朝日杯フューチュリティステークス2017、穴はケーアイノーテック!なぜ推せるのか?

Pocket

ここでは2017朝日杯フューチュリティステークスに出走馬の中で
”穴馬”として指名したケイアイノーテックについて
狙える根拠や理由は話していきながら
レース予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

毎年年末に行われる、今年の漢字一文字は

「北」

に決まりました。

そして、時事ネタを基に有馬記念を予想する
ライトな層の競馬ファンがどういう事も言うかも決まりました。

“今年の漢字は「北」だからキタサンブラックで決まり”

これです。

きっと多くの人がこの台詞を言うと思いますが
この台詞を言った人に一言言いたい!!

別に今年の漢字が「北」じゃなくてもキタサンブラック来るから!!!

「ざんねーん!、多分単勝は1.7倍だよ」切り!!

 

さて、今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われます。


(写真は2016朝日杯フューチュリティステークス)

今回出走するメンバーを見てみても
過去のデータから見てみても、荒れそうにないレースですが
1、2番人気の馬を買ったところで、それほど利益は出ません。

大荒れは見込めないまでも、配当妙味が見込める伏兵馬を買いたい!

という人の為に今回は2017朝日杯フューチュリティステークスで狙える穴馬を挙げて
馬券的中のヒントになる見解を提供できればと思います。

穴馬はもちろん、本命馬に比べれば好走の確率が低い馬です。

その前提を基に“一角崩しのありえる馬”という観点で話をしていきます。

確率が低いという事を前提にポジティヴな要素を話していきます。

 

朝日杯フューチュリティステークス2017の枠順確定後の展開予想

朝日杯フューチュリティステークス2017の枠順確定後の展開予想と
有利な枠に入った馬、不利な枠に入った馬の見解は
以下のページで話していますので、クリックして確認して下さい。

朝日杯フューチュリティステークス2017の有利不利と展開予想

 

選んだ穴馬は…

それでは私が選んだ穴馬について話していきます。

私が選んだ朝日杯フューチュリティステークスの穴馬は

“ケイアイノーテック”

です。

 

ケイアイノーテックを推す理由

状態面の大幅な良化が見込める

今回の朝日杯フューチュリティステークスでは連勝中の馬
そして、一度も馬券圏内を外したことの無いような馬が多いメンバー構成の中
前走のデイリー杯2歳ステークスでは3着と敗れてしまったケイアイノーテック

額面だけを受け取ると非常に厳しい成績ではありますが
このデイリー杯2歳ステークスは馬体重プラス22kgと
明らかに太い体で出走してきたレースでした。

レースの内容を見てみると各馬がしかける4コーナーあたりで
ケイアイノーテックも仕掛けているのですが
太め残りが災いしてか、馬がまったく前に行こうとせず
馬群に沈まんばかりの勢いでした。

しかし、最後ジリジリと伸びて3着と
明らかな調整失敗による大幅な馬体増でも走りました。

今回の朝日杯フューチュリティステークスでは
どう考えても前走よりも大きく状態を上げてくるはずです。

ケイアイノーテックのパフォーマンスが大きく上がると考えれば
前走の3着に敗れた後からでも巻き返しは可能です。

 

ディープインパクト産駒の底力とコース適性

朝日杯フューチュリティステークスは阪神競馬場芝1600m
という条件で実施されるレースですが
この阪神芝マイル戦は

“差しが利き、瞬発力勝負になりやすい”

という特徴がありま。

「差し脚が鋭い」「瞬発力勝負に強い」というのは
ディープインパクト産駒の最大の特徴で
実際のところディープインパクト産駒は阪神芝マイル戦で強さを見せています。

昨年の勝ち馬サトノアレスもディープインパクト産駒でした。

サトノアレスの朝日杯フューチュリティステークス後の成績を見て貰うと
分かるのですが、サトノアレス自身は実はそれほど強い馬ではありません。

しかし、サトノアレスが勝ったという事実は
ディープインパクト産駒が阪神芝マイルに高い適性を持っている事の証明に他なりません。

加えて言うと、

“ディープインパクト産駒は大舞台に強い”

という特徴があります。

クラスが上がれば上がるほど成績を上げてくるのがディープ産駒なので
ケイアイノーテックもクラスが上がり、相手も強くなると
持っている潜在能力を開放してくる可能性があり期待できます。

これらの要素から2017朝日杯フューチュリティステークスで
ケイアイノーテックは面白い穴馬だと判断出来ます。

 

以上です。

 

まとめ

今年の朝日杯フューチュリティステークスではケイアイノーテックと同じ
ディープ産駒のダノンプレミアムが人気になりそうです。

しかし、第2のディープ産駒であるケイアイノーテックも走れる体勢にある
ローテーションと適性を持っていると判断出来るので
今回ケイアイノーテックが激走する可能性は十分にあります。

2017朝日杯フューチュリティステークスは
伏兵馬ケイアイノーテック、に注目して貰えたらと思います。

2017朝日杯フューチュリティステークスで私が注目している馬は
今回はこの馬で仕方が無いと思っているあの人気馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の阪神ジュベナイルフィリーズは
超自信の大本命馬できっちりと単勝をGET!

今週はGI“朝日杯フューチュリティステークス”

サウジアラビアRC1,2着のダノンプレミアム、ステルヴィオ
京王杯2歳S勝ち馬タワーオブロンドンが3強の様相を呈していますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツでほぼ間違いない」という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には無料で教えます
そして、朝日杯フューチュリティステークスの馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。