AJCC2018枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018AJCCの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたAJCCでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

最近チラホラと「シンギュラリティ」について話す人が多くなってきましたね。

ちなみに「シンギュラリティ」とはAI(人工知能)が
人間の知能の総和を超える境の事をいいます。

ちなみにシンギュラリティを迎えるとどうなるのか?

という事をざっくりというと

「技術の発展がめっちゃ速くなります」

例えば、太陽光発電の技術が超スピードで開発されれば
原発や火力、水力に頼らず超低コストで電力を確保することが出来ます。

また、栽培技術が超スピードで進化していけば
狭い場所でたくさんの作物を栽培することが出来ます。

これによってエネルギーや土地といった資源の必要性がドンドン薄れていって
電気料金や作物の価格が限りなく0に近づいていきます。

最終的にはコストフリーになって
人間が働かなくてもいい時代に突入する

そんな未来が待っていると言えます。

仕事もしなくていいし、遊んで暮らしていればいい
それが人間の生活になると思いますが
この段階まで到達するにはちょっと時間がかかりそうです。

その間、仕事が奪われていったり
お金が一極集中したりとデメリットもたくさん出てきますが
この流れは止められないので、悲観的に考えず、楽しみましょう。

行き着く先が同じであれば、ポジティブに考えた方が楽しいですよ。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】

の実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信
アメリカJCC(G2)・鉄板3点勝負

プロが「絞って30倍も狙える」
と分析した穴馬が出走!

AJCCの3点を見る方法

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、AJCCの枠順が確定しました。

昨年の覇者であるタンタアレグリアは事前に出走を回避しましたが
有馬記念勝ち馬ゴールドアクターや昨年の菊花賞で人気になった
ミッキースワロー、ダンビュライトが出走を予定しており楽しみな1戦ですね。

そんなAJCCの枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずAJCC(中山芝2200m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・キャリアのあるベテラン勢が優勢なレース

・先行力のある馬が有利

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きたいのですが
今年のAJCCは11頭立てと少頭数で行われます。

それにより枠順の有利不利はそれほど大きな影響を与えづらく
個々の能力と舞台適性が物を言いそうなレースになる点を
前提として話していきたいと思います。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

3枠3番 ミッキースワロー

AJCCと同条件であるセントライト記念を勝った
ミッキースワローは3枠3番に入りましたが
競馬をしやすいところに入れましたね。

セントライト記念は5番枠での競馬で
道中は内でじっと脚を溜めながら
直線で外に出して伸びるという競馬を展開しました。

今回は少頭数の3番枠という事で
セントライト記念と同じような競馬が出来そうです。

勝負どころでの反応が鈍い面もあり
スピード勝負、瞬発力勝負になるよりも
力の勝負になりやすい今回の舞台は良いですね。

 

5枠5番 ゴールドアクター

宝塚記念以来の出走となるゴールドアクターは
5枠5番という枠に収まりました。

久々に好走した宝塚記念や昨年の有馬記念などを見ていると
スタミナを武器としながら、距離ロスのない競馬をした方が
高いパフォーマンスを発揮できる傾向にあるので
今回の5番枠は合格点だと言えます。

舞台適性も問題なく、地力も上位の存在。
あとは秋にレースを使えなかったように順調さを欠いた
ゴールドアクターがどこまで復調しているか
という状態面の問題となりそうです。

 

6枠7番 ダンビュライト

前走のサンタクロースステークスで久しぶりの勝利を飾った
ダンビュライトは6枠7番に収まりました。

ダンビュライトは瞬発力がなく、スタミナ勝負を武器とする馬です。
前走も外々を回って押し切った競馬だった事からもわかる通り
今回は入った7番枠は全く問題ないでしょう。

勝ち味に遅い点はありますが、
GI出走の為に賞金を重ねたい陣営からすれば
AJCCでの本気度は高いと言えますね。

 

1枠1番 レジェンドセラー

前走のオリオンステークスでは1番人気に応えて勝利を収めた
レジェンドセラーは1枠1番と最内枠を引きました。

父ルーラーシップに母父スペシャルウィークという
スタミナ色の強い血統で瞬発力勝負となりづらい今回の舞台は歓迎。

そして、今回は少頭数の競馬で馬群に揉まれる心配はなさそうですし
距離ロスなく競馬を進められる最内枠はプラス要素だと言えます。

 

2枠2番 トミケンスラーヴァ

古都ステークス、万葉ステークスと先手を奪っての
押し切り勝ちを収めているトミケンスラーヴァは
2枠2番という好枠に収まりました。

近走は前にいって好成績を収めているので
今回の2番枠であれば、逃げを打つことが想定されます。

あとは同型のマイネルミラノ、先行するであろうダンビュライト、レジェンドセラーの
圧力をどう交わすかが焦点となりそうですね。

 

7枠8番 ショウナンバッハ

近走安定した追い込みを見せているショウナンバッハは
7枠8番に収まりましたが、この枠順は特に関係なさそうです。

毎回のように最後方待機から直線でズドンという競馬を見せているので
AJCCでも同じ戦法に拘ってくるでしょう。

今回は絶好調戸崎騎手がショウナンバッハの手綱をとるので
近走以上のパフォーマンスを見せてくることはありそうですね。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは逃げ馬の出方です。

今回は頭数も少ないですが、逃げもしくは先行馬が多く
ペースが落ち着かない可能性があります。

人気がないであろうマイネルミラノ、トミケンスラーヴァはそれほどマークされなさそうですが
3番手グループでレースを伺うであろうダンビュライト、レジェンドセラーを
他の有力馬がどのくらいマークしてくるかで結果は変わってきそうです。

展開をどのように読むかで結果は大きく変わってきそうですね。

 

まとめ

2018AJCCで良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 トミケンスラーヴァ

3枠3番 ミッキースワロー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

今年のAJCCは無理な穴狙いは禁物ですね。

 

私が2018AJCCで注目している馬は
今回の条件で力を発揮してくれそうなあの人気馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『トップシークレット』では先週の日経新春杯を

◎ロードヴァンドール
○パフォーマプロミス

の1点勝負で仕留めました。

来週の競馬は“AJCC”と“東海ステークス”

トップシークレットでは、今週無料会員に登録してくれた人に
重賞予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。