伝統のGI天皇賞春の舞台|京都芝3200mデータと攻略法

Pocket

ここでは日本一伝統のあるGI天皇賞春の舞台である
京都芝3200mのデータ・傾向を基に
攻略法や馬券戦略などをお話します。

 

一年で春と秋の2回開催される天皇賞ですが
より重厚なレースが『天皇賞・春』です。

以前は世代を代表する最強馬が最強を証明するレースでしたが
近年は圧倒的人気だったオルフェーヴルやゴールドシップが
敗北するなど荒れるレースとして知られています。

 

舞台は京都芝3200m

 

通常のレースでは行われない舞台で天皇賞・春1回のみ
当然データは少ないのですが、伝統あるGIの舞台なので
出来る限り、京都芝3200mの傾向を掴んでおきましょう。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

京都芝3200mラップ別成績

これを見てわかるように京都芝3200mで行われるレースは
天皇賞・春しかありません。
1年に1回の舞台、これが荒れる最初の要因でしょうか。

ペースとしては最初の1400m、つまり一週目のスタート地点までは
11秒台でラップが流れますが、そこからペースダウン
残り800m、つまり2週目3コーナーを登って下る地点でペースアップ
そのまま直線404mをなだれ込むというコースになっています。

 

まず脚質別の成績です。

京都芝3200m脚質別成績

データが少ないので有効性は薄い面がありますが
追い込み一手が届かない事がわかります。

GIということで各馬早めの仕掛けをする点や
長丁場という事もあり、末脚勝負で挑む馬には厳しい傾向が出ています。

上りタイムは36秒弱かかるので
スタミナも重要ですね。

 

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

京都芝3200m枠順別成績

この少ないデータの中でも1枠2枠の成績の良さは目を引きます。

京都競馬場の芝コースは絶対的に内枠有利
長丁場でコースを何回も回ることからロスを少なく走る事は基本戦略

下り坂を降りる時も膨れて距離ロスしないような内枠には注目が必要です。

 

続いて、種牡馬別の成績

京都芝3200m種牡馬別成績

このデータの少なさでは傾向を掴めませんが
マイネルキッツ、ジャガーメイル、ビートブラックなど
サンデーサイレンス系の一線級種牡馬はさほど活躍できていません。

特にディープインパクト産駒は過去にキズナが1番人気で負けているように適性は向かず苦戦傾向です。
マイナーな種牡馬でも無視が出来ないレースですね。

 

騎手別の成績も載せてみました。

京都芝3200m騎手別成績

これも参考外ですが、勝利騎手の勝率を見てみると
1番人気が不振であることがわかります。

長丁場は騎手の力が問われる舞台ですが
馬自身が力を発揮できない場合がある事は頭に入れておきたいところです。

 

最後に人気別の成績を載せてみました。

京都芝3200m人気別成績

過去5年間1番人気は3着にも入れていない惨憺たる成績です。

2,3,4番人気はしっかりと着に絡んでいますが
12番人気、14番人気が勝利、16番人気も3着と
波乱の傾向が見て取れます。

実力馬が素直に実力を出せないレースであると言えます。

 

以上が特徴となります。

 

まとめ

京都芝3200mは天皇賞・春しか行われいないので
統計上優位なデータは取れませんでしたが
オルフェーヴル、ゴールドシップなどが敗北した舞台

人気や実績だけで判断せずに
枠順や脚質などを慎重に考えて検討していきましょう。

 

今週の重賞で私が注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。