【レパードステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【レパードステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではレパードステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

レパードステークスは数少ない3歳限定のダート重賞です。


(写真は2017レパードステークス ローズプリンスダム)

3歳限定のダート重賞はユニコーンステークスとレパードステークスのみ
という事で毎年レベルの高い戦いになるレパードステークス

昨年は11番人気のローズプリンスダムが勝利し
12番人気のサルサディオーネが2着に入ったことから
大波乱の決着となりましたが、基本的には堅く収まりやすいレースです。

ユニコーンステークスやJDDなどで好走した馬が馬券のカギとなるレースですが
今年のレパードステークスは堅く収まるのか?波乱の決着となるのか?

そんなレパードステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

グレートタイム 2.8倍
エングローサー 4.6倍
ドンフォルティス 4.7倍
アルクトス 6.0倍
アドマイヤビクター 8.2倍
イダペガサス 10.6倍
チュウワウィザード 12.9倍
グリム 14.1倍
コマビショウ 15.0倍
プロスパラスデイズ 16.4倍
マイネルユキツバキ 18.8倍
オノリス 20.3倍
ビッグスモーキー 22.8倍
ショーム 23.7倍
ヒラボクラターシュ 27.4倍
ダイシンカローリ 32.1倍
スズカアーチスト 36.8倍
フロリアヌス 38.5倍
テイエムディラン 45.5倍
バクハツ 63.2倍
ミックベンハー 117倍
クレディブル 142倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ユニコーンステークスで豪脚をみせた エングローサー

前走はオープンクラスで実績を残してきた強豪が出走したことで
7番人気となめられたエングローサーですが
最後の直線で豪脚を披露して僅差の3着となりました。

芝で惨敗した実績があることで戦績は地味に映りますが
ダート戦での走りっぷりは芝とは見違えるほど切れ味が鋭く
父トランセンド譲りのダート適性を見せています。

今回はオープン2戦目となりますが
一度強敵に揉まれた経験を活かせば
重賞を勝ちきるだけの能力は十分に秘めているといえる馬です。

前走は思わぬ大敗を喫した ドンフォルティス

前走のジャパンダートダービーでは人気に推されながら
凡走してしまったドンフォルティス

ジャパンダートダービーを勝ったルヴァンスレーヴと
互角以上の戦いをしてきたドンフォルティスにとって
不本意な競馬となってしまいましたが
今回のレパードステークスは叩き2走目となるので
自分の力を発揮できれば、ここでは巻き返しが出来る馬です。

ユニコーンステークスで惨敗した グリム

前走のユニコーンステークスでは人気に支持されながら
持ち味を発揮できず9着に惨敗してしまったグリム

青竜ステークスでスマハマを破っているように
持っている能力は重賞レベルの馬ですが
精神的な脆さを抱えているだけに
気分よく走れるかどうかが大きなポイントとなりそうです。

ダートで連勝中の アドマイヤビクター

現在、ダートで連勝中のアドマイヤビクター

ルーラーシップ産駒という事で一見ダートより芝の方が合いそうですが
500kgを超える大きな馬体から繰り出すパワーはダートでも十分に通用します。

前走は1番人気に応えて勝利を飾り
着実に力を着けている今ならレパードステークスでも十分に戦えそうです。

ユニコーンステークス惨敗の プロスパラスデイズ

重賞であるユニコーンステークスで10着と惨敗してしまったプロスパラスデイズ

重賞でこそ惨敗したものの次に出走した濃尾特別では
後方待機から直線一気の末脚を見せて快勝

成績にムラはあるものの勝った時のパフォーマンスは一級品で
プロスパラスデイズの力を出し切れれば
レパードステークスでリベンジを果たす事が可能です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだレパードステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。