【大阪杯2018予想】サトノダイヤモンドは果たして完全復活したのか?

Pocket

2018大阪杯で人気が予想される
サトノダイヤモンドは大阪杯で好走出来るのか

前走の金鯱賞は完全復活を取れるのか?

という点について、過去の成績を分析しながら話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週のレッドファルクスの騎乗はなかなか酷かったですね~

高松宮記念は基本的に前にいる馬で決着するレースで
今年も勝ったファインニードル、2着のレッツゴードンキくらいまでが
走破圏でそれ以降の馬はノーチャンスに近い流れになりました。

ダンスディレクターも頑張りましたけどね。
ポジション的にあそこまでが限界です。

そして、レッドファルクスはダンスディレクターの
遙か後方でレースを進めた訳ですが
ちょっと謎の残る内容でしたね。

こういう展開にならないように阪急杯を一叩きして臨んだはずなのですが、
見事にトライアルを使った意味をなくしてしまいましたね。

 

日本人騎手の場合、結構あるあるの騎乗なのですが
今回レッドファルクスの手綱を取ったのはデムーロ騎手

こういう騎乗をしないから好成績を収めて来られたのですが
ちょっとデムーロ騎手の異変を感じる内容でしたね。

大阪杯でデムーロ騎手はスワーヴリチャードに騎乗しますが
果たしてしっかりと乗れるでしょうか?

 

大阪杯で注目を集めるサトノダイヤモンドと私の見解


(2017大阪杯 勝ち馬キタサンブラック)

レイデオロは海外遠征で不在となりますが
キセキは先週の日経賞に出てしまったので
現4歳のトップホース2頭はいませんが

 

それ以外のメンツは現時点で考え得る

“最強に近いメンバーが揃いました”

 

 

予想をするのも見るのも楽しみなレースですが
大阪杯に出走するメンバーの中で
最も注目される馬がいます。

その馬の名前は

サトノダイヤモンド

です。

サトノダイヤモンドは一昨年の菊花賞、有馬記念を勝利して
最優秀3歳牡馬に輝いた実力馬です。

昨年はフランス遠征を行ったことも有り
GIは未勝利に終わってしまいましたが
その力は現5歳世代でもトップだと言えます。

今年は前哨戦の金鯱賞を走って3着
勝つことは出来ませんでしたが、
大阪杯に向けていい調整となる競馬を見せて人気に支持されそうです。

昨年の海外遠征では大崩れしてしまったサトノダイヤモンドが
金鯱賞で完全復活したと言えるのか?

そして、サトノダイヤモンドは大阪杯において信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

サトノダイヤモンドは今回不安要素が多い

という見解です。

前走で3着に入り、完全復活を匂わしているサトノダイヤモンドが
なぜ、今回の大阪杯で不安要素の多い馬だと言えるのか?

理由を説明していきたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2018年無料予想10週連続的中の競馬サイト!】

先週の阪神競馬でも大暴れ

毎日杯は3連単12点勝負で35.7倍を的中!!

阪神9レース四国新聞杯では3連単2点勝負で60.4倍を的中!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で大阪杯の極秘情報を公開します。

まずは大阪杯の極秘情報を堪能して頂き
他の勝負レースにも参加してみて下さい。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の大阪杯情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  大阪杯の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

サトノダイヤモンドが不安な理由

金鯱賞のレースが参考にしづらい流れであった点

サトノダイヤモンドの前走は金鯱賞でしたが
この金鯱賞の流れは実力を測る参考にならないくらいの
特殊な流れでした。

1000m通過タイムが1分3秒0という超スローペース

 

このクラスの重賞レースでは考えられないくらいのスローで
全く人気の無かったサトノノブレスが2着に逃げ粘りました。

サトノダイヤモンドはこのレースで3番手グループを交わして
直線で3番手まで上がってきたのですが
まったく負担のかからない競馬で
サトノダイヤモンドが復活したのかどうかを測れない流れでした。

 

言い方を変えるとフォワ賞、凱旋門賞とタフな馬場での競馬で
体力勝負に不安を抱えるサトノダイヤモンドにとって
最も体力の必要の無い恵まれた競馬になった

と言う事が出来ます。

 

もちろんフランス遠征のダメージが全て抜けていて

サトノダイヤモンドが完全復活を遂げている

という事も考えられますが

 

現状ではその判断は出来ない状態だ

という事です。

その判断が出来ない状態なので
完全復活した体の人気になるわけですから

“馬券の期待値は低い”

といえます。

 

乗り替わりとなる戸崎騎手との相性は微妙?

大阪杯が行われる日にはドバイワールドカップも行われます。
ルメール騎手はレイデオロに騎乗する関係で

大阪杯のサトノダイヤモンドは戸崎騎手が騎乗となります。

 

サトノダイヤモンドの成績を見てみると
デビューからずっとルメール騎手が騎乗しています。

 

今回は初めての乗り替わりとなるわけですが

シンプルに考えてずっと同じ騎手が乗っていた馬が
他の騎手に替わるという点はマイナスです。

 

戸崎騎手も現在のJRAにおいてはトップジョッキーですが

ルメール騎手やデムーロ騎手と比較すると
一枚劣る部分が見られます。

 

また、サトノダイヤモンドは柔らかいタイプの馬なので
馬のリズムに合わせてくれる騎手がベストで

ルメール騎手はそこにハマっていたといえますが
地方出身の戸崎騎手は根本的に合わない可能性もあります。

 

今回の乗り替わりについては間違いなくマイナス要素

という事が出来ます。

 

以上、2つの理由から

2018大阪杯における

サトノダイヤモンドは不安要素が多い

という結論に達します。

 

まとめ

大阪杯では間違いなく人気になるであろうサトノダイヤモンドですが

馬自身が完全復活しているかどうか分からない中で
サトノダイヤモンドの事をよく知らない騎手が乗る

という事で不安要素の多い馬であると言えます。

人気が3番人気以下なら買いたいですが
1, 2番人気を争うとなると

期待値の高い馬だとは言えません。

人気になるようなら思い切って外したいですね。

 

2018大阪杯で私が注目している馬は
実力がありながら、今回は人気的にも舐められそうなあの伏兵馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。