【大阪杯2018有力馬危険度分析】スワーヴリチャードに切り材料はあるのか?

Pocket

ここでは大阪杯2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるスワーヴリチャードの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

先日のアメトーークで「B‘z芸人」という枠組みで
放送していましたが、B‘z好きな私としてはたまらなかったですね。

 

本当はもっと素晴らしいところがあるのになぁ

とディープなファンの私にはそう思えてしまいますが
なかなかB‘zを取り上げてくれるテレビなんてないですから
昔を思い出しつつ楽しんでみれました。

テレビでの露出が少ないと

「あのバンドって今も活動しているの?」

と思われがちですが、B‘zのライブチケットは
ファンクラブ会員である私ですら取れたり取れなかったり、です。

東京ドームとか日産スタジアムとか
めっちゃ大きい会場でライブをやるにも関わらず
ライブチケットが取れない
(しかもファンクラブに入っているのに)

という点からも多くのファンに支持されている事が分かります。

 

昔のように全員が新曲を知っているという状態ではありませんが
B‘zの素晴らしさは日々進化しているので

もし、今まで興味がなかったんだけど
アメトーークを見て興味が沸いたよ。

という人はアルバムを聴いてみてください。

そして、ライブに来てください。

 

一回ライブに来たらもう終わりです。

離れられなくなりますよ。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはGI大阪杯

うまコラボでは大阪杯データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「大阪杯」
のデータは無料で見られる上に
「大阪杯」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

大阪杯の無料予想でうまコラボの威力を堪能して下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は大阪杯が行われます。


(2017大阪杯 キタサンブラック)

昨年からGIに昇格してスターホースである
キタサンブラックが第一回の覇者

と、GIレースとしては一番いい形でスタートしましたが
今年もスターホース達が出走を予定しており
天皇賞春よりも盛り上がりそうなレースですね。

そんな大阪杯の馬券を当てるべく出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

大阪杯の有力馬の危険要因と買い要素

スワーヴリチャード

日本ダービー2着馬のスワーヴリチャードですが
前走の金鯱賞では圧倒的人気に応えて完勝しました。

昨秋はアルゼンチン共和国杯、有馬記念と
強い内容の競馬を見せており地力上位は間違いありません。

左回りに良績が集中していますが
右回りでも内容は悪くないので阪神替わりは問題ありませんが
立ち回り勝負が得意な馬なので、内枠に入りたいですね。

 

サトノダイヤモンド

昨年はフランス遠征を行いましたが、結果はボロ負けしたサトノダイヤモンド

自身のキャリアに大きな影響を及ぼしそうな大敗でしたが
前走の金鯱賞では直線で追い上げて3着を確保
完全復活に向けてメドを立てる内容でした。

ただ、前走は超スローからの上がり勝負だったので
心身の負担がかからないレースでしたが。
タフな競馬が予想される今回こそ真価が問われそうです。

 

アルアイン

アルアインは昨年の皐月賞馬ですが、
昨秋以降2200m以上のレースを使われてきました。

本質的には2000m以下で真価を発揮する馬なので
今回距離短縮となる舞台は歓迎です。

ずっと緩いペースの競馬を使ってきた分
激しい流れに対応できるかは課題となりますが
今回のメンバーで最も適性の高い馬だと言えます。

 

ペルシアンナイト

前走の中山記念では前残りの流れを
最後方近くで待機してしまったことから
思わぬ取りこぼしをしてしまったペルシアンナイト

マイルがベストの馬なので、距離が伸びる点は
マイナス要素となりますが、前走は全く競馬をしていないので
消耗度合いは皆無

自分の力を発揮できる状況で出走できる点は強みだと言えます。

 

ダンビュライト

AJCCで念願の初重賞制覇を果たし勢いにのるダンビュライト

道中脚を溜めて直線で爆発させるタイプの馬が多い中
ダンビュライトは父親であるルーラーシップと同様に
豊富な体力で勝負するタイプの違う馬です。

末脚勝負になってしまうと厳しいですが
タフな流れになれば十分に出番のある馬でしょう。

 

ウインブライト

近走、重賞で安定した成績を残しているウインブライト

そのレースセンスは出走メンバーの中でも最上位と言え
混戦になった時にその強みを発揮してきそうです。

その反面、レースでのインパクトが薄く
絶対能力という点では他の有力馬に比べて一歩劣りそうです。

 

以上です。

 

まとめ

今年の大阪杯は

明け4歳勢が主力を形成するメンバー構成です。

その中でもグランプリホースである
サトノダイヤモンドがどこまで復調しているのか?

は馬券を占う上で大きなポイントとなりそうです。

大阪杯を予想するうえで最も大切なのは

成長力を加味した4歳馬の能力判断

となりそうですね。

 

2018大阪杯で私が注目している馬は
地力がありながら今回は人気が落ちそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ