【朝日杯フューチュリティステークス2017】ダノンプレミアムは切り?有力馬の危険度分析

Pocket

ここでは2017朝日杯フューチュリティステークスに出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

1番人気が予想されるダノンプレミアムの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

12月も油断をしていたらあっという間に半月が経ってしまいました。

「光陰矢の如し、サーロインは肉の如し」

はと吉田照美さんが残した名言(迷言?)ですが
ボヤボヤしているとあっという間に一年が経ってしまいそうです。

私は一年を過ごすのに目標を立てるようにしています。

目標と言っても「競馬の収支で130%を超える」とか
そういうボンヤリした目標ではなくて

「毎日競馬ブログを更新する」

とか

「毎月100km走る」

とか、やろうと思えば必ず実行できる目標を立てるようにしています。

さて、来年の目標は何にしようか…

あと10日くらいでまとめたいと思います。

さて、今週は2歳牡馬の頂上決戦の朝日杯フューチュリティステークスが行われます。


(2016年 朝日杯フューチュリティステークス サトノアレス)

これまでの重賞で好成績を残してきた馬が順調に出走してきており
昨年のような混戦ムードはありません。

各馬の実力をしっかりと把握して、序列をつけていけば
的中できそうなレースではあります
馬券で利益を出すとなるとかなり絞って買わないといけない分、難しいレースです。

という事で、朝日杯フューチュリティステークスの有力馬を分析していきますので
予想、そして馬券的中の参考にして頂ければと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

朝日杯フューチュリティステークスの全頭評価(動画付き)

朝日杯フューチュリティステークスの過去10年からみたデータ分析
出走予定馬全頭評価を見たい方は以下をクリックして下さい。

朝日杯フューチュリティステークス過去10年からみたデータ分析

 

朝日杯フューチュリティステークスの有力馬の危険要因と買い要素

ダノンプレミアム

前走のサウジアラビアRCでは稍重馬場に加ええて
距離短縮という条件ながら2番手で競馬をして
レコードでの先行押し切り勝ちを果たしたダノンプレミアム

新馬戦でも2番手から楽に抜け出しているように
レースセンスが高く、ディープ産駒らしいスピードを持った馬です。

能力の高さは疑いようがなく、今回のメンバーでも最有力に数えられる馬ですが
前走は稍重馬場でレコードという負担のかかる内容だっただけに
その反動が来ないかどうかが心配されます。

 

ステルヴィオ

前走のサウジアラビアRCでは4コーナー16番手という
絶望的な位置から上がり3F33.5秒という末脚を繰り出し
2着に入ったステルヴィオ。

ロードカナロア産駒ながら1800m戦のコスモス賞も勝っており
距離的な適性は問題なく、差し脚の届きやすい阪神芝マイル戦への舞台替わりは歓迎ですが
器用さがないので、今回も極端な競馬を強いられそうです。

スタートが上手く出られるか、最後方ではなく
中団後ろあたりの良いポジションで競馬が出来るのか
という点に注目ですね。

 

タワーオブロンドン

京王杯2歳ステークスを完勝して高い能力を見せつけたタワーオブロンドン
2走前のききょうステークスも後方から一気の末脚で圧勝と
来年の藤沢厩舎を背負ってくれそうな素質馬です。

今回の朝日杯フューチュリティステークスは更に距離を伸ばしての
マイル戦となりますが外国血統の馬なので、タメを利かせることが必要な
根幹距離への対応が出来るかどうかは大きな課題となります。

鞍上がタワーオブロンドンをどのポジションに置くのかに注目ですね。

 

ファストアプローチ

タワーオブロンドンと並び藤沢厩舎から出走するファストアプローチ
札幌2歳ステークスでロックディスタウンの2着に入るなど
能力の高さは見せていますが、前走の芙蓉ステークスでは2着に敗れるなど
詰めの甘さも持ち合わせた馬です。

今回は初めてのマイル戦となりますが、ゆったりとした走りをみせる馬なだけに
GIの速い流れ、そしてGIの速い末脚勝負に対応が出来るのかどうかが
レースの焦点となります。

 

カシアス

前走の京王杯2歳ステークスではアサクサゲンキとの2着争いを制して
函館2歳ステークス勝ち馬の力を見せたカシアス

今回は距離が200m伸びて、マイル戦という未知の距離になりますが
函館2歳ステークスでの走りや血統面を見る限りでは
阪神マイル戦の舞台がプラスになるとは思えません。

鞍上の浜中騎手が道中でいかにカシアスをリズムよく走らせてあげるかが焦点となりそうです。

 

アサクサゲンキ

前走の京王杯2歳ステークスではカシアスとの叩き合いに負けて
3着になってしまったアサクサゲンキですが
小倉2歳ステークスを勝った力は見せてくれました。

今回は更に200m伸びて未知のマイル戦になりますが
カシアス同様、プラスになる要素はありません。

レースではどれだけ上手く適性をごまかして乗れるかがポイントになりそうです。

 

ダノンスマッシュ

今年の「ダノン」はプレミアムばかりに目が行きますが
もみじステークスを勝ち現在連勝中と勢いにのるダノンスマッシュ

過去3戦は全て1400mということで
ダノンスマッシュもカシアスやアサクサゲンキ同様
距離に不安のある馬ですが、ロードカナロアの子供とあって
マイルまではこなしてくれる可能性は十分にありそうです。

新馬戦では前に行って負けているので
ある程度、後方からの競馬が見られそうですね。

 

以上です。

 

まとめ

今年は登録の段階で18頭と頭数が少ない中で行われる
朝日杯フューチュリティステークスになりそうです。

その中でも前走で強い競馬を見せた

ダノンプレミアム、ステルヴィオ、タワーオブロンドン

この3頭が人気を形成しそうなレースです。

この3頭の中でどの馬を最上位に取るのか?
そして、3頭以外の2番手群の中でどの馬をピックアップしていくのか?

3頭が総崩れになることはまずないと思われるメンバーなので
主力と伏兵の取り方が大きなポイントになりそうですね。

 

2017朝日杯フューチュリティステークスで私が注目している馬は
人気のなりそうな3頭の中でも、前走が強かったあの馬です。

人気3頭の中では、断然この馬かなと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の阪神ジュベナイルフィリーズは
超自信の大本命馬できっちりと単勝をGET!

今週はGI“朝日杯フューチュリティステークス”

サウジアラビアRC1,2着のダノンプレミアム、ステルヴィオ
京王杯2歳S勝ち馬タワーオブロンドンが3強の様相を呈していますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツでほぼ間違いない」という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には無料で教えます
そして、朝日杯フューチュリティステークスの馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。