【チューリップ賞2018予想】スカーレットカラーは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018チューリップ賞に出走を予定している
スカーレットカラーが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週行われるチューリップ賞は阪神ジュベナイルフィリーズの
1~3着馬が勢ぞろいする豪華メンバーでの競馬になりそうですね。

チューリップ賞のデータ分析で話をしたのですが

阪神ジュベナイルフィリーズからチューリップ賞に臨む馬の
複勝率は70%を超えます。

つまり、3頭出走すれば、2頭以上が複勝圏内に残るという訳で
ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアを
全て外して馬券を買うというのはちょっと無謀ですよね~。

特に阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち馬ラッキーライラックは
ソツのないレース運びで弱点らしい弱点が見当たりません。

本当はこういった馬をズバッと切って
馬券を的中されられれば、めちゃくちゃカッコイイんですが
そこまでやる根拠もなければ、度胸もありません。

そして、リリーノーブルについてもマウレアについても同様です。

前走で負けたマウレアには隙がありそうですが
前走敗戦のショックよりも、一叩きしてチューリップ賞に臨める有利さが
目立ってなかなか切り馬として指名が出来そうにありません。

という事で、チューリップ賞で切る馬の話にいってみましょう。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信
弥生賞(G2)・鉄板3点勝負

ワグネリアン、ダノンプレミアも
脅かす穴馬で30倍以上も狙える!?

弥生賞の3点を無料で見るにはココをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

チューリップ賞で切るべき人気馬

さて、今週はチューリップ賞が行われます。


(写真は2017チューリップ賞 ソウルスターリング)

桜花賞の最重要トライアルレースであり
過去には名牝と呼ばれる馬達が多数出走したレース。

実績のある馬、能力の高い馬が活躍する可能性が高く
一見、波乱の余地は無いように見えますが
阪神ジュベナイルフィリーズ組以外のオープン馬は
それほど成績を残せておらず、ヒモ荒れ要素を含んだ重賞レースです。

それだけに馬券的には有力馬を切っていき、
馬券を絞る作業をしていきたいところですよね。

そこで、ここでは2018チューリップ賞において
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2018チューリップ賞で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

スカーレットカラー

です。

 

スカーレットカラーは1勝馬の身でありながら
前走のフェアリーステークスで2着に入り、
重賞でも通用する力を見せつけた実力馬です。

チューリップ賞でもある程度人気に支持されることが予想されます。

そんな実力馬スカーレットカラーが、なぜ馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

スカーレットカラーの不安要素

パワータイプの馬でスピード勝負となる阪神芝マイル戦は微妙?

スカーレットカラーはヴィクトワールピサ産駒です。

ヴィクトワールピサといえば、力の要る中山競馬場を得意としていた馬で
皐月賞や有馬記念など、中山でのGIに実績がある馬です。

それだけに当然産駒もパワーに優れた馬が多く
スカーレットカラーも例にもれず、力の要る馬場が得意な馬です。

前走フェアリーステークスで2着に入りましたが
フェアリーステークスが行われた舞台は
中山芝1600mという力の必要な舞台でした。

今回のチューリップ賞では力よりもスピードが必要な舞台に替わりますが

“スカーレットカラーにとってこの舞台替わりはマイナスです”

自分の持ち味を発揮できた舞台から
自分の持ち味を封印される舞台へ替わる事で
スカーレットカラーのパフォーマンスが下がることが想定されます。

 

差しが利きづらいチューリップ賞という舞台

スカーレットカラーは過去5戦を消化していますが
どのレースにおいても中団から後方にポジションをとり
直線で差す競馬を実践しています。

ここでチューリップ賞というレースの特性を見てみると

“先行馬が圧倒的に有利なレース”

であることが分かります。

以下はチューリップ賞の過去10年における
4コーナーでのポジション別成績ですが

圧倒的に先行馬が有利であることが分かります。

チューリップ賞は桜花賞・オークスへと続く前哨戦なので
有力各馬はGIでベストパフォーマンスが見せられるように
チューリップ賞では無理なレースをしてきません。

それだけにペースが上がらず、スローペースとなり
先行している馬が有利な流れとなる訳ですが
このスローペースが想定される流れというのは
差し馬であるスカーレットカラーにとってマイナス要素です。

スカーレットカラー向きの流れになる可能性が低く
持っている力をフルに発揮できない可能性が高いと言えるでしょう。

 

以上、2つの理由から

2018チューリップ賞で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

スカーレットカラー

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

桜花賞に直結するメンバーが揃った2018チューリップ賞ですが

スカーレットカラーは阪神芝1600mという舞台

そして、スローに流れそうなペース

と共に合いそうにありません。

ただでさえ、格上の相手と戦うレースとなる上に
スカーレットカラーの力を発揮しづらい舞台になるとあれば

今回は期待よりもリスクの方が大きい

と言え、チューリップ賞では危険な人気馬となりそうです。

スカーレットカラーを外して馬券勝負したいですね。

 

2018チューリップ賞で私が注目している馬は
実績馬に負けない未知の魅力を持っていそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。