【七夕賞2018】過去10年のデータ分析|小回りコースは前残りが鉄則!

Pocket

2018七夕賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
七夕賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週に引き続き、今週は福島競馬場の重賞「七夕賞」が行われます。

昨年の七夕賞はゼーヴィントが勝ちましたが
ゼーヴィントと同じ馬主であるフェイマスエンドが

七夕賞でゼーヴィントと人気を二分していたマルターズアポジーを
露骨につぶしに行ったのが印象に残っていますよね。

フェイマスエンドに執拗に絡まれた
マルターズアポジーは12頭立てで11着とブービー

10着馬から6馬身も離されたことから
どれだけやられたのかは想像がつきますよね。

 

一方、マルターズアポジーに絡み続けた
フェイマスエンドは12着の最下位

しかも、11着のマルターズアポジーに大差をつけられての最下位という事で、
まあ、役割を全うしたのかな、というところです。

 

 

海外の競馬だとこういった戦法を見られますが
日本の競馬でここまで露骨な「潰し」をするのは珍しいですね。

こういった駆け引きや戦法は否定する人が多いと思うんですが

私は“容認派”です。

 

だって、ルールを破っていないんですから

豊富な資金と戦力を持っている陣営が強いのは仕方が無い

というより当たり前の事です。

 

プロ野球の球団だって同じですし
ビジネスだって同じです。

皆がルールの中で勝つ為に必死なんです。

 

必死で勝ちを目指すことはそんなに悪い事じゃないと思うんですけどね。

 

という事で、本題に入りましょう。

 



 

今週は七夕賞が行われます。


(2017七夕賞 ゼーヴィント)

日本でも屈指の小回りコースである
福島競馬場の芝2000mで行われる重賞レースと言う事で

能力はさることながら適性の問われるレースです。

 

冒頭で話した通り、昨年はゼーヴィントが勝利

同じ福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞の勝ち鞍がある
ゼーヴィントが七夕賞で勝利を挙げたことは
適性の重要性を痛感する結果と言えますね。

 

今年の七夕賞は果たして実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

そんな七夕賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

七夕賞を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは七夕賞

FUN競馬では七夕賞の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

七夕賞過去10年のデータ分析

小回りの七夕賞は前残りが鉄則!

まず、最初に注目したのは七夕賞の脚質です。
以下は七夕賞での4コーナーでの順位別成績です。

 

昨年こそフェイマスエンドのマルターズアポジー潰しで
前崩れの展開となりましたが、小回りコースの福島競馬場で行われる

“七夕賞は基本的に前残りの決着となるレースです”

 

4コーナーで先頭にいる馬の複勝率は

“驚異の60%超え”

捲ってきて先頭に立つ馬がいる事を踏まえても

「逃げ・先行馬が圧倒的に有利なレースである」

という事が分かります。

 

福島競馬場の平面図を見てみると

と、直線の短さは明らかです。

絶対能力よりも、器用さ・機動力のある馬を買いたいですね。

 

ちなみに七夕賞の枠順別成績を見てみると

内枠と外枠が苦戦しており、中枠が強いという結果が出ています。

内枠の馬は揉まれやすくタフな競馬を強いられる。

外枠の馬は小回りコースで距離ロスが発生する

 

という事で、小回りならではの特徴により

「自在な競馬をしやすい中枠が強いのも特徴ですね」

 

格よりも調子!そして臨戦過程!

次に七夕賞の前走出走クラス別の成績を見てみます。

前走で重賞に出走した馬、つまり格上の馬は
総じて複勝率20%前後、回収率50%前後と苦戦しているのに対して

前走オープン特別を使った馬の成績が良い

という事に気づきます。

 

「夏競馬は格よりも調子」

なんていう事を良く言いますが

夏のローカル重賞の代表と言える七夕賞でも
この格言通りの結果になっています。

 

先ほど、七夕賞は絶対能力よりも器用さが大事

という事を言いましたが、重賞を使ってきた馬というのは
基本的に激戦を消化した事により疲労の蓄積度合いは
特別戦よりも大きくなります。

それゆえにレースで自在に動けない

という事が重賞経由の馬の不振を表しています。

 

もう一つ七夕賞におけるレース間隔別成績を見てみます。

こちらを見てみると

レース間隔が詰まっている馬の方が
好成績を収めている事が分かります。

 

直近でレースを使っている事により、俗にいう

「体が温まっている状態」

となり、スタートからのダッシュ力が違ってきたり
直線に入るまでに動きたいタイミングで動けるようになったり

と、小回りコースで優位にレースを進められる状態になっていることが分かります。

 

七夕賞というレースで上手に立ち回れそうな
ローテーションを刻んでいる馬を見つけたいですね。

 

ディープは別格も持久力タイプの種牡馬が強いレース

最後に七夕賞の種牡馬別成績を見てみましょう。

1位のディープインパクト産駒は別格としても

2位以下は持久力に優れる種牡馬のオンパレード

となっています。

 

七夕賞が行われる福島競馬場は小回りコースですから

道中で脚を溜めて、直線で末脚を爆発させる

というレースをすることは出来ません。

 

3コーナー手前から自らが動いてゴールまで耐えきる

と言ったようなスタミナ、耐久力が必要となります。

 

耐久性のある血統の馬

もしくは過去のレースで耐久性を示した馬などを
チョイスしていきたいですね。

 

 

以上が2018七夕賞を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

七夕賞は小回りの福島競馬場で行われる重賞で
逃げた馬、番手につけた馬は好成績を残しています。

その特性ゆえに有利なポジションをとる自在性が必要で
疲労がなく、直近のレースを使っている馬が有利となります。

また、直線が短いコースなので

瞬発力よりも耐久力のある馬

を積極的に選んでいきたいですね。

 

 

私が七夕賞で注目しているのは、
今回は自在に動いて有利にレースを進めてくれそうな、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。