【弥生賞2018有力馬危険度分析】ダノンプレミアムに危険要素はあるのか?

Pocket

ここでは弥生賞2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるダノンプレミアムの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今週は弥生賞が行われますが
私が一番記憶に残っている弥生賞は
1996年の弥生賞です。


(1996年 弥生賞 勝ち馬ダンスインザダーク)

私が競馬を始めた頃に見た弥生賞なので
良く覚えているんですけどね。

ダンスインザダークという馬は

“とにかくスケールの大きな馬”

でした。

馬体も大きくて大物という感じを漂わせていたのですが
デビュー当初はまだ子供っぽいところを見せていたので
同じサンデーサイレンス産駒である

ロイヤルタッチ や イシノサンデー

に遅れを取っていましたが
弥生賞で「いよいよ本格化したなぁ」
という強い競馬を見せてくれました。

皐月賞は故障で出られず、
日本ダービーはフサイチコンコルドの一世一代の大駆けにあって2着と
クラシックに縁がないのかなと思った矢先に
菊花走で火の出るような末脚を見せて勝利。

結果的にこれがラストレースになってしまいましたが

「このまま走っていたらGIをいくつ勝っていたんだろう?」

と思わせるようなスケール感がありましたね~。

種牡馬としてはGI馬を何頭か出しましたが
とうとう最後まで大物を出せず

血脈が途絶えてしまうのは悲しいことですが
ダンスインザダークの走りは忘れられないですね。

それでは、2018弥生賞の話にいきましょう。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信
弥生賞(G2)・鉄板3点勝負

ワグネリアン、ダノンプレミアも
脅かす穴馬で30倍以上も狙える!?

弥生賞の3点を無料で見るにはココをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はその弥生賞が行われます。


(2017年 弥生賞 カデナ)

皐月賞と同じ条件である中山芝2000mで行われ
皐月賞まで間隔が十分に空いているトライアルレースなので

“GIに直結する重賞”

として、3歳牡馬にとって最重要トライアルになっています。

今年は朝日杯フューチュリティステークスを勝ったダノンプレミアム

東スポ杯2歳ステークスを勝ったワグネリアン

の一騎打ちムードが漂うレースです。

どちらかが欠ける事があっても
2頭揃って共倒れになるとは考えづらく
波乱の目は考えづらいレースです
そんな弥生賞で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

弥生賞の過去10年からみたデータ分析

弥生賞の過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

弥生賞の過去10年からみたデータ分析

 

弥生賞の有力馬の危険要因と買い要素

ダノンプレミアム

現在3連勝中のディープインパクト産駒であるダノンプレミアム

テン良し、なか良し、しまい良しを地でいくような
パフォーマンスを見せており
どんな競馬にも対応が出来るダノンプレミアムにとって
欠点らしい欠点はみつかりません。

超ハイペースになれば、脆さを見せる可能性はありますが
トライアルの弥生賞でハイペースになる可能性は低く
さすがに馬券からは外せない馬ですね。

 

ワグネリアン

ダノンプレミアムと同様に、現在3連勝中の
ディープインパクト産駒であるワグネリアン

ダノンプレミアムとは対照的に道中は脚を溜めて
直線で末脚を爆発させるいかにもディープというタイプの馬です。

破壊力という点ではダノンプレミアムを上回りますが
戦ってきた相手が弱いだけにダノンプレミアムと
双璧の能力を持っているかはまだ確信が持てない部分はあります。

 

ジャンダルム

ホープフルステークス2着のジャンダルム

前走はタイムフライヤーに完敗したものの
自分の能力を出し切ったと言える好内容でした。

今回の弥生賞ではさらに相手が強くなるので
ジャンダルムの持っている地力が通用するかどうかは未知数です。

ここでも好勝負できれば皐月賞への未知が開いていきそうですね。

 

オブセッション

2戦2勝ながら、こちらも無敗で駒を進めてきた
ディープインパクト産駒のオブセッション

前走のシクラメン賞では他の馬が止まって見えるかのような
末脚を発揮しての勝利とあって
強敵が揃う弥生賞でも期待はかかりますが
実績が足りない点は否めません。

 

サンリヴァル

前走のホープフルステークスでは展開に泣いて
4着と敗れてしまったサンリヴァル

前崩れの流れを4角先頭で強引に押し切ろうとしての4着は評価出来ますが、
今回はチャンピオンクラスのディープ産駒が多数出走してくるので
末脚勝負になると分の悪さを出してしまう可能性は高くなりそうです。

 

リビーリング

前走のセントポーリア賞で2着に入り
500万クラスでは勝ち負け出来る力を見せたリビーリング

弥生賞と同じ舞台である皐月賞を勝ったヴィクトワールピサ産駒
ということで舞台適性があり、前進が見込める馬ですが
前走のレースレベルに疑問が残る上に
今回は強い相手とのレースとなると不安の方が大きくなる点は否めません。

 

以上です。

 

まとめ

今年の弥生賞は

ダノンプレミアムvsワグネリアンvsオブセッション

と下馬評は三つ巴という感じのレースです。

ただ、第3の馬となるサンリヴァルやジャンダルムといった馬も
例年の弥生賞であれば主役級の扱いを受けるであろう馬なので
3頭で万全と決めつけられないレースだと言えます。

今年の共同通信杯はメンバーレベルが低いレースだったので
弥生賞は皐月賞に向けて最も注目のレースですね。

 

2018弥生賞で私が注目している馬は
前走のパフォーマンスが高かったあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。