チャンピオンズC前哨戦のみやこS舞台|京都ダート1800mの特徴

Pocket

2014年からジャパンカップダートに代わり
GIになったチャンピオンズカップ

このGIレースのトライアルとして京都で行われている重賞が「みやこS」です。

みやこSの舞台は京都ダート1800m

この舞台は平場で最も頻繁に行われているため
京都競馬場で馬券を買うなら避けては通れません。

しっかりとコースの特徴を学びましょう。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

京都ダート1800mラップ別成績

最初のコーナーまでは285m
まったくの平坦コースなので、最初の直線は11秒台前半という
速いタイムでポジション争いが行われる。

向こう正面では12秒台半ばとグッとタイムが落ちる
3コーナーの上り下りもほとんどペースが変わらずに
最後の直線329mも12秒台半ばと
ペースが上がらないままゴールするコース設定

次に脚質別の成績です。

京都ダート1800m脚質別成績

逃げ・先行天国ともいえる成績分布です。
逃げ・先行の複勝率は共に42%、
差し馬は17%、追い込み馬は4%と違いは歴然

迷わず前に行く馬を狙いましょう。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

京都ダート1800m枠順別成績

内枠の方が若干良い成績を残しています。
スタート後の短い直線でポジション争いするには
内枠の方が行き切れるというアドバンテージがあります。

続いて、種牡馬別の成績

京都ダート1800m種牡馬別成績

勝ち星では1位キングカメハメハ産駒、2位クロフネ産駒と続きますが
回収率を見るとネオユニヴァース産駒、ゴールドアリュール産駒など
サンデーサイレンス系の種牡馬が好成績を残しています。

ダート戦でもスピードのある馬が
台頭してくる舞台であるという事が言えます。

騎手別の成績も載せてみました。

京都ダート1800m騎手別成績

1位岩田康誠騎手は勝ち星や率が優秀ですが
回収率の点では標準以下となっています。
馬券的な妙味は少ないので、回収率で好成績を残している
2位川田将雅騎手、3位小牧太騎手、4位浜中俊騎手を
積極的に狙っていくといいでしょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

京都ダート1800m人気別成績

1番人気が標準的な成績を残しているが
3番人気~10番人気の回収率が高い数値を残しています。

積極的に中穴を狙っていけるコースです。

以上が特徴となります。

まとめです。

まず頭に入れたい逃げ・先行天国であるということ。
そしてスピードのある馬が活躍している舞台でもあるので
条件に当てはまる馬を狙いましょう。
その馬が内枠であればなお良しです。

ここではコースの分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック