【函館2歳ステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【函館2歳ステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは函館2歳ステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

函館2歳ステークスは2歳戦初めてとなる重賞レースです。


(写真は2017函館2歳ステークス カシアス)

世代の最初に行われる重賞レースとあって
能力よりも完成度が問われるレースとなっています。

昨年の勝ち馬であるカシアスもレースセンスが良く
函館2歳ステークスの時点では完成されていました。

今年も荒削りながら能力で勝ったような馬よりも
上手く流れに乗って器用に勝った馬をチョイスしたいですね。

そんな函館2歳ステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

スズカカナロア 3.5倍
イチゴミルフィーユ 4.6倍
ジゴロ 4.7倍
アスターペガサス 6.9倍
ホールドユアハンド ルメール 7.4倍
ナンヨーイザヨイ 8.3倍
ラブミーファイン 12.0倍
ヒストリコ 13.1倍
ロードワンダー 13.9倍
カルリーノ 15.6倍
ラブリロンリロンス 17.0倍
エムティアン 22.7倍
ニヴィアン 23.3倍
ガイセン 27.1倍
ラブミーリッキー 30.5倍
トーセンオパール 31.7倍
レコードチェイサー 48.8倍
ウインスピリタス(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >


 

< 主な出走馬 >

エイシンフラッシュ産駒の ナンヨーイザヨイ

デビュー戦は函館2歳ステークスと同じ舞台である
函館芝1200mを経験しているナンヨーイザヨイ

スタートから2番手に控えて、直線では先頭にいくマノラムを捉えて完勝

スケール感こそ感じないもののレースセンスが良く
初戦から動けた機動力は評価ができます。

エイシンフラッシュ産駒なので、距離が延びたほうがよさそうですが
ここで好走するようだと一気にGIへの道が開けてきます。

ジャイアンツコーズウェイ産駒の アスターペガサス

函館2歳ステークスと同じ舞台である函館芝1200mの
新馬戦を走ったアスターペガサス

道中2番手から競馬をしましたが
先行する馬がどんどん脱落していく中
最後まで粘り切った内容は評価に値します。

函館2歳ステークスでは相手が強くなりますが
アスターペガサスのセンスならこなせる可能性は高そうです。

スウェプトオーヴァーヴォード産駒の トーセンオパール 

新馬戦では単勝20倍と伏兵視されながら
好位から抜け出して勝利を飾ったトーセンオパール

410kgと馬体も軽く将来性は見込めない馬ですが
仕上がりが重要視される函館2歳ステークスなら
連続で好走してくれる可能性はあります。

初戦はダートを勝ち上がった ホールドユアハンド

新馬戦では福島競馬場のダートレースを走り勝利を収めたホールドユアハンド

通常であれば、函館2歳ステークスでは人気薄の存在となるような
ローテーションで重賞に挑む形になりますが
今回の函館2歳ステークスではルメール騎手が騎乗する予定

ルメールを配してきた陣営の勝負気配は買いたいですね。

タニノギムレット産駒の ウインスピリタス

デビュー戦では函館1000mというスピードレースに出走したウインスピリタス

単勝39.5倍と全く人気がありませんでしたが
スタートから軽快に逃げて、上がり3ハロンも最速で完勝したレースぶりは
函館2歳ステークスにも大きな期待を持たせる内容でした。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ函館2歳ステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。