【皐月賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【皐月賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは皐月賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

皐月賞は牡馬クラシック第一弾となるGIレースです。


(写真は2017皐月賞 アルアイン)

3歳牡馬クラシックは皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3つ
「皐月賞は速い馬が勝つ」
「日本ダービーは運がいい馬が勝つ」
「菊花賞は強い馬が勝つ」

と言われていますが、最も激戦になりやすい皐月賞を勝つ馬は強い馬が多く、
ここを勝つと将来に期待が持てる馬になります。

今年も皐月賞を制すべく、素質馬達が集結しますが
そんな皐月賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ワグネリアン 福永 2.7倍
ステルヴィオ ルメール 3.0倍
ジャンダルム 武豊 6.7倍
タイムフライヤー 内田 7.9倍
キタノコマンドール デムーロ 8.3倍
エポカドーロ 10.0倍
ジェネラーレウーノ 11.5倍
オウケンムーン 12.7倍
グレイル 岩田 17.1倍
サンリヴァル 22.2倍
マイネルファンロン 31.0倍
アイトーン 55.2倍
ケイティクレバー 浜中 68.1倍
ジュンヴァルロ 120倍
ダブルシャープ 127倍
スリーヘリオス 316倍
サトノフェイバー(骨折の為、出走回避)

グローリヴェイズ(出走回避)
ダノンプレミアム(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >


 

< 主な出走馬 >

無傷の4連勝中 ダノンプレミアム

朝日杯フューチュリティステークスを圧勝して臨んだ
弥生賞でも力の差を見せつけて勝利したダノンプレミアム

強敵と戦いながらも、一度も接戦に持ち込まれた事がない事実は
ダノンプレミアムの能力が抜けている事の証明です。

皐月賞を通過点として、日本ダービーを狙ってくる馬でしょう。
(出走回避)

弥生賞で土がついた ワグネリアン

ダノンプレミアムとの初対決となった弥生賞では完敗してしまったワグネリアン

前に有利な流れであったことや前哨戦であることなどを考えると
まだ完全に決着がついたという形には受け取れません。

直線の長い日本ダービー、ペースが速くなる皐月賞
ダノンプレミアムを逆転する機会は与えられているので
自慢の末脚で真っ向勝負を挑んできそうです。

京成杯勝ち馬の ジェネラーレウーノ

前走の京成杯では先行してしぶとく抜け出して
重賞初勝利を収めたジェネラーレウーノ

道中溜めて直線で爆発するという競馬は出来ないものの
スクリーンヒーロー産駒らしく、豊富なスタミナを活かして
バテずに走り切るのがジェネラーレウーノの強み

末脚を武器とするサンデー系産駒が多い中で
全く違う武器を持っているジェネラーレウーノなら
展開一つで上位に台頭することも可能です。

きさらぎ賞2着の グローリヴェイズ

前走のきさらぎ賞では後方から追い込んで2着に入ったグローリヴェイズ

勝ちきれない側面はあるものの
毎回堅実に差してくる安定感はグローリヴェイズの武器です

レースのインパクトは薄いので人気にはなりませんが
上位陣に破綻があったときは台頭できるだけの堅実性を備えた馬で
ディープインパクト産駒という点からも侮れません。
(出走回避)

無敗のきらさぎ賞 サトノフェイバー

前走のきさらぎ賞では逃げて完勝したサトノフェイバー

まだキャリアは2戦2勝とGIを戦う上ではキャリア不足ですが、
裏を返せば2戦目で重賞を制するという事は力がある証拠。

皐月賞では頭数も多くなり、相手も一気に強くなりますが
きさらぎ賞のようなマイペースの逃げが打てれば
強敵相手でもあっと言わせるシーンはありそうです。
(骨折のため、出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ皐月賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。