【大阪杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【大阪杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは大阪杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

大阪杯は昨年からGIに昇格したレースです。


(写真は2017大阪杯 キタサンブラック)

記念すべき第一回はキタサンブラックが完勝しましたが
阪神競馬場の小回りコースで行われるレースと合って
能力の他にも器用さが求められるコースです。

GIとなって2回目となる今回はサトノダイヤモンドをはじめ
豪華なメンバーが集結しそうで、馬券的にも面白そうなメンバーですね。

そんな大阪杯にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

スワーヴリチャード デムーロ 2.7倍
サトノダイヤモンド ルメール 3.4倍
シュヴァルグラン 6.2倍
アルアイン 7.5倍
ミッキースワロー 7.7倍
ペルシアンナイト 福永 8.9倍
ダンビュライト 浜中 11.6倍
トリオンフ 14.2倍
ウインブライト 16.0倍
ゴールドアクター 18.3倍
マルターズアポジー 28.9倍
ヤマカツエース 31.0倍
スマートレイアー 39.6倍
サトノノブレス 52.7倍
メートルダール 62.1倍
ヤマカツライデン 120倍
マサハヤドリーム 164倍
ディアドラ(出走回避)
キセキ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

復権をはかる サトノダイヤモンド

昨年は不本意なシーズンを送ってしまったサトノダイヤモンド

天皇賞春で激走してしまった影響から
フランスでは全く力を出せず惨敗続きとなりましたが
サトノダイヤモンド本来の力でないのは誰の目から見ても明らか

金鯱賞で3着とある程度、復活の気配を見せているのも好材料。
今年は復権を期すため、大阪杯で無様な競馬は出来ません。

悲願のGI制覇を目指す スワーヴリチャード

有馬記念では2番人気に推されながら4着に敗れてしまったスワーヴリチャード

有馬記念では外枠から常に外々を回りながら捲って
勝負を仕掛けた競馬だったので結果は致し方ありません。

アルゼンチン共和国杯の圧勝や日本ダービー2着の実績から
GIをいつとってもおかしくない能力を持っている馬です。

金鯱賞でも人気で完勝と悲願のGI獲りに向けて
素晴らしい走りを見せてくれそうです。

ジャパンカップ勝ち馬 シュヴァルグラン

昨年はジャパンカップで懇親の競馬を見せたシュヴァルグラン

全てを出し切った後に望んだ有馬記念でも
3着に食い込むなど、年齢を重ねた今でも成長している点は強みです。

今回は距離が短縮されて、シュヴァルグランにとっては厳しい条件にはなりますが
現在の充実度ならここで力を見せてもおかしくありません。

AJCCを完勝した ダンビュライト

昨年は善戦マンとしてクラシックを走り抜いたダンビュライト

今年は初戦となったAJCCを快勝して
一皮むけた印象を与えてくれました。

昨年の春に負けていたメンバーとの再戦となりますが
今のダンビュライトであれば、逆転は十分に可能です。

菊花賞勝ち馬 キセキ

菊花賞を圧勝したキセキですが、続く香港ヴァーズでは
2番人気に推されながら9着と惨敗してしまいました。

敗因は不良馬場を激走したあとの疲労という事で説明がつきますし
菊花賞、神戸新聞杯で見せたパフォーマンスは
世代トップクラスの力があることの証明とも言えます。

4歳馬が活躍している今年の重賞戦線の中なら
キセキの地力が物をいってきそうです。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ大阪杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。