【AJCC2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2018AJCC】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではAJCC2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

AJCCは毎年の年初めに行われる名物重賞レースです。


(写真は2017AJCC タンタアレグリア)

舞台は中山芝2200mという中山の非根幹距離

スピードよりもパワー・スタミナが問われる舞台で
有馬記念で好走した馬がそのまま活躍する傾向にあるレースです。

今年は有馬記念からAJCCに向かう馬はいるのか?

AJCCにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ミッキースワロー 2.5倍
ゴールドアクター 2.8倍
ダンビュライト 5.9倍
レジェンドセラー 8.8倍
トミケンスラーヴァ 9.2倍
ブラックバゴ 岩田 11.7倍
マイネルミラノ 16.4倍
トーセンビクトリー 25.4倍
ショウナンバッハ 26.3倍
シホウ 27.1倍
マイネルディーン 48.9倍
ディサイファ 53.2倍
タンタアレグリア(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

武豊とコンビを組む ゴールドアクター

昨年の宝塚記念2着の実績を残しながら
秋は出走が叶わなかったゴールドアクター

今回のAJCCでは新コンビ武豊騎手と出走する予定で
ゴールドアクターの新味が出るかどうか期待が膨らみます。

持っている力を出せれば、勝ち負け出来る馬であるだけに
2018年GIを獲る上で無様な競馬は出来ません。

菊花賞では馬場に泣いた ミッキースワロー

昨年秋のセントライト記念では皐月賞馬アルアインを破り
一気に菊花賞候補となったミッキースワローですが
菊花賞は思わぬ不良馬場で痛恨の敗戦。

今回も馬場はまだ分かりませんが、同舞台であるセントライト記念の勝ちっぷりから
良馬場でレースが出来れば、かなり高いパフォーマンスを発揮してくれそうです。

GIを勝つためにはここは負けられない1戦です。

立ち回り勝負が得意な トーセンビクトリー

有馬記念14着、エリザベス女王杯10着と
GIの大きな壁に阻まれてしまったトーセンビクトリー

トゥザワールド、トゥザグローリーと兄弟ではありますが
タイプが違う馬で、本来であればもっと軽い条件で走りたい馬。

タフな中山芝2200mでは苦しいかもしれません。

中山金杯は惜しい競馬だった ブラックバゴ

前走の中山金杯では追い込んで4着と内容のある競馬を見せたブラックバゴ

3走前のオールカマーこそ10着と大敗しましたが
アンドロメダステークス、五稜郭ステークスで勝利を収めるなど
近走は好調をキープしています。

3歳時に京成杯で2着に入っているように
中山コースなら重賞でも戦える馬であるだけに
今回もAJCCでも一発がありそうです。

堅実なベテラン タンタアレグリア

日本ダービーで全く来ていないのになぜか
フジテレビの青島アナウンサーに「タンタアレグリア蛯名ァ」と
叫ばれたことで有名になったタンタアレグリア

青島アナウンサーの迷実況とは別に
近走は休み休みレースを使いながら
しっかりと成績を残しており、安定感は抜群です。

今回も間隔が相手の出走となりますが
タフさのないゼンノロブロイ産駒で休み明けの方が走るうえに
AJCCは昨年も勝利しており、舞台適性もあるので
当然、2018AJCCでも侮れない存在です。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだAJCCの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。