2017朝日杯フューチュリティステークス枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017朝日杯フューチュリティステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた朝日杯フューチュリティステークスでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

11月29日に発売されたB‘zの『Dinosaur』という
アルバムを聴きまくっています。

毎日、ヘビーローテーションです。

アルバムの中に「弱い男」という曲があって
「本当、弱い!!」という歌詞がめちゃくちゃいっぱい出てきますが
男というのは本当に弱いなぁと思います。

ただ、男が弱い事で世の中が円滑に回っているのかなぁという感じもしていて
男が女性の強さを持っていたら、世の中から争いが絶えないのではないかと思います。

逆に女性が男性と同じくらい弱かったら、それはそれで困ることが多そう。

「強さ」と「弱さ」のバランスが絶妙に取れているから
男と女という違う生き物が共存できているのかなぁ
勝手に一人で納得しています。

有馬記念にも多くの牝馬が出走してきますね。

下馬評ではキタサンブラック、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードなどの
牡馬が優勢ではありますが、牝馬が強さを見せてくる可能性は十分にありそうです。

という事で、今週は牡馬のGIである
朝日杯フューチュリティステークスの話をしていきます。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の阪神ジュベナイルフィリーズは
超自信の大本命馬できっちりと単勝をGET!

今週はGI“朝日杯フューチュリティステークス”

サウジアラビアRC1,2着のダノンプレミアム、ステルヴィオ
京王杯2歳S勝ち馬タワーオブロンドンが3強の様相を呈していますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツでほぼ間違いない」という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には無料で教えます
そして、朝日杯フューチュリティステークスの馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、朝日杯フューチュリティステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

朝日杯フューチュリティステークス(阪神芝1600m)は
マイル戦ではありますが、クラシックで活躍できる中距離適性の馬も十分に活躍できる舞台です。

過去3年からみたレースの特徴を見てみても

・差し馬が圧倒的に有利なレース

・内枠よりも外枠が有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ダノンプレミアム

サウジアラビアRCでは圧倒的な強さを見せた
ダノンプレミアムでは今回は1枠1番に入りましたが
大きな問題はないものの、もう少し外目の枠順の方が良かったですね。

過去2戦は2番手での競馬をしており
今回も2番手で競馬をする分には全く問題ありませんが
ある程度下げて競馬をする場合はリスクが伴ってきます。

今回はおそらく一番人気だと思いますので
そこまで冒険はしてこないと思いますが
この枠だと前走と同様の競馬しか選択肢はないでしょう。

川田騎手の手綱さばきに注目ですね。

 

2枠3番 タワーオブロンドン

京王杯2歳ステークスを圧勝して
ダノンプレミアムと並ぶ人気になることが予想される
タワーオブロンドンは2枠3番に入りましたが
これは正直良くない枠順ですね。

外国馬らしくパワーを売りにした馬なので
4コーナーあたりで外から押し上げて
最後の直線もパワーで押し切るような競馬が理想でしたが
それが最もやりづらい枠順に入りました。

ルメール騎手がどのような戦法に出るのか注目です。
もしかしたらダノンプレミアムのすぐ後ろで徹底マーク

という形もあるかもしれません。

 

5枠10番 ステルヴィオ

前走のサウジアラビアRCではスタートで遅れて
最後方からの競馬になりながら鬼脚を見せたステルヴィオは
5枠10番という絶好枠に入りました。

不器用さを持っている馬なので、内枠は避けたかったところで
真ん中の偶数枠という最も理想の枠に入りました
(もう少し外でも良かったですが)

この枠順ならステルヴィオの競馬が出来そうですね。

Cデムーロ騎手は仕掛けるタイミングを計るのが上手い騎手なので
良いレースをしてくれそうです。

 

6枠12番 ダノンスマッシュ

もみじステークスでは鋭い末脚を見せたダノンスマッシュは
6枠12番に入りましたが、こちらも良い枠に入りました。

瞬発力のあるタイプの馬なので
内枠から馬群をこじあけるような競馬よりも
不利のない位置で競馬が出来れば自分の力は出してくれそうです。

あとは1600m未経験、父ロードカナロアという
距離の不安をどこまで跳ね返してくれるのか。

上手く脚を溜めることが出来るかどうかがポイントとなりそうです。

 

1枠2番 フロンティア

新潟2歳ステークスを先行押し切りで勝利した
フロンティアは1枠2番という絶好枠に入りました。

前走は3番手に控えましたが、全く味が出ずに
4着と敗れてしまったので、今回は逃げに徹するでしょう。
(展開予想のところでも話をします)

逃げるには絶好である2番枠を引いたので
思い切った逃げを見せてくれそうですね。

あとはダノンプレミアムにどれだけプレッシャーをかけられるか、ですね。

 

6枠11番 カシアス

函館2歳ステークス勝ちの後に出走した
京王杯2歳ステークスでも好走したカシアスは
6枠11番に入りましたが、もう少し内が良かったですね。

近2走の競馬を見ても分かりますが、1600mは不安がある馬です。
出来るだけ距離ロスなく、内で上手く立ち回りたかったところですが
今回は11番枠という事で内に拘るレースは厳しくなりました。

 

3枠6番 アサクサゲンキ

カシアス同様、1200mの重賞を勝ったのちに
京王杯2歳ステークスで3着と好走したアサクサゲンキですが
今回は3枠6番という好枠をゲットしました。

評価としてはカシアスとほぼ一緒でマイルに不安がある馬なので
ロスのない内枠からの競馬が理想でした
その競馬が出来る6番枠をゲットできたという事ですね。

 

展開予想のポイント

朝日杯フューチュリティステークスの展開のポイントは

タワーオブロンドンの出方

です。

おそらく逃げるであろうフロンティアと
そのすぐ後ろにつけるであろうダノンプレミアム、アサクサゲンキ

この隊列で落ち着いた流れを作ってしまったら
ダノンプレミアムの独壇場になってしまう可能性があります。

内枠に入ったタワーオブロンドンにとって
最大のライバルであるダノンプレミアムは格好の目標です。

タワーオブロンドンが前に圧をかけていく競馬をすれば
ステルヴィオやダノンスマッシュといった外枠にいる差し馬が
台頭する余地は十分に生まれそうです。

展開としてはそれほど前が有利になる流れにはならないと読みます。

 

まとめ

2017朝日杯フューチュリティステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 フロンティア

5枠10番 ステルヴィオ

6枠12番 ダノンスマッシュ

今回はこの3頭を挙げたいと思います

細かな展開や枠順の有利不利よりも能力がものを言う
朝日杯フューチュリティステークス2017は難しく考えすぎない事が大切ですね。

 

私が2017朝日杯フューチュリティステークスで注目している馬は
今回のメンバーの中で最も能力が高いと見ているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。