【ホープフルステークス2017】トラインは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2017ホープフルステークスに出走を予定している
トラインが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

前に一度読んだことがあるのですが
いま改めて「カイジ」を読んでいます。

ギャンブル系の漫画はたくさんありますし
奇想天外な発想のゲームはたくさん作られていますが
「カイジ」は独特の雰囲気を持っていて面白いです。
(間延び具合が半端ないのは残念ですが…)

「カイジ」にはいろいろな名言が出てきますが
私が「おっ」と思った名言をひとつ紹介しておきましょう。

と、これは冗談です。

 

こっちでしたね。

 

ホープフルステークスで切るべき人気馬

さて、今週はホープフルステークスが行われます。


(写真は2016ホープフルステークス レイデオロ)

今年からGIに昇格して注目度が高いレースですし
GIになって1回目、そして2017年最後のGIとあって
是非とも当てたいレースです。

しかし、今回はGIに昇格してメンバーが揃ったこともあり
買う馬と切る馬の選定が難しいところです。

そんな時こそ有力馬を切っていき、馬券を絞る作業をしたいところですね。

そこで、ここでは2017ホープフルステークスにおいて
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2017ホープフルステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

トライン

です。

 

トラインは日本競馬界のトップであるディープインパクト産駒

キャリアこそ1戦1勝ですが
その新馬戦では逃げたにも関わらず、最後の直線では上がり最速の末脚を使い
後続に3馬身差の差をつけて圧勝したことからも
間違いなく高い能力を秘めた馬です。

まだまだ成長の余地がありそうな馬で
今回のホープフルステークスでも人気に支持されそうな馬ですが
なぜ、トラインが馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

ホープフルステークスのコース分析

ホープフルステークス2017のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

ホープフルステークス2017のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

トラインの不安要素

新馬戦で逃げという手を打っている点

トラインは新馬戦を逃げ勝っていますが
「逃げ」という戦法は諸刃の剣である戦法です。

競馬をする上で最も勝つ確率の高い脚質が「逃げ」なのですが
それだけに逃げは経験値を積むことが出来ません。

まず、馬群に揉まれるという経験が出来ていません。

競馬は複数の馬で走る訳ですから
他馬との接触があったり、自分が取りたい進路を力で確保したり
とレースの駆け引きがあります。

そういったやりとりを行った上で勝つ馬が本当に強い馬だと言えるのですが
トラインの新馬戦は逃げて勝ったので、揉まれるという点での経験値は0。

これは大きなデメリットだと言えます。

次に気持ちをコントロールするという経験が出来ていません。

競馬において折り合いが大切だという事は良く言われる事ですが

前に行きたい気持ちを抑えてポジションを確保して
最後の直線で末脚を爆発させる

という形が好走する馬の基本となっていますが
トラインは新馬で逃げてしまったので、その経験が出来ていません。

今回のホープフルステークスでは、新馬戦よりも相手が強くなり
より速いスピードを持った馬達が出走します。

そういった馬に囲まれたときに、自分の持っているスピードのまま
逃げをうつというのはかなりリスクの高い戦法となり
折り合いをつけてレースが出来なかったという点はデメリットとなります。

 

適性が高い舞台から適性の低い舞台へ

トラインはディープインパクト産駒であるという話をしましたが
ディープインパクト産駒はスピードが豊富な馬が多い種牡馬です。

今回出走するホープフルステークスの舞台である中山芝2000mは
スピードよりもパワーやスタミナのある馬が好走する舞台です。

そして、トラインが新馬戦で勝利した京都芝1800mは
スピードがある馬が好走する舞台となっています。

スピードがある馬が活躍できる京都芝1800mから
スピードがある馬が活躍しづらい中山芝2000mへの舞台替わりは
トラインにとってマイナスに作用する確率が高く
新馬戦よりもパフォーマンスを下げてくる可能性が高くなります。

ディープインパクト産駒でもパワーやスタミナに優れた馬がいるので
トラインがスピードに寄った馬であると断言する事は出来ませんが
新馬戦で見せたレースぶりを見る限りではスピードタイプ馬である確率が高く
今回のホープフルステークスではマイナスの舞台替わりとなりそうです。

 

以上、2つの理由から

2017ホープフルステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

トライン

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

過去のホープフルステークスで好走した馬のデータを見てみると
新馬戦や未勝利戦から直行した馬が活躍しているので
そのデータと照らし合わせるとトラインにも十分にチャンスがあるように見えます。

しかし、ホープフルステークスは今年からGIに昇格しているので
出走メンバーの質も変わってきており
今まで通りに新馬、未勝利経由の馬が活躍するとは判断出来ません。

トラインが新馬戦で見せたレース振りを見る限りでは

今回は期待よりもリスクの方が大きい

と言え、ホープフルステークスでは危険な人気馬となりそうです。

トラインを外して馬券勝負したいですね。

 

2017ホープフルステークスで私が注目している馬は
今回の舞台にフィットしていると思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第34回 ホープフルS(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ホープフルSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━