【金鯱賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【金鯱賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは金鯱賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

金鯱賞は2016年まで12月に行われていた重賞レースで
昨年から3月に開催が変わりました。


(写真は2017金鯱賞 ヤマカツエース)

金鯱賞はタフさが求められる中京芝2000mでのレースという事で
昨年新設されたGI大阪杯のステップレースと位置付けられています。

大阪杯が阪神競馬場芝2000mで行われているレースなので
天皇賞春の舞台が合わないと感じている馬にとっては絶好の場です。

それだけに2018年の金鯱賞には例年以上に豪華メンバーが集結しそうです。

そんな金鯱賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

スワーヴリチャード 2.1倍
サトノダイヤモンド ルメール 2.8倍
メートルダール 6.9倍
トリオンフ 7.3倍
ヤマカツエース 11.7倍
ブレスジャーニー 13.2倍
ダッシングブレイズ 15.7倍
サトノノブレス 22.6倍
デニムアンドルビー 26.7倍
タイセイサミット 48.5倍
キンショーユキヒメ 53.1倍
アクションスター 125倍
デルマサリーチャン 146倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

日本競馬界の主役を担いたい サトノダイヤモンド

昨年は天皇賞春で激走した影響もあり、フランス遠征で成績を残せず
悔しい一年を過ごしてしまったサトノダイヤモンド

3歳時には菊花賞を圧勝して、有馬記念ではキタサンブラックを破っているように
日本競馬界の主役を担えるだけの能力を持った馬です。

今回の金鯱賞は久しぶりの競馬、惨敗後の競馬と
難しい条件になりますが、現役最強を目指すサトノダイヤモンドにとって
無様な競馬は見せられないところです。

悲願のGI制覇を狙う スワーヴリチャード

前走の有馬記念では枠順や展開の不利もあり4着に敗れてしまったスワーヴリチャード

昨年はアルゼンチン共和国杯と共同通信杯を勝利しており
日本ダービーでも2着に入ったことから
GIを獲るだけの能力があるのは誰もが認めるところです。

ハーツクライ産駒の成長力を味方につけて、今年はGIを狙います。

復活の兆しを見せている ブレスジャーニー 

前走の有馬記念こそ条件が合わず、12着と大敗してしまったブレスジャーニーですが
チャレンジカップでは3着に入り、復調を印象付けてくれました。

今回は有馬記念から距離が短縮されることはブレスジャーニーにとってはプラス要素で
2歳時に東スポ杯2歳ステークス、サウジアラビアロイヤルカップと
重賞を連勝した能力が開放されれば、今回の相手でも互角に戦う事は可能です。

長期休み明けを叩いて上昇しそうな ダッシングブレイズ

前走の小倉大賞典では長期休み明けでの出走となりながらも
僅差の4着としっかりと走って見せたダッシングブレイズ

今回の金鯱賞は休み明けを叩いての2戦目という事で
上昇が見込めますが、相手は一気に強くなります。

立場としてはチャレンジャーの立場ですが
近走の充実ぶりからすれば一角崩しは十分に可能な馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ金鯱賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。