【2018NHKマイルカップ予想】パクスアメリカーナが巻き返せる理由とは?

Pocket

2018NHKマイルカップで人気が予想されるパクスアメリカーナについて
NHKマイルカップでGI初勝利を飾る可能性
凡走する危険性について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

なんだかんだいって

自分を一番大切にしなきゃいけないなぁ

と思っています。

「結婚した人あるある」だと思うんですけども

“自分を犠牲にして家族のために頑張る”

みたいなのが当たり前になっていますよね~

でも、それって聞こえがいいだけで
実際に良い効果は無いと思うんですよね。

 

私も結婚当初は「自分を犠牲にして…」みたいに思っていて
ひたすらに頑張っていたんですが、その結果

「夫婦仲がどんどん悪くなる」

という現象に陥りました。

 

「なんだよ、俺は家族のために一生懸命やってるのに!」

って、思っちゃうんですよね~

で、途中から考え方を変えました。

 

こんなに頑張ってて、夫婦仲が悪いんだったら
自分の好きな事を優先してやろう

と思って、優先順位1位を自分にして行動していきました。

 

友達とも遊びに行くし、女性とも二人で飲みに行くし
マッサージ店行ったり、漫画喫茶に行ったり

まあ自分のやりたいことを優先してやったら

“夫婦仲が良くなってきました!”

もちろん自分が遊んだ分、家庭の時間も作るようにしているんですけどね。

 

ただ、自分が楽しむ要素を常に持つようにした方が
気持ちにも余裕が出来るし、あまりベタベタしてしまうと
どうしても相手の悪い部分が見えてしまうから

自分を一番大切にするのって大事なんだな

と思いました。

 

もし、夫婦関係がイマイチ…

みたいな人がいたら実践してみて下さい。

人間は神様じゃないから、それくらいでOKですよ。

 

という事でNHKマイルカップの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

NHKマイルカップはタワーオブロンドン1強ではなく
あの関西馬で断然の1強!!

チェックメイトではタワーオブロンドン1強ムードが漂う
NHKマイルカップにおいて

“勝ち負けではなく、どんな勝ち方をするかだけ”

と超強気な姿勢を見せている1頭の関西馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
NHKマイルカップで超強気の姿勢を見せる馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料です)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

NHKマイルカップで注目を集めるパクスアメリカーナと私の見解

さて、今週はNHKマイルカップが行われます。


(2017NHKマイルカップ アエロリット)

例年の如く、それほどレベルの高くないメンツで行われますが

前哨戦のマイラーズカップを勝ったタワーオブロンドン

ニュージーランドトロフィーを勝ったカツジ

あたりが人気になりそうですね。


(NHKマイルカップの中心となりそうな カツジ)

 

そんな中で虎視眈々とGI初制覇をもくろむ有力馬がいます。

 

その馬の名前は

パクスアメリカーナ

です。


パクスアメリカーナはクロフネを父に持つ関西馬です。

未勝利戦こそ4着に敗れましたが
そこから徐々に着順を挙げて2連勝

前走のマイラーズカップでは2着に入った実力馬です。

先手を取れる脚質の自在性と
最後までバテないスタミナを武器としている馬です。

NHKマイルカップに出走するメンバーレベルが低い事を考えれば
ここで一気にGI制覇をしてもおかしくない馬ですが

果たしてパクスアメリカーナはNHKマイルカップで
GI勝利を飾ることが出来るのでしょうか_

 

私は

パクスアメリカーナは期待の出来る存在だ

という見解を持っています。

 

前走は2着を確保したものの
勝ち馬タワーオブロンドンには完敗した
パクスアメリカーナが、なぜNHKマイルカップで
期待の出来る存在だといえるのでしょうか?

パクスアメリカーナの買い要素について検証していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

NHKマイルカップは指数を見るだけでは的中出来る!!

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはNHKマイルカップ

うまコラボではNHKマイルカップデータの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「NHKマイルカップ」「新潟大賞典」
「京都新聞杯」のデータは無料で見られる上に
「NHKマイルカップ」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

パクスアメリカーナの期待できる点はここ

NHKマイルカップと相性抜群のクロフネ産駒

パクスアメリカーナの父親はクロフネである

と言うことは先ほども話をしましたが
クロフネ産駒はNHKマイルカップと抜群の相性を誇っています。

以下は過去10年におけるNHKマイルカップの種牡馬別成績になります。

クロフネ産駒が圧倒的に強い事が分かると思います。

昨年勝ったアエロリットもクロフネ産駒

2015年の勝ち馬クラリティスカイもクロフネ産駒です。

 

特徴としては

とてつもなく強い馬がGIを勝ったという形では無い

という事です。

 

ミッキーアイルやメジャーエンブレムのように
能力が一枚上で勝ったのであれば適性はそれほど関係ありませんが
上記の2頭ともGIで突き抜けた強さを持っている馬ではありませんでした。

 

という事は

クロフネ産駒がNHKマイルと相性がいい

という事です。

 

クロフネ産駒が活躍している理由を探ってみると

開催が進んで馬場が荒れ、パワーが必要なレースになっている

という事が挙げられます。

 

クロフネはダートでもGIを圧勝した馬ですから
産駒にはパワーのある馬が多く
開催が進んだ東京の芝コースに合っているといえます。

実際にパクスアメリカーナの走りを見てみても
力のある走りを見せており

“クラリティスカイのパワーアップ版”

みたいな走りを見せているので
NHKマイルカップへの適性は十分でしょう。

 

アーリントンカップの走りはタワーオブロンドン以上??

パクスアメリカーナの適性については前述した通りですが
この馬は能力もしっかりと備えています。

前走のアーリントンカップでは速い流れで
外差しが決める流れになりました。
(3着レッドヴィイロンの走りが象徴的です)

そんな流れの中をパクスアメリカーナは
インの狭いところをこじ開けて最後伸びてきました。

 

この窮屈な内容で勝ったタワーオブロンドンに
半馬身差まで迫ったことを考えると

競馬の内容は互角、もしくは上だったと言えます。

いずれにしても

タワーオブロンドンとの勝負付けは済んでいない

と言えます。

 

もう一つ取り上げたいレースが

2走前に走った「こぶし賞」です。

このレースは今回人気になることが予想される
ケイアイノーテックが圧倒的な人気に支持されていました。

パクスアメリカーナは2番人気で出走してきましたが
ケイアイノーテックよりも後ろでレースを進めながら
4コーナーではパワフルに押し上げて
直線に入るとあっという間にケイアイノーテックを交わしました。

ケイアイノーテックは
圧倒的な人気で競馬をしづらかった面はありましたが

内容としては

ケイアイノーテックを子供扱いにして完勝

 

という内容でした。

タワーオブロンドンとまだ勝負付けがついて折らず
ケイアイノーテックよりは格上となれば

NHKマイルカップで最上位レベルの力がある

という判断が下せます。

パクスアメリカーナの能力が高いのは明白です。

 

以上2点から

2018NHKマイルカップにおいて

パクスアメリカーナは期待できる存在である

という結論に達します。

 

まとめ

こぶし賞でケイアイノーテックに完勝して
マイラーズカップでも僅差の競馬をしたパクスアメリカーナは

NHKマイルカップでは力上位の存在

と言えます。

また、適性面を考えてもクロフネ産駒でNHKマイルカップとの相性はピッタリ
自分の力を十二分に発揮出来る状況でのレースが出来そうです。

パクスアメリカーナは期待できそうですね。

 

2018NHKマイルカップで注目している馬はパクスアメリカーナ
逆にまず来ないだろうと思っているのはあの人気馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。