【桜花賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【桜花賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは桜花賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

桜花賞は牝馬クラシック第一弾となるGIレースです。


(写真は2017桜花賞 レーヌミノル)

3歳牝馬のGIは桜花賞、オークス、秋華賞と
3つのGIがありますが、一番の花形GIは桜花賞です。

牝馬特有のスピードを競う桜花賞は
繫殖牝馬としての価値を最も高めるGIと言われており
今年もスピード自慢の馬達が揃いました。

そんな桜花賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ラッキーライラック 1.6倍
リリーノーブル 7.4倍
マウレア 8.6倍
アーモンドアイ 8.9倍
プリモシーン 9.3倍
リバティハイツ 11.0倍
アンコールプリュ 11.9倍
レッドレグナント デムーロ 13.6倍
デルニエオール 16.4倍
トーセンブレス 17.0倍
レッドサクヤ 18.4倍
ハーレムライン 25.7倍
フィニフティ 28.6倍
スカーレットカラー 39.0倍
アマルフィコースト 44.2倍
アンヴァル 47.8倍
モルトアレグロ 52.9倍
ツヅミモン 85.1倍
シグナライズ 94.7倍
イチサルルンルン 119倍
コーディエライト 121倍
ファストライフ 134倍
サヤカチャン 145倍
ラブカンプー 160倍
アリア 182倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

不動の本命馬 ラッキーライラック

未だ無敗で連勝街道を突き進むラッキーライラック

阪神ジュベナイルフィリーズを完勝して臨んだ
年明け初戦のチューリップ賞では今までで一番強い競馬を披露

リリーノーブルやマウレアを全く寄せ付けず1強をアピールしました。

今回も大きく崩れる事は考えづらく、不動の本命馬だと言えるでしょう。

リベンジを果たしたい リリーノーブル

常に安定したパフォーマンスを見せているリリーノーブル

阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞とラッキーライラックにこそ
完敗しているもののマウレアをはじめとした他の馬とは
常に互角以上の戦いを演じており、その地力は3歳牝馬でもトップクラス

なんとかラッキーライラックにリベンジを果たしたいところです。

凄まじい切れ味を武器とする アーモンドアイ

前走のシンザン記念では馬場の悪い中を
後方から一気の末脚で勝利したアーモンドアイ

阪神ジュベナイルフィリーズ組との対戦経験はなく
その能力がどこまで通用するかは未知数ですが
シンザン記念のパフォーマンスは素晴らしく
一気にGI戴冠するだけの能力は秘めた馬です。

ロードカナロア産駒らしいスピードでアーモンドアイが
桜花賞馬になる可能性は十分にあるでしょう。

シンザン記念2着の ツヅミモン

シンザン記念では持ち前の先行力を活かして
牡馬を相手に2着に入ったツヅミモン

ストロングリターン産駒という地味な血統ながら
530kgを超える超大型な馬体は
力勝負になった時には有利に働きそうです。

クイーンカップでは大敗しましたが、条件一つで
好走が可能な伏兵馬ですね。

エルフィンステークス勝ち馬の レッドサクヤ

前走のエルフィンステークスでは素晴らしい末脚を見せたレッドサクヤ

後方一気の脚質なだけに展開がハマらないと
不発も十分にあり得るレッドサクヤですが
展開がハマれば、前走のような素晴らしい末脚を見せる馬。

差し馬が台頭しやすい桜花賞において
レッドサクヤがもつ破壊力は要注意となりそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ桜花賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。