【ラジオNIKKEI賞2018】過去10年のデータ分析|平坦で行われるスピード勝負

Pocket

2018ラジオNIKKEI賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ラジオNIKKEI賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

宝塚記念が終わって、ローカル色が強くなる季節になりました。

今週行われるラジオNIKKEI賞とかは
まさにローカル重賞という感じのレースですね。

私が競馬を始めたころは

「残念ダービー」

みたいな呼び方をされていて
賞金が足りない馬たちが出走するレースでしたが

その実は一流になることを諦めた馬が出走するレース

 

みたいな感じでした。

まあ、GIを狙うような能力の高い馬が
福島競馬場のレースに出る必要はないですからね~

 

福島の小回りは立ち回りの上手さ、器用さが要求されるので

能力のある馬は取りこぼしやすいし
ダメージの大きい夏場に使うこと自体がマイナスだし

と、上を目指すには基本的にいいことがないレースです。

 

GIを狙う能力はないけれども、なんとか賞金を稼ぎたい

という馬が出てくるレースがラジオNIKKEI賞でした。
(昔はラジオたんぱ賞と言っていましたが…)

 

ただ、近年はかなりレベルの高いメンバーも出走するようになってきましたよね。

今は故障で休養していますが
昨年の勝ち馬セダブリランテスは長距離GIなら
狙えそうなくらいの実力を持っていますし

過去にはゼーヴィントやアンビシャスが勝利して
GI2勝馬のカンパニーがこのレースで2着に入るなど
少しずつレベルが上がり様相が変わってきた感じですね。

 

今年も残念ダービーと評されるレースになるのか?

それとも今後飛躍する馬が出てくるのか?

注目のレースになりそうですね。

 



 

さて、そんなラジオNIKKEI賞が今週は行われる訳ですが


(2017ラジオNIKKEI賞 セダブリランテス)

前述した通り、レースのレベルが徐々に上がっている重賞で
菊花賞や来年の重賞戦線に向けて無視の出来ないレースとなりますが

福島競馬場で行われる重賞レースなので
コースの特徴はかなり色濃く出てきます。

 

コースに癖があり、出走メンバーにも一長一短がある
ラジオNIKKEI賞は果たして
実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

そんなラジオNIKKEI賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ラジオNIKKEI賞を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
ローカルの舞台で確勝級の情報が飛び交うあの馬は外せない!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースはラジオNIKKEI賞

FUN競馬ではラジオNIKKEI賞の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ラジオNIKKEI賞過去10年のデータ分析

福島競馬場の小回りは先行馬が圧倒的に有利!

まず、最初に注目したのはラジオNIKKEI賞の脚質です。
以下はラジオNIKKEI賞での4コーナーでの順位別成績です。

 

福島競馬場は日本で屈指の小回りコースとして知られていますが
その小回りコースに恥じない

先行馬有利の傾向が出ています。

 

いまさら説明する必要もないのですが

福島競馬場の芝コースは直線が短いので
物理的に先行馬が有利となります。

昨年のラジオNIKKEI賞も

勝ったセダブリランテスが4角3番手からの押し切り勝ち

2着のウインガナドルが4角1番手と逃げを打って結果と

先行馬有利のラジオNIKKEI賞を印象付ける内容でした。
(3着のロードリベラルは追い込みでしたが)

ラジオNIKKEI賞は逃げ・先行馬が絶対的に有利

という事を覚えておきたいですね。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

と、上がり3ハロンが1位から3位の馬は
優秀な回収率を誇っているものの

4位以下の馬も【3.5.4.74】

と、かなりの確率で馬券に絡んでいる事が分かります。

 

“上がりの脚よりも位置取りが重要なレース”

ですね。

 

福島の平坦コースはスピード勝負になる舞台!

次にラジオNIKKEI賞の種牡馬別成績を見てみます。

1位のディープインパクト産駒は回収率こそソコソコですが

ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークにはじまり
マツリダゴッホ、ディープブリランテ、アグネスタキオン、ダイワメジャーと

“サンデーサイレンス系種牡馬のオンパレードです”

 

道中で脚を溜めて、直線で末脚を爆発させるタイプが多い
サンデーサイレンス系種牡馬にとって

直線距離の短い小回りコースは苦手

 

となっていますが、平坦コースである福島競馬場の重賞では

サンデー系のスピードが生きている

と言えます。

 

ちなみにラジオNIKKEI賞の馬体重別成績を見てみると

軽量馬が活躍している事が分かります。

 

大型馬は物理的にパワーを兼ね備えた馬が多く
広いコースや短距離コース、ダートコースで活躍する馬が多いいのですが

小柄な馬が活躍しているという事は

機動力や器用さ、スピード能力が求められるレースである

と言えます。

 

ラジオNIKKEI賞は

「スピードのあるサンデー系種牡馬」

を選びたいですね。

 

500万条件の馬は通用せず!最低限の格は必要

最後にラジオNIKKEI賞の前走クラス別成績を見てみましょう。

前走条件戦に出走していた馬の成績が悪い点が目を引きます。

ただ、その実情を見てみると

1000万条件を走った馬は好成績を収めており
500万条件を走った馬は大苦戦をしています。

 

“夏は格よりも勢い”

という言葉をよく聞きますが、年々レベルが上がっている
ラジオNIKKEI賞において

「勢いだけでは通用しないレースである事が分かります」

一定の能力を示している馬を選んでいきたいですね。

 

最後にラジオNIKKEI賞の前走着順別の成績を見てみます。

前走で1,2着に入った馬が活躍できていません。

前走500万条件を走った馬は基本勝って出走しているので
500万条件組が不振という事で
前走1,2着のローテが苦戦している事は想像がつきますが

前走6着以下の馬の回収率が良い点は目を引きます。

 

GIをはじめとした重賞で好走した馬はこのレースには出走しない点。

福島適性のある馬が東京競馬場のような広いコースで苦戦している点

など、色々な要素が考えられますが
前走の着順だけでその馬の取捨を決めつけずに

“小回りに適性があるスピード馬を狙いたいですね”

 

 

以上が2018ラジオNIKKEI賞を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

ラジオNIKKEI賞は福島競馬場で行われる重賞なので

基本的には逃げ、先行馬が有利なレースです。

そして、サンデーサイレンス系種牡馬が活躍しているように

スピード能力の高い馬が活躍しているレース

なので、機動力・器用さを兼ね備えた馬を選びたいですね。

 

 

私がラジオNIKKEI賞で注目しているのは、
このコースに抜群の適性があるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ