【CBC賞2018】過去10年のデータ分析|パワー勝負のスプリント戦

Pocket

2018CBC賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
CBC賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

宝塚記念が終わって、いよいよ夏競馬に突入ですね。

JRAはサマーチャンピオンシリーズや
札幌記念をGIに昇格させる動きなど
色々な手を使って夏競馬を盛り上げようとしていますが

“夏競馬は盛り上がりません”

 

もうこれは仕方がないですよね。

だって、そもそも暑いですもん。

 

一流馬がこの時期に競馬を使わないのは当然の事だし
東京・中山・阪神・京都などの競馬場が使えない事から

能力勝負を望む馬は出なくなりますよね。

どうやっても盛り上がらないのですから
お祭りのようなイベントをやった方がいいと思うんですよね。

 

 

新潟芝5000mのレースを作ってみる、とか

1日に障害レースを5レースやってみる、とか

どっちみち盛り上がらず、打ち上げも見込めないんですから

お祭りのようなイベントをやって
何か楽しい気持ちにさせてほしいものです。

私が見てみたいのは

「重賞未勝利騎手限定の重賞レース」

です。

 



 

さて、今週はCBC賞が行われます。


(2017CBC賞 シャイニングレイ)

日本にある競馬場の中でも最もタフな条件だと言える
中京競馬場で行われる重賞なので
一筋縄ではいかなさそうなレースです。

 

昨年はシャイニングレイが短距離戦では珍しい後方一気を見せて
一昨年もパワーに勝るレッドファルクスが差し切り勝ちを収めるなど

“短距離戦らしいスピード勝負にはならないレースである”

という事が分かりますよね。

 

CBC賞は果たして実力馬が勝つのか?大波乱となるのか?

そんなCBC賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

CBC賞、関係者内で1強と言われているのはあの馬!!

今年のCBC賞は混戦が噂されているレースですが
関係者の話を聞くと1強状態だと専らの評判

「勝ちKEIBA」では1強と評判になっている馬

の情報を公開しています。

勝利を確信する馬はどの馬なのかは
今週「勝ちKEIBA」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

勝ちKEIBAへの無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

CBC賞過去10年のデータ分析

4角3番手以内の馬が異様に強く、前残り傾向

まず、最初に注目したのはCBC賞の脚質です。
以下はCBC賞での4コーナーでの順位別成績です。

 

昨年のシャイニングレイが後方一気の末脚を見せ
一昨年のレッドファルクスや3年前のウリウリが勝っているように
差し馬が有利に見えるCBC賞ですが

好走率、回収率の数字を見てみると
逃げ・番手にいる馬が有利となっています。

 

CBC賞は夏の中京開催の開幕週

という事もあり、前にいる馬が有利となっています。

もともと差し馬が有利となっている中京競馬場の芝レースですが
開幕週のCBC賞は前に行く馬がアドバンテージをとっています。

ただ、4番手以下の馬の比較となると
差し馬の成績も劣っておらず

差し馬も戦える条件となっています。

 

ちなみに上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

と、上がり3ハロンが1位の馬は成績良好ですが
2位、3位の馬はそれほどいい成績を残せていません。

 

基本的には前に行く馬が有利なレースですが

上がりの脚を持っている強い馬は展開に左右されず
実力を発揮できる舞台である

という事が言えますね。

 

パワーがある馬が圧倒的に強いレース!

次にCBC賞の馬体重別成績を見てみます。

500kg以上の馬が素晴らしい成績を残しており
459kg以下の馬になると大苦戦を強いられている事が分かります。

 

中京競馬場の芝コースは最後の直線で急坂がある事に加えて
スタートしてからゴールするまで常に緩やかな上り下りの坂があり

“スタミナを消費するコースである”

事が分かります。

 

開幕週の馬場とは言え、

パワーと体力がある大型馬が強いレースである

という事が言えますね。

 

またCBC賞における前走馬場別成績を見てみます。

前走芝のレースを使ってきた馬の複勝回収率は 72%

前走ダートレースを使ってきた馬の複勝回収率は 163%

と、前走でダートを使ってきた馬が圧倒的に有利となっています。

 

ダートを使っているという事は「パワーがある」という事なので

CBC賞を好走するのに求められるのは「パワー」である

という事が分かります。

 

補足としてCBC賞における牝馬の成績を見てみます。

「夏は牝馬」

という格言がありますが、牝馬が苦戦している事が分かります。

夏場は調子がいい牝馬でも
タフな舞台で行われるCBC賞でパワー勝負となってしまうと
苦しい戦いになってしまう事が分かります。

 

中京競馬場の芝コースは外枠が有利!

最後にCBC賞の枠順別成績を見てみましょう。

内枠が苦戦をしており、外枠が有利である

という事は中京競馬場の芝コース全般に言える特徴ですが

CBC賞でも同様の特徴を示しています。

 

中京競馬場の芝コースは4コーナーのカーブの角度が厳しい事もあり
ロスなく内を走っている馬は減速する可能性が高くなってくる点

タフな競馬で先行馬が残りづらい条件のため
差しが決まりやすい(=差し有利だと外枠有利)点

などが、要因となっていますが

開幕週で逃げ・番手の馬が有利でも

“外枠が強いレースである”

という事は抑えておきたいですね。

 

 

以上が2018CBC賞を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

CBC賞は中京競馬場の開幕週を飾る重賞で
逃げた馬、番手につけた馬は好成績を残していますが

本質的にはタフなコースで
馬体が大きくパワーのある馬が強い舞台です。

中京競馬場の芝コースの特徴である

「外枠有利、内枠不利」

という条件は開幕週のCBC賞でも当てはまるので
パワーのある馬を積極的に選んでいきたいですね。

 

 

私がCBC賞で注目しているのは、
中京競馬場のタフなコースに合うであろう、あの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。