【ラジオNIKKEI賞2018有力馬危険度分析】フィエールマン無傷の3連勝なるか!?

Pocket

ここではラジオNIKKEI賞2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるフィエールマンの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

私が好きでよく見ている番組

「水曜日のダウンタウン」

の企画が警察沙汰になったと言う事で
ヤフーニュースに大々的に取り上げられていましたね。

私もその企画を見ていたんですが

“なかなかハードな企画”

でしたね。

 

まあ、非難の声が上がるのは仕方が無い部分はあるんですが

「攻める姿勢を見せられない世の中だなぁ」

という風にも感じます。

 

ただ…

だからこそ、攻めた人が勝つ時代なのかも?

とも思っています。

 

組織や母体が大きくなればなるほど、攻めたことは出来ない。

つまり、無難な事しか出来なくなるので面白くなくなる訳で

その枠からはみ出した面白い事が出来る人は勝ちやすくなりますよね。

与えられたタスクをしっかりとこなす人が優秀

という時代はもう終わりに近づいているのかもしれません。

 

という事で、どう考えても無難な結果に終わりそうにない
2018ラジオNIKKEI賞の話に行きましょう。

 



 

今週はラジオNIKKEI賞が行われます。

 


(2017ラジオNIKKEI賞 セダブリランテス)

福島で行われるローカル重賞とあって
かなり地味な存在ではありますが

過去にはカンパニーやセダブリランテスなど
重賞で活躍する馬を輩出するレースとなっています。

 

今年のメンバーを見渡してみると実績馬はちょっと物足りない感じがありますが
条件戦を勝ち上がってきた馬は将来を期待できそうな馬が多く
面白いレースとなりそうですね。

そんなラジオNIKKEI賞で良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ラジオNIKKEI賞で得た極秘情報はこれ!

波乱の立役者になるのはあの穴馬の情報をGET!

競馬セブンでは主役不在のラジオNIKKEI賞で
激走間違いなしの穴馬情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてラジオNIKKEI賞3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

ラジオNIKKEI賞3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ラジオNIKKEI賞の有力馬の危険要因と買い要素

 

フィエールマン

2戦2勝と無敗のディープインパクト産駒であるフィエールマン

前走の山吹賞は出遅れて、常に外々を回る苦しい競馬でしたが
4コーナーでは先頭を伺う位置にまくってきて
直線でも突き放す競馬を見せた事からもスタミナ豊富な馬だと言えます。

ディープインパクト産駒の中でも小回りに耐えられる
持久力を持っている馬で、今回のラジオNIKKEI賞は外せない存在になりそうです。

 

イェッツト

京成杯での3着が光るイエッツト

2走前に2400m戦の500万条件のレースを
1番人気で出走しながら坂を超えて止まり、大敗していることから
今回のラジオNIKKEI賞で距離短縮となりそうです。

京成杯もプリンシパルステークスも道中で内に潜り
直線で伸びてきていることから
内枠で脚を溜めたいところですね。

 

キューグレーダー

前走の500万条件ではダノンシャンティ譲りの
鋭い末脚を見せて快勝したキューグレーダー

過去4戦して【2.2.0.0】と連対を外していないのは
常に安定した末脚を発揮している証拠です。

スピードと瞬発力を兼ね備えた馬ですが
その分、スタミナに不安がある走りをする馬。

小回りで持久力を要するラジオNIKKEI賞の舞台で
過去4走のような末脚を見せられるかがポイントとなりそうです。

 

グレンガリー

3戦2勝とまだ底を見せていないグレンガリー

前走は4コーナーで捲ってきたユウチェンジに斜行されながらも
ハービンジャー産駒らしい持久力を見せて押し切りました。

ラジオNIKKEI賞と同じ舞台である
福島芝1800mでの勝ち鞍もあり
このレースでは内枠で馬群に揉まれながらもしっかり伸びた競馬で
色々な競馬に対応できる強みがある馬です。

切れる脚がなく、自在に動けるタイプではないので
距離ロスのない枠で競馬をしたいですね。

 

エイムアンドエンド

エイシンフラッシュ産駒のエイムアンドエンド

前走の共同通信杯ではコスモイグナーツと一緒に前に行き
3着に粘り込みましたが、京成杯では10着に敗れており
まだ実力のほどは未知数と言える馬です。

未勝利戦の勝ち方をみてもスピード能力はそれほど高くなく
持久力を武器に粘り込む馬なので
内枠は是非ともほしい馬ですね。

今回のラジオNIKKEI賞が試金石となりそうです。

 

ケイティクレバー

若駒ステークスでオープン勝ちがあり
すみれステークスでもキタノコマンドールの2着があるケイティクレバー

好走しているこの2つのレースは共に少頭数での逃げ、という形

自分の形に持ち込むとかなりしぶといので
多頭数での競馬でどこまで気分よく逃げられるのか
ここが焦点となりそうです。

逃げ馬らしく、自分のペースで行ければ強く
自分のペースで行けないと脆い馬なので
同型との兼ね合いが鍵となりそうです。

 

まとめ

今年のラジオNIKKEI賞は
条件戦を強いレースで勝ってきた馬が人気になりそうです。

過去のデータを見てみると500万条件を勝ってきた馬の
成績は非常に悪く、オープン特別を走ってきた馬が中心となるレースですが

フィエールマン、キューグレーダー

などの馬達をどう扱うのかが、大きなポイントとなりそうです。

オープン特別でもそれなりの結果を出している馬がいるので
大荒れの決着も十分にあり得ます。

実績馬を中心に穴を狙いたいレースですね。

 

 

2018ラジオNIKKEI賞で私が注目している馬は
臨戦過程が一番良いと判断している、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。