【CBC賞2018有力馬危険度分析】ダイメイフジ重賞初制覇なるか!?

Pocket

ここではCBC賞2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるダイメイフジの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今週行われるCBC賞は中京競馬場で行われる重賞ですが

中京競馬場ってなんか味がありますよね。

 

ローカル競馬場の一つとして数えられていますが
愛知県という大きな年にある競馬場ですし

なんといってもコースの癖が凄いです。

 

中京競馬場の立体図を見てみると

「どこを見ても平坦な場所がない」

常に緩やかな下りか上りを経由してゴールに向かう訳ですから
まあ、スタミナが必要となります。

 

だから、差しが決まるんですよね~

差しが決まる理由としては

“4コーナーのカーブの角度がきつい”

 

という事もあるのですが、とにかく差しが決まるのが

「中京競馬場芝コースの特徴です」

 

今週行われるCBC賞は開幕週で行われる競馬なので
前に行く馬も成績は悪くないのですが
癖の強い中京競馬場は注意が必要です。

 

という事で、2018CBC賞の話に行きましょう。

 



 

今週はCBC賞が行われます。

 


(2017CBC賞 シャイニングレイ)

今年の高松宮記念ではファインニードルが勝利したように
現在の短距離路線は主役不在の混戦模様

主役級のメンバーが変わっていない訳ですから
夏の短距離重賞で活躍した馬がそのままGIを制してもおかしくありません。

 

今年のメンバーを見てみると若干物足りない感じは受けますが
逆を言えば、まだ完成されておらず、底を見せていない馬達

という表現も出来るので、期待したいですね。

そんなCBC賞で良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

CBC賞は関西馬同士で高配当の決着となる!

チェックメイトではCBC賞において

と超強気な姿勢を見せている穴馬(関西馬)の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
CBC賞で穴を開ける大穴馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

CBC賞の有力馬の危険要因と買い要素

 

ダイメイフジ

前走の安土城ステークスで改めて力を見せたダイメイフジ

オーシャンステークスでは1番人気に推されているように
短距離のレースで繰り出す末脚が最大の武器。

開幕週の馬場が焦点となりますが
タフなコースである中京競馬場は差しが届きやすい舞台

自分の競馬に徹して能力を出し切れば勝ち負けすることは可能です。

 

アサクサゲンキ

前走の葵ステークスでは後方からの競馬となってしまい
持ち味を発揮できなかったアサクサゲンキ

小倉2歳ステークスを勝ち、ファルコンステークスでも
2着に入っているように1400m以下のレースでは
安定感のある馬です。

今回は初の古馬相手となりますが、
うまく先行できれば、十分に通用するでしょう。

 

アクティブミノル

実績ではナンバーワンの存在とも言えるアクティブミノル

今年は淀短距離ステークスで2着という実績があるものの
春雷ステークス、天王山ステークス、鞍馬ステークスと
全てのレースで8着と全盛時と比較すると力落ちが目立ちます。

ただ、年齢を重ねてきた事でスブさが出てきたので、
タフな舞台であるCBC賞は向きそうです。

 

アレスバローズ

シルクロードステークスでは2番人気に推されたアレスバローズ

仕切り直しとなったオープン特別の
春雷ステークスで4着、前走の鞍馬ステークスで5着と
オープンクラスに上がって頭打ちの感が否めません。

シルクロードステークスはデムーロ人気も味方した形で
まだアレスバローズの能力は証明できたとは言えず
今回のCBC賞は試金石となりそうなレースですね。

 

ワンスインナムーン

スプリンターズステークス3着の実績が光る
ワンスインナムーンですが、
前走の函館スプリントステークスでは2番人気で8着
2走前の京都牝馬ステークスでは3番人気で5着
と期待を裏切っています。

共に前にいる馬が粘っての決着となったことで
ワンスインナムーンのパフォーマンスが落ちている事は明らか

CBC賞では調子を上げてこないと好走は難しそうです。

 

ダイメイプリンセス

韋駄天ステークス、駿風ステークスと直線競馬を
連勝しているダイメイプリンセス

今回のCBC賞はコーナーのある競馬で
コース替わりが焦点となりますが
5走前に行われたCBC賞と同条件の浜松ステークスで
2着に入っているようにある程度力の要る馬場の方がいいタイプ。

連勝中の勢いでどこまで通用するのか、楽しみですね。

 

まとめ

今年のCBC賞は
絶対的な本命馬が不在のレースです。

それだけにダイメイフジ、アレスバローズなどの
重賞で実績が無い馬がどこまで上昇しているのか

が、馬券を買う上で大きなポイントとなりそうです。

タフな中京競馬場で行われるレースなので
パワーのある馬を積極的に狙いたいですね。

 

 

2018CBC賞で私が注目している馬は
今回、一番舞台適性がある判断している、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。