2016産経大阪杯予想結果

Pocket

2016年 産経大阪杯

2016 産経大阪杯

【予想見解】

GIと言っても遜色ない豪華メンバーが集まり
穴馬台頭の確率は限りなく低いでしょう。

本命サイドでの勝負が必要なレースなので
配当期待値が低く、勝負度合いの低いレースとなります。

ある程度相手も絞っていきたいですね。

阪神競馬場は今週からBコース使用という事で
外を回しての後方一気という競馬は若干不利になります。

地力勝負を前提に置きながら、展開のエッセンスを少し頭に入れて
予想を展開していきましょう。

本命は キタサンブラック です。

有馬記念では逃げて3着、菊花賞では内を突いて上がり最速で勝利
日本ダービーでは惨敗しましたが、リアルスティールなどと比べても
遜色ない実力の持ち主ですが、地味なので常に人気がありません。

立ち回りの巧さと直線のしぶとさが最大の武器で
今回の条件は絶好と言えます。

今回も有馬記念の結果が展開に恵まれたものと判断されているのか
実績と比較すると全く人気がありません。
これだけ人気がないなら、当然本命を打ちます。

対抗は アンビシャス です。

この馬は前走の内容が抜群でした。
ラジオNIKKEIの勝ちっぷりを見ても
広々としたコースよりも小回りで一瞬の脚を使う方が力を出せるタイプ

ここは素直に前走内容を評価します。

3番手は ショウナンパンドラ

昨年夏から能力を開花させてきた馬
地力は当然上位でここも侮れません。

陣営の思惑(宝塚記念狙い?)と照らし合わせると
勝負気配は少し弱めに見える点で3番手評価としましたが
その分人気がなく、是非とも買いたい存在ですね。

最後に タッチングスピーチ

末脚は毎回堅実で牡馬相手でもひけを取りません。

小倉での勝ち星があるように小回りもOKなタイプで
落ち着いた流れになりそうな点もプラスです。

印は以上です。

他の有力馬の評価をしておきましょう。

ラブリーデイ:有馬記念は使い詰めで状態ギリギリに加えて
距離が適性より少し長いというところで、仕方のない敗戦でした。

今回は休んで状態面プラス、距離短縮もプラスと
プラス材料がそろい人気になるのは当然なのですが
昨年10戦を使われており、心身が昨年の状態に戻るのかと言う点は心配

不発を考えて相手までとしています。

ヌーヴォレコルト:今週は調教で超絶時計をだしたという事で
にわかに気配が盛り上がっていますね。

能力もあり、安定感のある良い馬ですが
スケールから言うとブエナビスタ級から一歩劣る存在で
善戦マンで終わってしまう可能性があり
ここも掲示板には入るだろうけど、上位となると…

という存在です。

内を割ってこられる精神力があるのはプラスで
ここのところ絶不調の岩田騎手が上手く立ち回れるか
という点に全てがかかっているでしょう。

調教激しすぎ → レースで凡走

という点も少し頭をよぎりますね。

イスラボニータ:前走は謎の敗戦、昨年も中山記念で見せ場なく敗れているので
相性のようなものがあるのかもしれませんが
今回も条件としては似ており、前向きには考えづらい存在です。

ただ、その分人気急落なので、馬券を買う余地は残されています。

評価は以上のような形です。

あとは馬券の買い方なのですが

3連単で

1着 7
2着 6,8,9
3着 2,3,4,6,8,9

1着 6,8,9
2着 7
3着 2,3,4,6,8,9

を各100円

合計3,000円 購入する予定です。