【宝塚記念2018予想】キセキが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018宝塚記念に出走を予定している
キセキが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ここのところ「ハラスメント系」のニュースが多いですよね~

日大のタックル問題もそうですが

伊調馨選手と栄コーチのニュースとか見ると

なかなか人と接するのが難しい時代だなぁと思います。

 

競馬界もかなり古い社会ですから

今の基準で考えると色々と問題はあるんだろうなぁ

と思います。

 

真実かどうかは分からないゴシップがたくさんあって
個人名を出すことは出来ませんが

ちょっとした暴力や暴言は日常茶飯事らしい

 

という話を聞いたりしています。

真実かどうかは分かりませんが
相撲協会しかり、教育委員会しかり
閉鎖的な組織は何かしら問題はありますよね。

 

そういった意味では藤田菜七子騎手は

「凄く頑張っているんだろうなぁ」

と思います。

もうすぐ、GIに乗れるだけの勝利数を重ねる藤田菜七子騎手

もちろんGIに乗るというだけでも
大変なことなので、その状況が実現するかは分かりませんが

なんとかGIに乗ってほしい!

そして、GIを勝ってほしい!

 

そう願う今日この頃です。

 

という事で、宝塚記念の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ひと叩きしたけど、青写真通り一変出来なかった…

調教が本来に動きでない、今回は勝負にならない

宝塚記念で弱音を吐くのはあの馬とあの馬

競馬セブンでは「状況が明らかに悪い」という
切り馬の情報を何頭もキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして宝塚記念3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

宝塚記念3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は宝塚記念が行われます。


(写真は2017宝塚記念 サトノクラウン)

春のGI総決算といった色合いの強いレースですが
時期が夏競馬の時期になっている事から

年によってメンバーが集まる時と集まらない時と
分かれるレースではありますが

2018年の宝塚記念は好メンバーが集まったと言えます。

 

大阪杯を勝ったスワーヴリチャードを中心とした4歳馬は
主力級が出走していないものの

菊花賞馬キセキ と AJCC勝ち馬ダンビュライト

がスタンバイ

 

GI2勝馬のサトノダイヤモンド、サトノクラウン、ヴィブロス

が出走してきますし

勢いのある パフォーマプロミス、ストロングタイタン が出走

なかなか一癖あるメンバーでのレースとなりそうですが

私が宝塚記念で最も買ってはいけないと思っている
期待値の低い馬を1頭挙げたいと思います。

 

2018宝塚記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

キセキ

です。

 

 

キセキは昨年の夏から急成長して
一気にGI菊花賞を勝ち切った馬。

最強と言われる4歳世代でも筆頭と言える
レベルの実力を持っている馬です。

 

ここ2戦は凡走していますが
前走の日経賞からしっかりと間隔を空けて
体制を立て直してくることが予想されますが

なぜキセキが2018宝塚記念で
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

宝塚記念のコース分析

宝塚記念2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

宝塚記念2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

キセキの不安要素

前走日経賞の敗戦はキセキの状態が深刻である事の暗示?

キセキは前走の日経賞で9着と敗れていますが
この敗戦はとても中身のないレースでした。

 

2走前の香港ヴァーズでも9着に敗れているのですが
このレースでの敗戦は明確な理由はありました。

昨年は夏場の使い詰めでレースを使っていて
菊花賞トライアルである神戸新聞杯では2着に好走

ここまでで相当体力を使っていたはずですが

不良馬場となった菊花賞でも豪脚を披露して勝ちました。

ずっと使い詰めで戦ってきた上に
不良馬場という過酷な条件を勝ち切ったキセキに多大な疲労がある事は明らかでした。

 

年内は休養が妥当だと思っていましたが
欲を出して香港のレースを使った事で
菊花賞までに蓄積された疲労が顕在化

キセキの力を出せないまま惨敗したという形でした。

 

前走の日経賞を見てみると
香港ヴァーズ惨敗から3ヶ月以上の休みをとり
しっかりと疲労を抜いてきました。

日経賞のメンバーもそれほど強いメンバーではなく
結果的には天皇賞で惨敗してしまった

ガンコ、チェスナットコート

が、上位に入ったレースでした。

 

このレースでキセキはスタートしてから
折り合いを欠くような走りを見せ

第2コーナーでは逃げるガンコに並びかけるレースをしました。

ガンコを抜いて主導権を握ったキセキですが
4コーナーでは手ごたえが悪くなり、ズルズル下がって9着惨敗

しっかりと休んで体調を戻したはずでしたが
まったくレースに参加出来ませんでした。

 

この敗戦は能力負けというよりも

「走る気持ちがなくなってしまった」

というような内容でした。

身体の問題であれば、回復するのは容易ですが
心の問題となってしまうと回復するのは容易ではありません。

 

宝塚記念でキセキが昨年のようなパフォーマンスを
見せることは難しいと言えます。

 

 

鞍上デムーロで不振でも上位人気は必至

今、日本の競馬を見る限り、ナンバーワンの騎手は

文句なく ミルコ・デムーロ騎手 です。

平場のレースでもデムーロ騎手が乗るだけに
人気がかなり上乗せされる状況にありますが

重賞レースなどのビッグレースでは
デムーロ人気は更に加速します。

 

普通に考えれば単勝10倍くらいだろ

という馬でも平気で単勝1番人気になったりします。

 

今年はサトノダイヤモンドは出走するものの
前走の大阪杯で大敗している事もあり

2走続けて凡走している

キセキが1番人気に支持される可能性すらあります。

 

馬券を買う上で重要なのは「期待値」です。

 

いくら来る確率が高い馬でもオッズが低ければ、

「期待値の低い馬」

となってしまいます。

順調さを欠いており、お世辞にも順風満帆とは言えない
キセキが1,2番人気に支持されるのであれば

「間違いなく期待値が低い馬」

だと言えます。

 

 

以上、2つの理由から

2018宝塚記念で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

キセキ

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

昨年の菊花賞では素晴らしい末脚を見せて勝利し
世代でもトップクラスの実力を持っているキセキですが

前走日経賞では深刻な内容で敗戦した事から

「スランプ状態である可能性が高いと言えます」

また鞍上にミルコデムーロ騎手が騎乗することを考えると
不振な状態であるキセキでも1,2番人気に支持されることが想定されます。

好走確率を考えると単純に期待値の低い存在だと言えます。

2018宝塚記念ではキセキを切って勝負したいですね。

 

 

2018キセキで私が注目している馬は
今回の舞台が絶好の条件であると言えるあの馬です。
この馬を外してはいけないですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。