【函館記念2018】過去10年のデータ分析|内枠の先行馬が圧倒的に有利!!

Pocket

2018函館記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
函館記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は函館記念が行われる予定ですが
この週って重賞が函館記念しかないんですよね~

GIレースがメインならまだしもローカルG3なのに
この週の重賞レースが1つしかないって強気すぎます(笑)

 

私の函館記念のイメージは

フジテレビの27時間テレビの週にやるから
レースをダイジェストで見る事しかできない

というイメージです。

 

これは関東に住んでいる人あるあるなのか
全国的にそうなのかは分からないですが

競馬番組がないとなるとちょっと熱が冷めますよね。

 

という事で、今年は放送がどうなるか?

それによって熱量が変わってきそうな
2018函館記念の話をしていこうと思います。

 



 

今週のメインレースは函館記念です。

 


(2017函館記念 ルミナスウォリアー)

昨年は馬場が悪かったこともありますが

1着 5番人気 ルミナスウォリアー

2着 14番人気 タマモベストプレイ

3着 7番人気 ヤマカツライデン

で、決着をして3連単は91万円を超える大万馬券となりました。

 

過去には函館記念しか走らなかった
エリモハリアーが3連覇を果たすなど

「適性重視の癖が強いコース」

 

で、行われる重賞レースなので穴党には大歓迎ですね。

 

今年は実力馬が順当に勝つのか?また大波乱となるのか?

そんな函館記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

函館記念を勝つのはあの馬以外に考えられない!!
厩舎関係者の中では函館記念は1強レース!

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは函館記念

競馬学会では函館記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

函館記念過去10年のデータ分析

前に行けばいくほど期待値の高い前残りレース

まず、最初に注目したのは函館記念の脚質です。
以下は函館記念での4コーナーでの順位別成績です。

 

 

小回りコースである函館競馬場を象徴するように

“逃げ・先行馬が優勢のデータが出ています”

 

函館競馬場は札幌競馬場と共に洋芝の競馬場ですが
札幌競馬場の芝と比較すると「重い」芝であることが特徴です。

それゆえダート戦のように差しが利きづらく
逃げ・先行馬がそのまま粘り込むシーンが多くなります。

 

ちなみに函館記念における上がり3ハロン順の成績を見てみると

と、上がりの速い馬はそれほど好成績を残せていません。

直線の短い函館競馬場の直線で
相手をごぼう抜きにすることは難しく

差し馬は徐々にポジションを押し上げて
直線でそのままなだれ込む

という形をとらないと好走することは出来ません。

先手を取れる馬なのか?

3コーナー過ぎで上がっていける機動力があるのか?

このあたりを判断して予想をしたいですね。

 

小回りコースは内枠が圧倒的に有利

次に函館記念の枠順別成績を見てみます。

1~4枠の馬がだいたい25~40%

5~8枠の馬がだいたい10~20%

となっており

「内枠が圧倒的に有利」

というデータが出ています。

 

函館記念は函館の小回りコース、かつ先行有利なレースなので

“その傾向に連動して内枠が有利となります”

 

物理的に考えると

小回りコースになればなるほど、
コーナーでの距離ロスの影響が大きくなるので
外枠の馬は長い距離を走らされる

ということで、内枠有利は自明の理ですね。

 

ちなみに函館記念の人気別の成績も見てみましょう。

1番人気馬が壊滅的に不振となっています。

先行馬有利、内枠有利

と、能力以外の要素が大きいレースであるため

能力上位の馬だからといって簡単には好走できないようになっています。

能力よりも適性

という考え方が必要なレースですね。

 

前走着順は気にする必要なし!函館巧者なら巻き返し可能!

最後に函館記念の前走クラス別成績を見てみましょう。

「夏競馬は格よりも調子」

という格言がありますが

前走でオープンクラス以下のレースに出走した馬は
成績が振るわずに、苦戦している一方で

前走重賞に出走した馬の成績が良い点が目立ちます。

 

函館競馬場は洋芝なので、

例年、函館記念にはこの馬場に適性のある馬が
能力のある馬が出走してくる

ということが、重賞経由の馬が活躍している要因だと言えます。

 

ちなみに函館記念に出走した馬の前走着順別成績を見てみると

と、前走で1,2着に入った馬が苦戦している事が分かります。

適性の薄い中央場所の重賞で負けた馬が
得意の函館競馬場で巻き返す

というパターンが多く見られる事からも

函館の馬場に適性のある能力のある馬が活躍している

という事が分かります。

 

 

以上が2018函館記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

函館記念は小回りコースで行われる重賞なので

“先行馬が圧倒的に有利なレース”

です。

差し馬の場合は3コーナー過ぎから押し上げる
パワーと機動力が必要になります。

また、あからさまに内枠が有利なレースとなっているので
能力よりも函館への適性が問われるレース。

過去に函館適性を見せている馬

先行力のある馬、機動力のある馬

を狙いたいですね。

 

 

私が函館記念で注目しているのは、
函館の芝コースに対応してくれそうな、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。