2016オークス、フェブラリーS、エプソムカップ、紫苑ステークス的中事例

Pocket

2016オークス 本命 シンハライト

桜花賞まで断然の実績を見せていたシンハライト

このレースではジュエラー、メジャーエンブレムが未出走とあって
どう考えても外せない存在になりました。

そして、フローラステークスを勝ったチェッキーノも
前走で不利な大外枠ながら圧勝と力の違いを見せていました。

このレースは2頭が抜けており1点での馬券購入となりました。

2016%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e7%9a%84%e4%b8%ad%e9%a6%ac%e5%88%b8

  
2016フェブラリーステークス 本命 ノンコノユメ

東京マイル戦では無類の強さを見せるノンコノユメ

チャンピオンズカップでも内から伸びるなど
非凡な精神力を見せており、ベストの舞台のここでは死角なし

対するモーニンは根岸ステークスを完勝

未だに底が割れておらず、まだまだ成長が見込める馬で
持っているスピードからもこの舞台はプラス

1点勝負での馬券購入となりました。

(ちなみに下は友人の為に購入した馬券です)

2016%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e7%9a%84%e4%b8%ad%e9%a6%ac%e5%88%b8

  
2016中山記念 本命 アンビシャス

昨年秋は毎日王冠、天皇賞秋と後塵を拝したが
スムーズな競馬が出来ていなかった。

ラジオNIKKEI賞で見せたパフォーマンスから
小回りの方が得意なのは明らかで人気ながら本命に。

現役最強馬ドゥラメンテが対抗でしたが
長期休養明けだったので、リアルスティールなども抑えて
馬連での馬券購入となりました。

(ちなみに下は友人の為に購入した馬券です)

2016%e4%b8%ad%e5%b1%b1%e8%a8%98%e5%bf%b5%e7%9a%84%e4%b8%ad%e9%a6%ac%e5%88%b8

  
2016エプソムカップ 本命 ルージュバック

思うようにレースが使えなかっただけでなく
GIプログラムの都合で適性条件を走れなかったルージュバック

GIシリーズが終わってやっと適性の条件を使う事が出来たレース
能力は頭2つ抜けており、この馬以外に本命は見当たらなかったので
素直に本命にして馬連と3連単を購入。

最後にフルーキーが差してくれたのでW的中となりました。

2016%e3%82%a8%e3%83%97%e3%82%bd%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e7%9a%84%e4%b8%ad%e9%a6%ac%e5%88%b8

  
2016紫苑ステークス 本命 ビッシュ

オークス3着の実績から地力上位は明らか
今年から重賞に変わりメンバーの密度もグッと濃くなったので
無理な穴狙いは止めての本命サイドへ

対抗パールコードは展開とマズイ騎乗で馬群に消えたが
前走で素質開花したヴィブロスがしっかりと2着を確保

馬連と馬単を拾う事が出来た。

2016%e7%b4%ab%e8%8b%91%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e7%9a%84%e4%b8%ad%e9%a6%ac%e5%88%b8

  
いかがだったでしょうか?

  
競馬場の特性をしっかりと理解する事で
本命サイドの馬が逆に外せない存在になった。

という例をいくつか挙げました。

  
この場合は極力相手を絞って単レース回収率を上げる
という馬券的な工夫をしています。

  
これも競馬新聞でやたらめったに印をつけまくっている
レベルの低い予想家の意見を参考にしている人には辿り着けない世界です。

  
コース適性を理解する、考えるという事は
穴だけでなく、本命サイドの予想をするのにも有利である。

という事が分かって下さいね。

  
予想の立て方、見極め方などは無料のメールマガジンで公開しています。

役に立つ情報が満載なので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック