【2018帝王賞無料予想】本命サウンドトゥルー、危険な人気上位馬は…

Pocket

2018年6月27日(水)に大井競馬場(南関競馬)で行われる
帝王賞の出走予定馬を見ながら
予想(人気馬の評価)と馬券の買い目について話していきたいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

たびたびロシアワールドカップの話題になりますが

第2戦目のセネガルと引き分けて
いよいよ予選突破が見えてきましたね。

日本はギャンブル大国でありながら

“ブックメーカー”的なものがないんですよね~

 

パチンコとか運否天賦で勝負するようなギャンブルをするなら
(プロはしっかりと分析をしていますが)
ブックメーカーのように考えて決めるギャンブルの方が健全だと思うんですよね。

 

しかも、ブックメーカーのいいところは
競馬や競輪のように胴元がピンハネをしない点です。

賭けの内容によってはブックメーカーの会社が損をする
そして、会社が潰れることもあるというところが面白いところです。

是非、パチンコを無くしてブックメーカーをつくって欲しいですね~

ロシアワールドカップの日本の勝敗当て
だったらとっくに私は破綻していますが(笑)

 

さて、競馬の話に戻りましょう。

 

今週は地方競馬のダートGI「帝王賞」が行われます。

 

(2017帝王賞 ケイティブレイブ)

メンバーをみてみると中央勢がかなり強力なので、
地方馬にはチャンスがなさそうなレースです。

それだけに馬券を絞って買わないと元が取れない
(もしくは利益が出せない)という事態になってしまうので
多少リスクをとりながら2018帝王賞の予想をしていきたいと思います。

また危険な人気馬についても話していきます。

 

< 予想の前に私が発行しているメルマガのお知らせです >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

2017年の予想成績は回収率125%

勝つことだけに拘ってガムシャラに競馬予想をしている結果を載せているので
一度、登録して回収率アップの為の方法論を堪能してみて下さい。

 

 

さて、話を戻しまして、まずは枠順を見て頂きましょう。

 

今年は15頭立ての競馬

 

そして、手薄な地方勢ということで
印は例年通りJRAの馬から打つ形になりそうですね。

ただ、人気が予想されるのはゴールドドリーム、ケイティブレイブあたりですが
有力馬何頭かの競馬になりそうですね。

印は以下の通りです。

◎ 10 サウンドトゥルー

○ 2 ケイティブレイブ

▲ 9 アポロケンタッキー

切り馬 4 ゴールドドリーム

危険馬 5 テイエムジンソク

危険馬 7 アウォーディー

危険馬 8 ヒガシウィルウィン

 

各馬の見解は以下の通りです。

 

本命 10 サウンドトゥルー

前走のフェブラリーステークスは距離、
そしてコースが合わない中での競馬だったので惨敗も仕方ないですが
2走前の川崎記念の負けが影響して人気が落ちそうな馬です。

サウンドトゥルーの成績を見てみると
大井競馬場の競馬で良績をあげており
昨年のJBCクラシックを勝ち、年末の東京大賞典でも2着に入っている事から
まだ能力が落ちていると判断するのは早計

能力的には人気上位馬と互角でありながら
今回は人気にもならないであろう点から期待値の高い馬だと判断します。

 

対抗 2 ケイティブレイブ

昨年の帝王賞を勝っているように
地方競馬の深いダートで強さを見せてくる馬です。

フェブラリーステークスこそ大敗していますが
サウンドトゥルーと同様にスピードの出る馬場は向かないだけの敗戦で
帝王賞に向けて不安となる事項はありません。

人気とのバランスでサウンドトゥルーを上位に取りましたが
ここは信頼度の高い馬だと判断します。

 

3番手 9 アポロケンタッキー

アポロケンタッキーは中央場所でもみやこステークス勝ちがある馬ですが
560kgを超える大型馬でパワーをウリとしています。

前走のダイオライト記念、2走前の川崎記念と共に2着に入っており
地力ではひけを取ることはありません。

ただ、東京大賞典の勝ち鞍はあるものの
昨年は大井競馬場のレースに3回出走して
一度も馬券に絡めなかった点を不安視して3番手評価です。

 

切り馬 4 ゴールドドリーム

今年のフェブラリーステークスで2着に入ったゴールドドリーム

昨年の最優秀ダートホースに選ばれただけあって
現役ではトップの力を持った馬です。

ただ、ゴールドドリームは父ゴールドアリュール譲りの
スピードを武器とした馬で、本質的に地方場所に適性はありません。

前走のかしわ記念を快勝したことで人気に支持される事が予想され
ここは適性がない事を考えると期待値が低い存在だとみて切ります。

 

危険馬 5 テイエムジンソク

昨年のチャンピオンズカップでは2着に入るなど
昨年急成長を見せてダートのトップホースになったテイエムジンソク

今年初戦の平安ステークスこそ勝利したものの
フェブラリーステークス、平安ステークスを惨敗
ここにきて勢いが無くなってきました。

スピードタイプの馬なので地方場所の適性も怪しく
テイエムジンソク自体の調子も分からないとなると
非常に買いづらい馬だと言えますね。

 

危険馬 7 アウォーディー

一時期はダート界の主役となっていたアウォーディーですが近走は低迷

ここは走れるかな、というタイミングでことごとく
今一歩の競馬を続けている点はピークを超えた感じを受けます。

今回はドバイ明けの1戦、強いアウォーディーが
復活する可能性は低いと見ています。

 

危険馬 8 ヒガシウィルウィン

地方場所のエースでJDD勝ち経験があるヒガシウィルウィン

キャリアの浅い3歳時は中央勢と互角の争いをしていましたが
東京大賞典8着、かしわ記念7着が示す通り、力が落ちてきました。

上積みが見込みづらいローテーションで
パフォーマンスは横ばいとなりそうです。

 

馬券の方ですが、今回は3頭に絞ったのでボックスで買います。

馬連 2-10 1,000円

馬連 9-2,10 各500円

シンプルに買いたいと思います。

 

上記で取り上げた以外の馬はどう考えても能力が足らず、厳しいと判断します。

人気に支持されそうなゴールドドリームが
人気通りに走るか、果てまた凡走してしまうのか?
的中の行方を左右されそうなのはその1点ですね。

2018帝王賞は
6月27日(水) 20:05に出走を予定しています。

 

 

私が毎週のJRA重賞で注目している馬はブログランキングで公表しています。
今週はCBC賞、ラジオNIKKEI賞
共に穴馬を狙えそうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ラジオNIKKEI賞を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはラジオNIKKEI賞

FUN競馬ではラジオNIKKEI賞の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。