【阪急杯2018有力馬危険度分析】モズアスコットは前走の敗戦から巻き返せる?

Pocket

ここでは阪急杯2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるモズアスコットの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

2018年はどうも予想が噛み合いません。

本命にした馬の単勝回収率は110%を超えているので
それほどピントがずれていないと思うのですが
切った馬がことごとく来るという悪循環に陥っています。

例年は切った馬は高確率で馬券から外れるけれども
本命馬の単勝回収率は80%前後に落ち着く

という形で収支100%超えを達成していただけに
今年は真逆の形になっています。

結果が出てこないとなかなか辛い面がありますが
これも次のステップへ行くための試練だと
前向きに受け止めて一生懸命予想をしていきたいですね。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のフェブラリーステークスを

◎ゴールドドリーム
○ノンコノユメ

の馬連1点勝負で仕留めました。

今週の競馬は“中山記念”と“阪急杯”

トップシークレットでは、どちらの重賞も
“あの2頭以外の決着は考えられない”
と1点勝負での勝負を予定しています。

今週無料会員に登録してくれた人に
中山記念と阪急杯の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週行われる重賞は阪急杯です。


(2017年 阪急杯 トーキングドラム)

ロードカナロアが勝った時の阪急杯が記憶に残っているので

“GIに直結する重賞”

というイメージがありますが
過去の勝ち馬を見ると以外に小粒揃いで
高松宮記念や安田記念に繋がらないレースである事が分かります。

今年はレッドファルクス、モズアスコットと
GIで主役を張れる馬達が出走してきているので
例年以上に注目できるレースですね。

そんな阪急杯で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

阪急杯の過去10年からみたデータ分析

阪急杯の過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

阪急杯の過去10年からみたデータ分析

 

阪急杯の有力馬の危険要因と買い要素

レッドファルクス

前走のマイルチャンピオンシップでは8着と敗れた
レッドファルクスですが、スプリンターズステークス連覇や
安田記念や高松宮記念でのレースぶりを見る限りは
現在の短距離路線でトップクラスの力を持っているのは明らかです。

今回は阪神芝1400mという得意な舞台でのレースとなるので
前走以上のパフォーマンスは期待できますが
大目標である高松宮記念を控えていることを考えると
目一杯に仕上げてくることは考えづらく、割り引きは必要な馬だと言えます。

 

モズアスコット

前走の阪神カップでは連勝が途絶えて4着と敗れたモズアスコット

阪神カップこそ上位陣との力の差を痛感する内容でしたが
連勝中のレース内容は素晴らしく
まだ奥がある馬である事は周知の事実です。

ただ、今回は連勝が途絶えた後の休み明けのレースとあって
心身の状態を維持するのが難しいレース。
どこまで戦えるのかは走ってみないと分からない部分はあります。

 

カラクレナイ

フィリーズレビューで勝利して以来
勝ち星に恵まれていないカレクレナイ

昨秋は不振を極めていましたが
年明けの京都金杯、シルクロードステークスでは
見せ場タップリの競馬で徐々に復活の気配を見せていますが
勝負に加われるほどのインパクトは残せていない事から
復活してもどこまで戦えるのかは未知数だと言えます。

 

ダイアナヘイロー

昨年の夏は4連勝を飾り、重賞北九州記念をも制したダイアナヘイロー

条件戦を一気に駆け上がった勢いと地力は確かで
持っている力を出せれば、今回のメンバーでも互角に戦える馬ですが
一度失った勢いをどこまで取り戻せるのかは分からず不安を抱えています。

前走のシルクロードステークスでも1番人気を裏切って
16着に惨敗しており、復活の気配は薄そうです。

 

ヒルノデイバロー

昨年の阪急杯で2着に入っているヒルノデイバロー

前走の京阪杯こそ10着に敗れましたが
スワンステークス2着の実績が示す通り
G2、G3レベルなら互角に戦える能力を持っています。

ただ、成績にムラがあるタイプで
負けるときは大敗するヒルノデイバローにとって
休養明けのでの出走でどこまで走れるのかは未知数です。

 

ペイシャフェリシタ

近4戦で2勝2着1回、そして初めてのオープン特別で
2着に入るなど勢いのあるペイシャフェリシタ

持っている勢いは出走メンバーの中でもナンバーワンの存在ですが
前走のカーバンクルステークスは少頭数で相手も弱く
レベルの低い1戦であったことから
一気の相手強化となる今回の阪急杯では壁に当たってしまう可能性があります。

 

 

以上です。

 

まとめ

今年の阪急杯は

レッドファルクスとモズアスコット

の2頭が人気の中心になりそうです。

2頭とも大きなマイナス要素を持っていない事から
大荒れは考えづらい1戦ではありますが
伏兵陣も十分に戦えるメンツが揃っており
期待値の高い馬券を買えそうなレースです。

人気2頭のどちからで攻めるよりも
伏兵馬から攻めていきたいですね。

 

2018阪急杯で私が注目している馬は
今回は走れるタイミングにあるは判断しているあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。