【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではダービー卿チャレンジトロフィー2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

ダービー卿チャレンジトロフィーは安田記念を目標とする馬が
出走してくる中山の芝マイル戦です。


(写真は2017ダービー卿チャレンジトロフィー ロジチャリス)

ダービー卿チャレンジトロフィーは中山競馬場で行われるレースであるため
トリッキーなコース設計となっています。

それゆえに同じマイル戦でも安田記念との関連性が低く
例年、GIに繋がるような馬は出走してこないレースでもあります。

ただ、2015年にはモーリスがダービー卿を制覇するなど
大物が出現することもあるレースなので、見逃せません。

そんなダービー卿チャレンジトロフィーにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

マルターズアポジー 3.3倍
レッドアンシェル 3.9倍
グレーターロンドン 4.6倍
ヒーズインラブ 6.7倍
ディバインコード 7.8倍
テオドール 9.1倍
コールドサーベラス 10.4倍
ソルヴェイグ 11.2倍
ミュゼエイリアン 11.7倍
タイセイサミット 13.0倍
キャンベルジュニア 14.5倍
アデイインザライフ 17.4倍
ストーミーシー 18.8倍
ダイワリベラル 21.3倍
トーセンデューク 25.2倍
ミュゼエイリアン 26.0倍
アドマイヤゴッド 28.6倍
サンライズメジャー 33.1倍
ロジチャリス 42.1倍
クラリティシチー 52.2倍
クラリティスカイ 60.8倍
マイネルアウラート 74.1倍
ダノンプラチナ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

初重賞制覇を狙う レッドアンシェル

前走の京都金杯では1番人気を裏切って3着と敗れたレッドアンシェル

2歳時や3歳春シーズンでは体質の弱さを見せていましたが
徐々に体質が強化されて成績も安定してきました。

アーリントンカップ2着の実績もあり
G3レベルならいつでも勝ち負けが出来る能力があるだけに
そろそろ重賞初制覇を決めたいところです。

昨年のダービー卿勝ち馬 ロジチャリス

2017ダービー卿チャレンジトロフィーの勝ち馬であるロジチャリス

ダービー卿CTを勝利した後は2桁着順が続く
苦しい戦いが続いていますが
前走の東風ステークスでは8着に敗れたとはいえ0.4秒差

徐々に復調が見られており、得意の中山マイルで復活してもおかしくありません。

東風ステークスで復活を果たした ミュゼエイリアン

前走の東風ステークスでは久しぶりの勝利を果たしたミュゼエイリアン

毎日杯の勝ち馬でセントライト記念2着の実績は
今回のメンバーと比較しても決して見劣りません。

逃げ馬なだけに捕まってしまうと脆い点はありますが
ツボにハマれば激走出来そうです。

東京新聞杯では苦杯を舐めた ダノンプラチナ

安定した成績を残していたダノンプラチナですが
前走の東京新聞杯では11着と思わぬ大敗を喫してしまいました。

思ったようにレースを使えず、まだ消耗度は低いですが年齢は重ねているので、
毎回高いパフォーマンスを見せるのは難しくなってきていますが、
前走大敗で体力がある今の状態なら十分に戦えそうです。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだダービー卿チャレンジトロフィーの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。