ホープフルステークス2017枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017ホープフルステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたホープフルステークスでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年は有馬記念の後にホープフルステークスが控えています。

しかもGIという事で、有馬記念が一年で一番最後に相応しいんだから
プログラムをいじってくれるなよ!

と、頭の固い私は思っていましたが
実際に有馬記念を外してしまったので、なんだかありがたい気持ちです。

「例年は有馬記念の屈辱は東京大賞典で晴らす!」

というのが合言葉だったのですが
今年に関しては

「例年は有馬記念の屈辱は
ホープフルステークスか東京大賞典で晴らす!」

とスローガンが変わりました。

どっちかをしっかりと当てて、勝ち逃げして2017年を終了させたいですね。

という事でホープフルステークスの話をしていきます。

 

ホープフルステークスの枠順が確定しました。

東スポ杯2歳ステークスで2着だったルーカスが出走回避となったのは
残念な限りですが、GIという事で今までとは違うメンバーが集まってきました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずホープフルステークス(中山芝2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利のレース

・パワー適性が必要でサンデー系種牡馬は苦戦

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の木曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

ちなみに今回枠順が発表されましたが、
ホープフルステークスはデータからは枠順の有利不利がありません。

ただ、先行馬が有利というデータがありますので
その点を踏まえて各馬の枠順評価をしていきたいと思います。

8枠15番 ジャンダルム

メンバー中、唯一の重賞勝ち馬で格的には一番上の存在である
ジャンダルムは8枠15番という外枠に収まりました。

過去2戦はマイルで競馬をしており、新馬戦は道中3番手、
デイリー杯2歳ステークスでは道中5番手で競馬をしている事から
今回も前で競馬をしたい馬だと言えます。

好位のポジションを狙うにあたって外枠は有利ですが
距離ロスは多少被ってのレースになりそうです。

マイルしか経験していない馬が
タフな2000mに替わり、加えて外を回らされたときに
ジャンダルムがどれだけのパフォーマンスを見せてくるのか?

という点が注目ですね。

 

4枠7番 タイムフライヤー

前走の京都2歳ステークスでは圧倒的な人気に支持されながら
勝つことが出来なかったタイムフライヤーは4枠7番に収まりました。

枠順としてはまずまずの位置に入ったと言えます。

タイムフライヤーは過去4戦していますが
10頭以下での競馬しか経験がありません。

17頭立て(実質は16頭立て)となる今回のホープフルステークスでは
多頭数替わりをどのように捌くかが焦点となります。

ハーツクライ産駒の特徴としては馬群を割る根性を持った馬が多いので
内枠に入ることはマイナス要素とはなりませんが
勝負どころでの反応が遅い馬が多いので内枠で反応が遅れると
馬群に飲まれる可能性があり、外枠だと大きく外に振られる可能性が高くなります。

極端な内枠や外枠は避けたかったところなので
今回の7番枠はタイムフライヤーにとってまずますの枠だと言えるでしょう。

 

5枠9番 サンリヴァル

重賞経験こそないものの今回と同じ条件のオープン特別
芙蓉ステークスを圧勝したサンリヴァルは5枠9番に入りましたが
欲を言えば、もう少し内枠に入りたかったですね。

前走、前々走共に番手での競馬をしており
機動力を持ち合わせた馬です。

本来であれば、もう少し内目の枠で
過去2戦と同様に番手にピタッとつけて
直線で抜け出す競馬をしたかったと思いますが、真ん中の枠に入りました。

ただ、5枠9番という枠は不利なくレースが出来る真ん中の枠なので
この枠順がリスク要因とはならないでしょう。

 

6枠12番 ジュンヴァルロ

サンリヴァルと同様に2戦2勝でホープフルステークスに出走する
ジュンヴァルロは6枠12番という枠順に入りました。

この枠順はジュンヴァルロにとっては良い枠だと言えます。

ジュンヴァルロ過去2戦は逃げ切り勝ちを収めているので、
馬群の中に入ってレースをした経験はありません。

ですので、今回のレースでもし先手が奪えず馬群に入って競馬をするような
展開になると難しい面を出してしまう可能性がありましたが
今回は外目の偶数枠という事で他馬との摩擦が少ない状態でレースが出来ます。

ジュンヴァルロの力を出しやすい枠順に収まりましたね。

 

3枠5番 トライン

新馬戦を逃げ勝ったディープインパクト産駒のトラインは
今回3枠5番という内目の枠をゲットしました。

枠順としては悪くありませんが、ちょっとリスクの高い枠順ですね。

トラインの本質はどういった馬かはまだ分かりませんが
今回は内目の枠で馬群に入っての競馬になると揉まれる可能性があります。

揉まれても自分の力を出せる地力を持ち合わせているかは未知数で
揉まれないように逃げという戦法を打ってしまうと
後続の馬の目標になってしまうので、どちらにしても難しいレースになりそうです。

 

4枠8番 シャルルマーニュ

東スポ杯2歳ステークス3着のシャルルマーニュは
4枠8番という絶好枠をゲットしました。

ヴィクトワールピサ産駒で先行力を武器とした馬ですが
今回の4枠8番という枠順は距離ロスも少なく、良いポジションを取れる枠順です。

東スポ杯ではワグネリアンに完敗しましたが
この枠順ならシャルルマーニュの力は出せそうです。

 

6枠11番 フラットレー

前走のアイビーステークスでは思わぬ大敗を喫してしまった
フラットレーは6枠11番に入りました。

枠順としては良い枠に入ったと言えますね。

新馬戦で追い込みを見せているように末脚勝負が出来る馬なので
内目の枠に入って馬群に包まれるのは怖い要素でしたが
今回の枠順なら全体を見ながら好きな時にゴーサインを出せそうです。

不良馬場とは言え、前走大敗してしまった事は気になりますが
条件としては走れる条件での競馬が出来ると判断できますね。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは有力馬のポジショニングです。

2歳戦を勝ちあがってきた馬は総じて逃げ・先行で勝ってきた馬が多く
(レベルの低い馬が多く混ざっているためスピードの違いで先頭に押し出される)
現時点で脚質を決めることは出来ません。

人気がなく、前走で逃げ・番手で競馬をした内枠の馬が
逃げることが予想され、有力馬は中団で構えて競馬することが予想されます。

4コーナー先頭からの押し切るという競馬はしづらくなってしまうので
道中は中団以降に構えて、4コーナーから進出を開始する推進力のある馬

もしくは道中で脚を溜めて、直線で末脚を爆発させる馬が
人気どころでも上位に入ってきそうです。

出走各馬のレースをしっかりと見極めて
中山芝2000mに対応できる馬を探すことが大切ですね。

 

まとめ

2017ホープフルステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

4枠8番 シャルルマーニュ

6枠11番 フラットレー

今回はこの2頭を挙げたいと思いますが

人気に支持されそうな馬はほとんどの馬が好枠をゲットしたとあって
枠順による有利不利は極めて少ないレースになりそうです。

実力勝負で決着がつくと思って馬券を買った方がいいですね。

 

私が2017チャンピオンズカップで注目している馬は
コース実績が抜群で今回ここを狙ってきているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第34回 ホープフルS(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ホープフルSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。