【スプリングステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【スプリングステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではスプリングステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

スプリングステークスはクラシック皐月賞のトライアルレースです。


(写真は2017スプリングステークス ウインブライト)

弥生賞と並んで格式の高いレースではありますが
本番となる皐月賞よりも距離が200m短い点
レース間隔が弥生賞よりも詰まっている点から
弥生賞と比較するとレベルが下がることが多いレースです。

ただ、このレースからオルフェーヴルやロゴタイプなどの名馬が生まれており
注目のレースであることには変わりはありません。

そんなスプリングステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ステルヴィオ 3.1倍
サトノソルタス 4.9倍
ルーカス 8.2倍
エポカドーロ 9.7倍
ゴーフォザサミット 12.0倍
マイネルファンロン 13.9倍
レノヴァール 14.9倍
ハッピーグリン 16.4倍
ビッグスモーキー 16.8倍
ライトカラカゼ 20.6倍
バールドバイ 21.0倍
カフジバンガード 25.2倍
コスモイグナーツ 68.4倍
フォルツァエフ 102倍
エトナ 126倍
サトノフェイバー(出走回避:皐月賞直行の予定)
ファストアプローチ(出走回避)
ライラックカラー(出走回避)倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

GI2着の実績がある ステルヴィオ

前走はダノンプレミアムに完敗したものの
自慢の末脚を見せつけて2着に食い込んできたステルヴィオ

サウジアラビアロイヤルカップでも見せたように
とにかく最後の直線での末脚は一級品の馬。

スプリングステークスが行われる中山芝1800mという
直線の短いコースでステルヴィオの持っている末脚が炸裂するかは
不安要素ではありますが、能力の高さは折り紙付きで
皐月賞を走るにあたって無様な競馬は出来ません。

オルフェーヴル産駒の エポカドーロ

前走のあすなろ賞は逃げて圧勝したエポカドーロ
デビュー戦こそ3着に敗れましたが、その後は逃げて2連勝。

オルフェーヴル産駒という事でまだまだ伸びしろがありそうで
相手が一気に強くなるスプリングステークスでも十分に戦えそうです。

未知の魅力に溢れる サトノフェイバー

きさらぎ賞史上初のキャリア1戦での勝利という偉業を成し遂げたサトノフェイバー

逃げたサトノフェイバーにとって、恵まれた展開とはなりましたが
その中でもしっかりと逃げ勝った点はサトノフェイバーの能力の証明だと言えます。

今回のスプリングステークスはさらに強い相手との戦いになりますが
ここで好走するようなら皐月賞、日本ダービーが見えてきます。
(故障により出走回避)

毎日杯と両にらみの ファストアプローチ

前走のシンザン記念こそ4着に敗れましたが
もともとスタミナで勝負するタイプなだけに
京都競馬場の重賞での結果は仕方のないところです。

今回はタフさが求められる中山競馬場での競馬となるので
ファストアプローチの力を見せられる舞台へ替わります。

前走から一変した姿をみたいですね。
(出走回避)

1戦1勝での重賞制覇を狙う ライラックカラー

東京での新馬戦を勝利して重賞制覇を目論むライラックカラー

2着馬とはクビ差で大差をつけたわけではないのですが
父ルーラーシップ、母ルルパンブルーという筋の通った血統であれば
大物食いを果たす可能性も十分にありそうです。

賞金面からもまずは出走を果たしたいですね。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだスプリングステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック