【阪神大賞典2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【阪神大賞典2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは阪神大賞典2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

阪神大賞典は天皇賞春に向けての重要なステップレースです。


(写真は2017阪神大賞典 サトノダイヤモンド)

過去にはゴールドシップが3連勝するなどリピーターが活躍するレースとして
知られていますが、昨年から大阪杯がGIに昇格したことで
阪神大賞典に出走してくる馬はより適性の高い馬達となりそうで
馬券の方は適性重視での予想になりそうです。

そんな阪神大賞典にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

クリンチャー 武豊 2.0倍
アルバート 福永 4.1倍
サトノクロニクル 4.2倍
レインボーライン 岩田 6.3倍
トミケンスラーヴァ 17.1倍
カレンミロティック 19.4倍
スーパーマックス 22.9倍
ヤマカツライデン 32.6倍
シホウ 46.8倍
コウエイワンマン 76.7倍
ムイトオブリガード 116倍
サイモントルナーレ 236倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

鞍上に武豊を迎える クリンチャー

前走の京都記念ではレイデオロ、アルアインを破り
初重賞制覇を果たしたクリンチャー

今回の阪神大賞典では武豊騎手を鞍上に向かえて重賞連覇を狙います。
阪神大賞典が得意の武豊騎手が乗るのは心強い限りで
本気で天皇賞春を狙ってきている陣営の意気込みを感じるローテーションですね。

今年は飛躍を誓う サトノクロニクル

前走の有馬記念はさすがに荷が重かったのか9着と負けてしまったサトノクロニクルですが
2走前のチャレンジカップでは初重賞勝利を収めており
2018年は更なる飛躍を期待できる年になりそうです。

阪神大賞典の3000mは未知の距離となりますが
ハーツクライ産駒なので、距離が延びる点も魅力で
天皇賞春を狙う上で、ここは結果を出しておきたいですね。

今年こそ悲願のGIを狙う レインボーライン

昨年の秋のGIでは天皇賞秋で3着に入ったものの
ジャパンカップでは6着、有馬記念8着とあと一歩が足りなかったレインボーライン

追い込み一手の脚質であるため自分でレースを作れない弱さがありますが
ツボにハマった時の破壊力はGIでも十分に通用するレベルです。

今年は悲願のGI制覇に向けて阪神大賞典できっちりと結果を出したいところです。

10歳になっても走り続ける カレンミロティック

長距離重賞で結果を出してきたカレンミロティック

今年で年齢は10歳となるため、全盛時の力は望めませんが
昨年のアルゼンチン共和国杯では0.7秒差の5着と
重賞でも通用する走りを見せ続けています。

阪神大賞典はカレンミロティックが最も得意とする舞台で
メンバーレベルも落ちる今回は侮れない存在です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ阪神大賞典の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック