【朝日杯フューチュリティステークス2017】カシアスが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2017朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定している
カシアスが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私は「ガリ勉根暗野郎」を自称しているように
基本一人でいるのが好きな人間です。

ですので、若いときはよく一人旅に出かけました。

行き先も決めず、たださすらって自分がそのときに思った道を進み
そのとき思った場所に立ち止まる。

かなり充実した旅で面白かったのですが
最近、一人旅は少し寂しいなと思ってきました。

一人で居るのが好きなのは基本変わらないんですけどね。

どこかで人の温かみを感じたいなと思ってしまいます。

年を取って少し丸くなってきたのか?

それとも死期が近づいている序章なのか?

まあ、人は変わっていくものですからね。

新しい自分をポジティブに迎えたいと思います。

 

さて、今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われます。


(写真は2016朝日杯フューチュリティステークス)

人気面ではダノンプレミアム、タワーオブロンドン、ステルヴィオの3頭が人気を引っ張っている形で
それほどの大荒れは見込めないレースになっています。

となると、本命サイドの予想になってくるので
馬券を絞っていかないと利益を出せる馬券が買えなくなってしまいます。

そのための一つの方法として、有力馬を切って買う馬を絞っていくという事が必要になってきますよね。

そこで、ここでは2017朝日杯フューチュリティステークスにおいて
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2017朝日杯フューチュリティステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

カシアス

です。

 

 

カシアスは函館2歳ステークスを完勝して世代一番乗りで重賞を制覇。

続く京王杯2歳ステークスでも内目を差してきて2着に入り
世代屈指の力を見せつけた実力馬ですが、そんなカシアスが
なぜ2017朝日杯フューチュリティステークスで危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

朝日杯フューチュリティステークスのコース分析

朝日杯フューチュリティステークス2017のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

朝日杯フューチュリティステークス2017のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

カシアスの不安要素

阪神芝1600mでの戦い、舞台変わりへの対応力に不安

カシアスは過去4回競馬を使っていますが
その全てが1400m以下の競馬となっています。

この時期のレースは短距離戦がメインで組まれているので
マイル経験が無いという事は往々にしてあるのですが
カシアスに関しては短距離のレースにしっかりと対応している点から
距離が伸びてプラスになるとは考えづらい面があります。

前走の京王杯2歳ステークスでも前に行った馬が残る流れで
スタミナを問われないレースだったことから
1400mにびっしりと対応出来たとは言えない部分があります。

 

血統面から見てみるとカシアスの父キンサシャノキセキは
高松宮記念を2勝、スプリンターズステークスでも2着1回と
スプリント戦で活躍をした馬です。


(写真は キンサシャノキセキ)

その産駒を見てみてもシュウジやモンドキャンノに代表されるように
1400m以下で活躍している馬がほとんどです。

データを見てみても1400m以下と1500m以上では
成績に大きな差が出てくるスプリンター輩出系の種牡馬です。

当然、カシアスも適性は1400mにあると考えるのが妥当で
1600mに距離延長となる今回の朝日杯フューチュリティステークスでは
パフォーマンスを落としてしまう可能性が高いと言えます。

 

前走マイナス14kg、状態面の不安はないか

カシアスは前走の馬体重は470kg

デビュー以来、最も軽い馬体重での出走となりました

2歳戦の場合は余裕残しの体で新馬戦を迎えて
徐々にレースを使いながら、体をブラッシュアップさせる

という形があり、その場合のマイナス14kgであれば問題はないのですが
カシアスの前走については上の場合には当てはまりません。

デビュー戦で2着を確保して、2戦目の未勝利戦で完勝
そして続く函館2歳ステークスでも完勝と
走りの内容がしっかりとしていた事が余裕残しの出走ではなかった証拠です。

実際に使い詰めだった3戦目の函館2歳ステークスでは
馬体を8kg増やしての出走となっており
体調の良さが伺える状況でしたが、前走の京王杯2歳ステークスでは
休み明けにもかかわらず、マイナス14kgという結果でした。

京王杯自体は展開が恵まれたこともあり、好走しましたが
マイナス体重での好走はダメージがある1戦であったと言えます。

この前走の内容から朝日杯フューチュリティステークスでは何かしらの反動が来て、
カシアスの力を100%発揮できない可能性は高まるでしょう。

 

以上、2つの理由から

2017朝日杯フューチュリティステークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

カシアス

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

今年の重賞一番乗りを果たしたカシアスですが
走りの内容を見ると同じキンサシャノキセキ産駒だったシュウジと同様
マイルという距離は長いと判断出来ます。

また状態面にみても朝日杯フューチュリティステークスでプラスになる要素がなく
今回のレースではパフォーマンスを落としてきそうです。

カシアスを外して馬券勝負したいですね。

 

2017朝日杯フューチュリティステークスで私が注目している馬は
今回は地力が1頭抜けていると判断しているあの有力馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の阪神ジュベナイルフィリーズは
超自信の大本命馬できっちりと単勝をGET!

今週はGI“朝日杯フューチュリティステークス”

サウジアラビアRC1,2着のダノンプレミアム、ステルヴィオ
京王杯2歳S勝ち馬タワーオブロンドンが3強の様相を呈していますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツでほぼ間違いない」という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には無料で教えます
そして、朝日杯フューチュリティステークスの馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━