【2018高松宮記念予想】セイウンコウセイ連覇の可能性と凡走の危険性

Pocket

2018高松宮記念で人気が予想される
セイウンコウセイ
について高松宮記念で
GI連覇を飾る可能性と凡走する危険性について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2018年に入ってもデムーロ、ルメール旋風が止まりませんね。

リーディング1位、2位を独占しているのはもちろんの事
二人の複勝率(3着以内に入る率)は5割4分という
驚異的な成績を残しています。
(平成30年3月18日終了時点の成績)

デムーロやルメールが日本に来るまでは主に日本騎手だけで
競馬をやっていたので分からなかった部分がありますが
デムーロやルメールの騎乗を見てみると

日本人騎手って下手だなぁ

と、思いますね。

 

日本人騎手の特徴としては

・コースの特徴を理解していない

・馬の個性を理解していない

この2つが挙げられると思います。

スプリングステークスに出走していた
カフジバンガードとかも前に行ってナンボの馬なのに
最後方待機で騎乗していましたからね~(汗)

馬の勝てる確率を10%から0.1%に落とすような
行動をしているので、まあ相対的に外人騎手の成績は上がりますよね。

競馬界は閉鎖的な世界だと思いますが
レースプランナーみたいな外部スタッフを雇う
騎手が出てくるとグンと成績が上がると思うんですよね。

コースの特徴、レース毎のコース特徴
そして馬の適性を分析する専門の人がいれば
おのずと騎乗の精度は上がりますからね~。

私とかも騎手の方々に教えてあげたいなと思ったりします。

誰か私を雇って下さい!!

成績を上げて見せますよ!!

という事で、高松宮記念の話にいきましょう。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはGI高松宮記念

うまコラボでは高松宮記念データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「高松宮記念」
のデータは無料で見られる上に
「高松宮記念」の予想も、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

高松宮記念の無料予想でうまコラボの威力を堪能して下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

高松宮記念で注目を集めるセイウンコウセイと私の見解

さて、今週は高松宮記念が行われます。


(2017高松宮記念 セイウンコウセイ)

春の短距離王決定戦と言う事で

人気のある馬がそのまま好走する

という堅いGIレースになっているのが最大の特徴ですね。

ただ、人気どころの馬を見てみると
昨年のスプリンターズステークスで人気になった馬ばかり。

レッドファルクス、ファインニードル、ダイアナヘイロー

などなど、新鮮味に欠けるメンバー構成で
予想する側のテンションもイマイチ上がってきません。

 

そんな高松宮記念で人気になりそうなのが

セイウンコウセイ

です。

 

セイウンコウセイは昨年の高松宮記念の覇者で
一昨年の秋から昨年の春にかけて急成長をみせた実力馬です。

地力面で見れば、ここも当然有力馬にカウントされて然るべき馬ですが
昨年の高松宮記念を勝ってから長らくスランプに陥っていました。

しかし、前走のシルクロードステークスでは
久しぶりにセイウンコウセイらしい競馬を見せて2着と
復調を感じさせる内容の競馬を見せてくれました。

ディフェンディングチャンピオンであるセイウンコウセイは
このまま完全復活を成し遂げて連覇を果たすのか?
それとも一時の輝きでここは惨敗してしまうのか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

セイウンコウセイのここは買い

セイウンコウセイの最大の武器は「耐久力のある先行力」です。

セイウンコウセイは逃げという戦法を得意としながらも
それほどテンの脚が速い訳ではありません。

テンの脚が速くない分、直線で簡単にバテない持久力を持っている

というタイプの馬です。

この適性から

ある程度時計のかかる馬場でのスプリント戦を得意としている

馬である、という前提から話をしていきたいと思います。

 

中京芝1200mの適性が高い

セイウンコウセイは昨年の高松宮記念を勝っているように

“中京芝1200mという舞台が得意な馬です”

中京コースはスタートからゴールまで
常に緩やかな上りと下りが続いているコースなので
全体的にスタミナを保持している馬が活躍する競馬場です。

過去10年の高松宮記念の脚質別成績を見てみると
逃げ馬が大苦戦しているタフな条件にも関わらず
差し馬も届いていない流れになっている事が分かります。

スピード勝負の印象が強いスプリント戦ですが
中京で行われる高松宮記念のおいては
スタミナ色の強いスプリント戦になっています。

先ほどセイウンコウセイの武器は

「耐久力のある先行力」

だという話をしましたが、高松宮記念という舞台は
セイウンコウセイにとって最適の舞台である事が言えます。

 

セイウンコウセイのここは危険材料

ここまでセイウンコウセイのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

前走2着の信頼性が高くない点

セイウンコウセイは長い間スランプに陥っていましたが
前走のシルクロードステークスでは2着に入っています。

この2着をどう取るかで、高松宮記念の評価が変わってきますが

私は信頼性の低い2着だった

と捉えています。

シルクロードステークスの人気上位馬は

1番人気 ダイアナヘイロー
2番人気 アレスバローズ
3番人気 カレクレナイ
4番人気 ファインニードル

というメンバーでしたが

1番人気のダイアナヘイローは勝手に自滅しましたし
2番人気のアレスバローズはデムーロ人気で押し上げられただけの馬
3番人気のカラクレナイは最後差してきたものの展開が向かず4着

といずれも実力を出し切れず負けた、または実力が無かった馬ばかりで
それほどレベルが高いメンバーとは言えませんでした。

結果、内枠でロスなく競馬をした4番人気ファインニードルが完勝

5番人気だったセイウンコウセイは2着に粘ったものの
フミノムーン、カラクレナイには肉薄されて
やっと2着を確保したという内容でした。

 

セイウンコウセイは昨年のシルクロードステークスでも2着に入り
そこから高松宮記念を制覇していますが

このレースではハイペースを自ら飛ばして最後まで粘りきる

という中身の濃いレースをしている点を踏まえると

今年のシルクロードステークスでのパフォーマンスは低い

と言わざるを得ません。

完全復活とは言えない状況での高松宮記念出走は
セイウンコウセイにとっては期待よりも不安の方が大きいと言えます。

ちなみに一点、付け加えておくと

高松宮記念勝利後にずっと凡走が続いており
そしてシルクロードステークスも負担の大きい競馬では無かった

という事はセイウンコウセイが疲労を残さず出走できる
という事にも繋がってきます。

状態面が回復していたとしたらフレッシュな状態で出走できる

という強みがある事は付け加えておきたい点ですね。

 

以上が、2018高松宮記念でセイウンコウセイが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

まとめ

昨年の高松宮記念で完勝しているセイウンコウセイの
地力は疑う余地はないでしょう。

その地力を発揮できる舞台での出走という点は強みですが
焦点は全開のパフォーマンスを出せる状態にあるかどうか

という点です。

シルクロードステークスの着順だけで復活したと解釈するのは早計ですが
もし復活していたとしたら強い競馬を見せてくる可能性は十分にありますね。

 

2018高松宮記念で注目している馬は
このレースに向けてメイチで仕上げているであろう

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。