【弥生賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【弥生賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは弥生賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

弥生賞は皐月賞に向けた最重要トライアルレースです。


(写真は2017弥生賞 カデナ)

弥生賞が行われる条件は中山競馬場芝2000m

皐月賞と同じ舞台で行われるレースであるという点と
皐月賞まで間隔が空いた時期に行われるレースであるという点から
皐月賞の最重要ステップレースとして位置付けられています。

2018年のクラシックを占う上で大注目のレースですが
そんな弥生賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダノンプレミアム 2.0倍
ワグネリアン 2.8倍
オブセッション 4.2倍
ジャンダルム 14.4倍
サンリヴァル 14.8倍
リビーリング 24.3倍
アサクサスポット 59.2倍
アイトーン 73.1倍
トラストケンシン 81.0倍
ニシノトランザム 127倍
アラウンドオ 267倍
へヴィータンク 312倍
ジェネラーレウーノ(出走回避)
ダブルシャープ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

2018年クラシックの主役候補 ワグネリアン

レベルの高いと言われている3歳世代において
ナンバーワンの力を持っていると噂されているワグネリアン

東スポ杯2歳ステークスでは評判の高かったルーカスを子ども扱いする圧勝。

ワグネリアンは父親であるディープインパクト産駒に来た鋭い瞬発力を持っており
弥生賞を完勝すれば早くも3冠馬も視野に入れられるくらいの実力馬です。

弥生賞でどんなレースをするのか、注目ですね。

京成杯を完勝した ジェネラーレウーノ

前走の京成杯では前に行く馬にとって辛い流れになりながらも
2番手から抜け出して完勝したジェネラーレウーノ

ジェネラーレウーノはもともと逃げ馬ですが、スピードで飛ばすタイプではなく
前に行って豊富なスタミナで最後まで粘り込むタイプの馬なので

瞬発力のあるサンデー系種牡馬の子供たちとは違う武器を持っている点は強みです。

皐月賞へ直行する可能性もありますが、どこまでやれるのか注目です。

ホープフルステークス2着の ジャンダルム

前走のホープフルステークスでは勝ち馬タイムフライヤーには完敗したものの
直線でしっかりと脚を伸ばして地力を証明したジャンダルム

デイリー杯2歳ステークスでは内を突いて伸びる器用さと勝負根性を見せており
どんな競馬にも対応できる点はジャンダルムの強みです。

今回は強い相手との戦いとなりますが、ここでジャンダルムの真価が問われそうです。

ディープインパクト産駒の オブセッション 

東の名門である藤沢厩舎から送り出されるオブセッション

前走のシクラメン賞では阪神まで遠征をしてのレースでしたが
上がり3ハロンのタイムは33.5秒と2位に0.9秒差をつけている圧勝を収めました。

実績は足りませんが、血統・厩舎は既に重賞級と言えますし
何より前走の勝ち方が重賞で通用する能力を示したと言えます。

相手は強くなりますが、楽しみな一戦です。

地方からの叩き上げホース ダブルシャープ

ダブルシャープ前走の京成杯は鞍上の騎乗ミスといえるくらい
厳しい内容の競馬だったので7着に負けたのは仕方がありません。

瞬発力勝負になると厳しい面は出てきてしまいますが
札幌2歳ステークスで3着に入っているように
タフな流れからの持久力勝負なら上位を伺える存在です。

弥生賞でも流れが向けば、一角を崩せる存在です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ弥生賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック