【富士ステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【富士ステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは富士ステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

富士ステークスは安田記念と同じ条件で行われる重賞レースです。


(写真は2017富士ステークス エアスピネル)

富士ステークスは安田記念と同じ東京芝1600mで行われる重賞レースです。

G3と格が低いことやGIマイルチャンピオンシップまで
間隔が空いているという事もあり
通常であればGIのステップレースとして扱われない位置づけにありますが

昨年はエアスピネル、イスラボニータがワンツーを決めたように
力と力のぶつかり合いになりやすい舞台ゆえに
有力馬が出走してくる事もあるレースです。

そんな富士ステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

エアスピネル 2.1倍
ペルシアンナイト デムーロ 3.8倍
ロジクライ ルメール 6.3倍
レッドアヴァンセ 7.9倍
ジャンダルム 9.9倍
ワントゥワン モレイラ 10.0倍
ハクサンルドルフ 12.8倍
ウインブライト 14.7倍
マルターズアポジー 16.0倍
ヤングマンパワー 17.4倍
クルーガー 21.7倍
ハッピーグリン 内田 28.6倍
デンコウアンジュ 29.0倍
ヒーズインラブ 藤岡康太 30.9倍
ゴールドサーベラス 32.0倍
ストーミーシー 41.7倍
ウインガニオン 57.0倍
ガリバルディ 御神本 62.2倍
トウショウドラフタ(出走回避)
カツジ(出走回避)
プロディガルサン(出走回避)
ミッキーグローリー(出走回避)
パクスアメリカーナ(出走回避)
ロジチャリス(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >


 

< 主な出走馬 >

マイルチャンピオンシップ連覇を狙う ペルシアンナイト

春の安田記念ではマイル王に君臨できなかったペルシアンナイト

秋は昨年と同じく富士ステークスからマイルチャンピオンシップというローテーション
昨年は馬場が悪かったことも有り、
富士ステークスでは実力を発揮する事が出来ませんでした。

休み明けのレースを苦手としているだけに
陣営の本気度が問題となりそうですね。

ニュージーランドトロフィー勝ちの カツジ

前走のNHKマイルカップでは8着と悔しい負け方をしたカツジ

春にはニュージーランドトロフィーを勝ち、
2歳時にはデイリー杯2歳ステークスで2着があるように
G2、G3レベルでは力上位の存在であるカツジ

今年の3歳世代がどこまで古馬と戦えるのかを占う意味でも
富士ステークスでのカツジの走りは
今後のマイル路線の流れを大きく左右しそうです。
(出走回避)

春は悔しい結果に終わった ジャンダルム

弥生賞では3着に入りクラシックを期待されたジャンダルムですが
皐月賞、日本ダービーと見るところなく惨敗してしまいました。

ジャンダルムは立ち回り勝負が得意なタイプで
広いコースよりも小回りコースが得意な馬であるだけに
富士ステークスの舞台である東京芝1600mは
ジャンダルムにとっては良い条件とは言えません。

逆に言えば、ここで走れば能力の高さを見せつけられるので
今後の試金石と言える一戦です。

豪脚が魅力の ハクサンルドルフ

前走のエプソムカップでは重馬場というプラス要素があったものの
直線では自慢の末脚を発揮して2着に入ったハクサンルドルフ

追い込み一手の脚質なので、常に展開に左右されるリスクはあるものの
安定した末脚は重賞レベルでも十分に通用する馬です。

今回の富士ステークスでも馬場が重くなるようであれば
チャンスはより一層広がりそうですね。

条件戦を圧勝した ハッピーグリン

前走のSTV賞ではほかの馬を子供扱いにして完勝したハッピーグリン

オープンクラスでは巴賞3着の実績があるので
決して能力的には上位陣に見劣りはしません。

ただ、良績が札幌、函館といった北海道場所に集中しているので
東京コースでどれくらいの適性があるかが焦点となりそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ富士ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。