【プロキオンステークス2018予想】マテラスカイが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018プロキオンステークスに出走を予定している
マテラスカイが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ここのところ私の武器である「切り馬」の精度が上がってきたな

と思っていたんですが
先週のラジオNIKKEI賞ではやってしまいました。

切り馬に指名したメイショウテッコンが
得意の逃げ戦法を封印しながらも

直線で見事にインをついて差し切り勝ち

 

ラジオNIKKEI賞は自信が無いレースで
金額的には少額での勝負だったんですが

綺麗にこられてしまうとショックもひとしおです。

 

危険馬を挙げる時に私が気をつけているのは

“5番人気以内の馬を挙げる”

という事です。

だって、10番人気の馬を挙げても仕方が無いし
単勝20倍の馬を挙げても仕方が無いじゃないですか。

 

やっぱり単勝1桁倍率の馬、もしくは5番人気くらいの馬を挙げて
派手に花火を上げるか、派手に散るか

 

勝つか負けるかをはっきりとしたいんですよ。

 

宝塚記念で1~3番人気をぶった切ったときは
結構なリアクションを頂いたので

切るときは思い切って切りたいと思います。

 

ただ、どの馬も切れない時は素直に言おうと思います。

無理矢理こじつけて、この馬を切るよ

というのも何か違うと思いますので…

 

これからも素直に大胆に頑張りますので
応援宜しくお願い致します!!

 

 

という事で、プロキオンステークスの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

プロキオンステークスは勝てる前提で出走している

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ベストレコード』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でプロキオンステークス勝負馬の情報を教えます。

プロキオンステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はプロキオンステークスが行われます。


(写真は2017プロキオンステークス キングズガード)

数少ないダート1400mの重賞と言う事で
「この距離が得意」という馬が集まってくるレースで
毎年激戦になる傾向があります。

 

加えて、タフで差しが有利な中京競馬場で行われるレースなので

“いつものような前有利のダート戦”

にはならないレースとなっています。

 

なかなか一癖あるメンバーでのレースとなりそうですが

私がプロキオンステークスで最も買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018プロキオンステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

マテラスカイ

です。

 

 

マテラスカイは昨年から急成長して
一気にGIオープン入りを果たした馬です。

春にはドバイ遠征も敢行して
ドバイゴールデンシャヒーンで5着

と、重賞でも十分に通用する力を見せています。

 

休み明けとなった前走の準オープン戦でも
逃げて圧勝していることから
プロキオンステークスで人気になることが予想されますが

なぜマテラスカイが2018プロキオンステークスで
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

プロキオンステークスのコース分析

プロキオンステークス2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

プロキオンステークス2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

マテラスカイの不安要素

距離延長のローテーションでパフォーマンス維持は困難?

マテラスカイは近4戦で3勝
ドバイでの成績を除けば3連勝しているように
プロキオンステークスに出走する馬の中で勢いのある馬だと言えます。

 

ただ、その3連勝は全て1200mで挙げたもの

マテラスカイの全成績を見てみると

1200m 【5.1.0.3】

1400m 【0.2.0.3】

1600m以上 【0.0.0.3】

と、良績が1200mに偏っている事が分かります。

ここ一年で本格化したとはいえ

1400mに距離が延長されると走りが鈍くなり
1600m以上の距離になってしまうと全く走れない

マテラスカイは1200mに特化した距離適性を持った馬である

という事が言えます。

 

今回のプロキオンステークスは1400mのレース

マテラスカイがパフォーマンスを落とす可能性は高いと言えます。

 

 

 

逃げが不振なプロキオンステークス!マテラスカイの逃げは通用する?

マテラスカイの3連勝の内訳を見てみると

「全てが逃げ切り勝ち」

となっています。

ダート戦は基本的に前に行く馬が有利なので
マテラスカイが逃げて結果を出してきたことは
ごくごく自然な事だと言えますが

プロキオンステークスは逃げが通用しづらい舞台となっています。

 

以下はプロキオンステークスが今の条件で行われるようになってからの
4コーナーでの順位別成績です。

ダート戦とは思えないほど
逃げ・先行脚質の馬が活躍できていない舞台となっています。

理由としては、中京競馬場のコース形態が大きく関わっている訳ですが

前に行く馬に厳しい結果となっている

という結論が大きな事実として乗っかってきます。

マテラスカイは過去4走全てで逃げを打ち
結果を出してきたわけですから

プロキオンステークスでも逃げる事が予想されます。

 

逃げる馬にとって厳しいコースであるプロキオンステークスは

マテラスカイにとって厳しい条件である

と言うことは間違いありません。

 

 

以上、2つの理由から

2018プロキオンステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

マテラスカイ

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

昨年からのマテラスカイの充実振りは目を見張る物があり
今後、重賞路線でも活躍してくれそうな馬ですが

今回は苦手な1400mでのレースとなり
パフォーマンスを落としてきそうです。

また逃げ馬であるマテラスカイにとって
逃げ・先行馬が苦戦しているプロキオンステークスは
厳しい条件と言える舞台で

マテラスカイにとって適性外の舞台でのレースを強いられそうです。

2018プロキオンステークスでは
マテラスカイを切って勝負したいですね。

 

 

2018プロキオンステークスで私が注目している馬は
マテラスカイとは対照的にこの舞台に適性があるあの伏兵馬です。

あの馬はチェックしておいた方がいいですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ