【根岸ステークス2018】過去10年のデータ分析|追い込み馬が優勢なレース

Pocket

2018根岸ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
根岸ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、会社の飲み会とかにはあまり参加しないMOTOです。

もともとお酒が強くないという事もあり
飲み会は好きじゃないのですが
今まででいちばん下らないと思った飲み会は

「人の悪口ばっかり言っている飲み会」

です。

始まってから誰かの悪口を言い始めて
途中で一人帰ったら、今度はその人の悪口を言い始めて

「いったい、何がしたんだろうな、この人達」

と思ってしまいました。

若い時は「酒の付き合いは大事」みたいな
訳の分からない価値観に洗脳されていたので
無理矢理行っていましたが、今はそういう会には行きません。

自分にとって得るものがないですからね~

得るものがある人達とだけ飲み会は行くようにしています。

もし、私と同じように飲み会が苦手という方は
思い切って一度断って見てください。

いずれ誘われなくなりますし
別に仕事にも影響がありませんから。

 

さて、今週は根岸ステークスが行われます。


(2017根岸ステークス カフジテイク)

フェブラリーステークスの前哨戦として行われるレースですが
フェブラリーステークスが1600mで行われるのに対して
根岸ステークスは1400mで行われるレースで
本番とリンクしづらい側面があるレースです。

また、1600mはちょっと長いということで
フェブラリーステークスを無視して根岸ステークスに全力投球してくる馬もおり
馬券的には一筋縄ではいかないレースとなっています。

そんな予想し甲斐のある根岸ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

根岸ステークス出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

根岸ステークス2018に出走を予定しているメンバーの全頭評価(動画含む)は
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

根岸ステークス2018全頭評価はコチラ

 

根岸ステークス過去10年のデータ分析

先行馬受難!追い込み馬が圧倒的に有利なレース

まず、最初に注目したのは根岸ステークスの脚質別成績です。
以下は根岸ステークスでの上がり3ハロン順位別成績です。

上がり3ハロン1位だった馬の複勝率が81.9%
上がり3ハロン2位だった馬の複勝率が88.9%

と上がりの脚が速い馬が軒並み上位に入っている事が分かります。

根岸ステークスが行われる東京ダート1400mという舞台は
息が入らない展開になることが多く
先行馬の脚が止まり、差し馬が上位に入りやすい条件です。

そして根岸ステークスはこの条件での重賞という事もあり
レースが激しくなりやすく、差し・追い込み有利によく拍車をかけています。

普通、GI前のトライアルレースではペースが落ち着く場合が多いのですが
根岸ステークスの場合は適性上、フェブラリーステークスを諦め
根岸ステークスに全力投球してくる馬が多いのも
レースが激しくなる要因だと言えますね。

 

念のため、根岸ステークスにおける4コーナーでの順位別成績もみておきましょう。

4コーナーで10番手以下にいた馬の成績が異様に良い事が分かります。

根岸ステークスはダートレースですが、差し・追い込み馬を狙いたいですね。

 

タフなレースは馬格があって、若い馬を狙え!

次に根岸ステークスでの馬体重別の成績を見てみましょう。

ダートでのレースはパワーを要求されるので
一般的に500kgを超える大型馬が強いのですが
根岸ステークスでも同じような傾向が出ています。

脚質のところもでも話した通り、根岸ステークスは激しい流れになることが多いので
馬格が大きく、パワーを備えている馬を狙うというのは定石となりますね。

 

また根岸ステークスにおける年齢別の成績を見てみます。

4歳馬と5歳馬が好成績を残しており
6歳以上となると成績が下降していることが分かります。
(8歳は複勝率だけはいいですが)

タフな競馬でスタミナ・スピードなどの総合力を問われるレースになるので
能力が下降気味のベテラン勢よりもピークを保っている若い馬の方が
根岸ステークスの舞台に対応できている点は無視できませんね。

 

前走で凡走している馬は好走できないリズム重賞

最後に根岸ステークスの前走着順別成績を見てみましょう。

前走で勝利した馬の複勝率は31.7%と安定した成績を残しており
複勝回収率も100%を超えています。

対して、前走で6着以下に負けた馬について見てみると
10%を下回る複勝率と20%台の複勝回収率と全く走れていません。

位置的にはフェブラリーステークスの前哨戦ではありますが
根岸ステークスを目標に出走してくる馬が多いレース
しかもタフなレースになるので、調子の悪い馬は活躍できていないことが分かります。

“凡走した馬を穴としてねらっていく”

という戦法は効率が悪い事が分かります。

 

以上が2018根岸ステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

根岸ステークスはフェブラリーステークスの前哨戦ですが
例年、激しいレースが行われており

“差し比べの競馬になる傾向があります”

狙うのは全体的に消耗度合いの低い若駒
もしくは馬体が大きくパワーに溢れた馬

この条件に合わせて軸馬を選んでいくといいでしょう。

 

私が根岸ステークスで注目しているのは
後方からの差し脚に定評があるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG3“根岸ステークス”

競馬セブンは根岸ステークスで確勝級と言われている馬の情報を手に入れています。

その馬以外にも

「フェブラリーSは眼中にない!とにかくここを勝つために目イチの仕上げで挑む」

という情報の馬も掴んでおり、かなり的中率の高いレースだと断言しています。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの根岸ステークス3点の買い馬券も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━