安田記念2018枠順確定、有利な枠に入った馬と展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018安田記念の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた安田記念での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

安田記念の枠順が発表となりましたね。

春のマイル王決定戦という事で
毎年骨のあるメンバーが揃うレースですが

「今年は良いメンバーが揃いましたね」

 

大阪杯から二匹目のどじょうを狙うスワーヴリチャードですが
常識的に考えると「次は宝塚記念でしょ」という中で
初めてのマイル挑戦、しかもGIという事で

そんなに簡単なレースにならないでだろうことは
想像がつく訳ですが、

こういったチャレンジがあると競馬が盛り上がりますよね

 

あとびっくりしたのがモズアスコットの連闘策ですよね。

賞金順であと最下位となっていて除外対象となっていただけに
賞金加算を目的に出走したようにも見えますし

GIを前にして前走は負け戦覚悟で調教に徹して
勝負仕上げを施したのか?

通常では考えられないローテーションに加えて
ルメール騎手騎乗という事で
かなり怪しい存在ですよね。

 

それでは安田記念、枠順確定後の話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

安田記念は人気薄の大ヤリ馬が大穴を開ける!
超強気の姿勢を見せるのはあの関西馬

チェックメイトでは安田記念において

「人気がないけど間違いなく馬券に絡める」

と超強気な姿勢を見せている穴馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
安田記念で穴を開ける大穴馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まず安田記念(東京芝1600m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が圧倒的に優勢

・ディープ産駒不振の持久力勝負

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

 

1枠1番 スワーヴリチャード

マイル初挑戦となるスワーヴリチャードは
1枠1番という極端な枠に入りました。

共同通信杯では先行しているように本質的に
マイルもこなせる馬だと言えますが

初めてのマイル戦がGIで最内枠
というのはマイナス要素です。

前走の大阪杯では逃げて勝ちましたが、
速いマイル戦で逃げは打ちたくないですし
差しに回って閉じ込められる怖さもあり
ちょっと不安の残る枠順となりましたね。

 

1枠2番 サトノアレス

前走は後方からの差しとなったサトノアレスは1枠2番に入りました。

能力的には人気馬に一歩劣る存在なだけに
距離ロスなく走ることが出来る内枠は良い枠だと言えますね。

今年出走した東京新聞杯、京王杯スプリングカップと
共に内枠を引いており、東京新聞杯では
インからの差しを決めているので内枠を苦にする事もなさそうですね。

穴馬の資格は十分にある馬です。

 

2枠4番 アエロリット

ヴィクトリアマイルでは惜しくも敗れ去った
アエロリットは2枠4番と内枠に入りました。

逃げるのかどうかで状況が変わりますが
アエロリット自身としては、他の馬の影響をうけずに
マイペースで走れた方がいい馬なので
今回の4番枠はマイナス材料だと言えますね。

 

3枠5番 ペルシアンナイト

前走の大阪杯は2着、今回得意のマイル戦で逆転を狙う
ペルシアンナイトは内目の5番枠に入りました。

スタミナタイプが多いハービンジャー産駒の中でも
スピードと切れを信条とする特殊な馬

アーリントンカップのように好位でレースをして
直線で鋭く抜け出すような器用なレースが出来る馬なだけに
今回の5番枠は大歓迎だと言えます。

 

5枠10番 モズアスコット

前走オープン特別を使っての連闘策となる
モズアスコットは10番枠に入りました。

前走の安土城ステークスでは最内枠を引きながら
大外を回ってきたように、他の馬に邪魔されず
気分よく競馬をした方がいい馬なので
今回の10番枠はちょうどいいところに入りましたね。

 

6枠11番 リアルスティール

ドバイターフ以来、帰国初戦となるリアルスティールは
6枠11番という外目の枠順を引きました。

海外帰りで状態面に不安がある状態なのは置いといて
この馬の本質は好位で上手く立ち回って
インから鋭く抜け出す競馬がベストパフォーマンスを見せられる馬です。

そういった点から今回外枠を引いてしまった事はマイナスだと言えます。

 

7枠14番 リスグラシュー

前走のヴィクトリアマイルでは外から追い込んで2着と
外枠を見事に克服したリスグラシューは
再度、7枠14番という外枠に入りました。

今年は馬体の成長を見せていますが
牡馬と比べるとかなりの軽量馬なので
今回の相手と戦うのに体力を必要とする外枠に入った点は
かなり苦しい条件だと言えますね。

 

8枠15番 サングレーザー

前走のマイラーズカップでは外から豪脚を披露した
サングレーザーは8枠15番という外枠に入りました。

マイラーズカップではインでじっくりと脚を溜めて
直線突き抜けただけに
今回は外枠でどれだけ脚を溜める事が出来るのか

という点が焦点となってきそうですね。

 



展開予想のポイント

展開のポイントは

”スワーヴリチャードがどんな戦法に出るのか?”

という事です。

今回、逃げそうな馬はアエロリットとウインガニオン

2頭とも近走は是が非でも逃げる
という形をとっていないため
例年ほどペースが速くならない可能性があります。

スワーヴリチャードが上手く流れにのって
好位のインをピッタリと追走できれば
大阪杯と同じだけのパフォーマンスを見せてくれそうです。

前が楽になると

サングレーザー、モズアスコット、リスグラシュー

あたりは苦しい流れになりそうなので、狙いは下がってきます。

いずれにしても展開のバイアスがかかってきそうなレースです。

 

まとめ

2018安田記念で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠5番 ペルシアンナイト

5枠10番 モズアスコット

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

1番人気が予想されるスワーヴリチャードが
内枠を引いた事で前がかりの競馬になるのか?

展開読みをしないで予想が出来なさそうなレースですね。

 

私が2018安田記念で注目している馬は
パワーと勢いでは負けていないあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ