【きさらぎ賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【きさらぎ賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではきさらぎ賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

きさらぎ賞は3歳牡馬のクラシックを占う意味で重要なポジションを占めるです。


(写真は2017きさらぎ賞 アメリカズカップ)

以前のきさらぎ賞はクラシックのとのつながりが浅かったレースですが
近年はサトノダイヤモンド、トーセンラーなどのGI馬を輩出しており
(オルフェーヴルは3着に負けましたが、その後GI勝利)
ルージュバック、ワールドエース、リーチザクラウンなどGI級の馬を輩出しています。

2018年のきさらぎ賞でも未来のGI馬が誕生することを期待したいですね。

そんなきさらぎ賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダノンマジェステイ 1.9倍
カツジ 5.6倍
レッドレオン 8.7倍
グローリーヴェイズ 8.9倍
サトノフェイバー 12.3倍
エポカドーロ 13.6倍
ニホンピロタイド 16.2倍
ノーブルカリナン 18.4倍
オーデットエール 19.6倍
ラセット 23.9倍
スラッシュメタル 24.7倍
メイショウヒサカタ 43.0倍
カクリョウ 76.2倍
スーサンドン 96.5倍
トーセンスーリヤ 125.2倍
レーツェル(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

圧巻の新馬戦を見せた ダノンマジェスティ

単勝オッズ1.4倍という圧倒的な人気の応えて新馬戦を勝ったダノンマジェスティ

新馬戦は前が残る流れをあっという間に差し切ったように
ディープインパクト産駒らしい瞬発力を武器とした馬です。

今年はダノンプレミアムやダノンフレッシュなど大物が出走している
ダノン勢の中でも大物感が漂っている馬で、
ここを勝てば、ダノンプレミアムのいいライバルとなりそうです。

ディープインパクト産駒の レッドレオン

新馬戦はミルコデムーロ騎手を背にして快勝したレッドレオン

稍重馬場に加えて、前に行く馬に厳しい流れではありましたが
きっちりと完勝するあたりは高い地力の証明でもあります。

今回は素質の高いディープインパクト産駒が多く出走しますが
ここを制するようなら一気にGIへの道が開けそうです。

重賞2着の実績がある カツジ

前走のデイリー杯2歳ステークスで2着に入ったカツジ

デイリー杯2歳ステークスは勝ち馬のジャンダルムが
次走ホープフルステークスで2着
3着のケイアイノーテックが次走朝日杯フューチュリティステークスで4着
とかなりレベルの高いレースになっており
2着に入ったカツジも十分の力を持っている事が分かります。

名前は個性的ですが、ディープインパクト産駒という事で血筋もよく、
きさらぎ賞は力を証明したいレースですね。

重賞の壁に跳ね返された スラッシュメタル

新馬戦では強い競馬を見せたスラッシュメタルですが
その後に出走した京都2歳ステークス、京成杯では共に8着と惨敗しています。

今回も重賞への出走を予定しているという事は陣営の期待の高さの現れ。
近2走では全く結果が出ていませんが
ここで生まれ変わる可能性は捨てきれません。

福島競馬場で2戦2勝の レーツェル

新馬戦、きんもくせい特別と福島競馬場のレースで連勝しているレーツェル

福島競馬場しか経験がない点、牝馬である点など
気になる点はありますが、
牡馬混合のレースで勝利した前走のきんもくせい特別は評価出来る内容で
今回のきさらぎ賞で互角以上に戦っても不思議ではありません。
(出走回避の予定)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだきさらぎ賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック