

プロキオンステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ブライトラインが買える材料

休み明けでも走る気性の持ち主!ここがメイチ?

ブライトラインは今回1年振りの出走となりますが
ブライトラインは休み明けを苦にしない馬です。

過去の実績から2ヶ月以上の休み明けでの成績(ダート戦)を見てみると

2013 みやこステークス 1着

2014 根岸ステークス 4着

2014 エルムステークス 10着

2014 みやこステークス 8着

2015 すばるステークス 4着

2016 ポラリスステークス 3着

2016 プロキオンステークス 4着

2016 武蔵野ステークス 11着

2014エルムステークスは不良馬場
2016武蔵野ステークスは重馬場

と苦手な重馬場のレースであった事を考えると

休み明けは安定して走っています。

 

1年振りの出走となると2016ポラリスステークス以来となりますが
もともと気性が勝ったタイプであるブライトラインにとって

“休み明けの舞台はマイナスでは無くプラス要素”

と受け取ることが出来ます。

1年振りの出走で人気がガタ落ちする事を考えると
人気落ちほど好走率は下がらないと言えます。

 

1400mでこそ真価を発揮するブライトライン!

ブライトラインは昨年のプロキオンステークスで3着に入っているように

“1400mのレースを得意としている馬です”

1400mでのレース(ダートに限る)と
それ以外の距離のレースでの成績を比べてみると

1400m 【2.0.3.6】

1600m以上 【3.0.0.10】

1300m以下 【0.1.1.0】

 

1600m以上のレースになると

パフォーマンスを落としていることが分かります。

 

対照的に1400m以下という括りで見てみると

【2.1.4.6】

と、パフォーマンスが上がってくるので

今回のプロキオンステークスは得意な舞台である

といえます。

 

ちなみにプロキオンステークスは過去2回出走していて

2016 プロキオンステークス 3着

2017 プロキオンステークス 4着

とこのレースとの相性も良い点は見逃せないですね。

 

 

以上、2つの理由から

2018プロキオンステークスにおける

ブライトラインは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 



まとめ

1年ぶりという不利なローテーションで
プロキオンステークスに出走するブライトラインですが

休み明けは苦にせず、舞台適性もある

馬であり、好走の可能性は十分にあります。

1年ぶりの出走である点、もう9歳となってしまった年齢を考えると
プロキオンステークスで大きく人気を落とすことが予想出来るので

逆に期待値の高い馬であると言えます。

プロキオンステークスはブライトラインに注目ですね。

 

2018プロキオンステークスで私が最も注目している馬は
今回、ここに向けて調子を上げていると言える、あの実績馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。