【カペラステークス2017】過去10年のデータ分析|究極の追い込み勝負

Pocket

2017カペラステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ
を分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
カペラステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、「ガリ勉根暗野郎」のMOTOです。

12月に入ってクリスマスの足音が徐々に近づいてきましたね

“根暗野郎”なので、基本的にクリスマスには興味の無い私ですが
街中で見られるイルミネーションは綺麗だなぁと思います。

 

特に自宅にいっぱいイルミネーションをつけて
飾っている家は見ていて圧倒されます。

飾り付けもめんどくさいだろうし
電気代もかかるし、片付けもめんどくさいし

とメルヘンのかけらもない私にとっては
なぜ自分の家にイルミネーションを飾るのか
さっぱり理由がわかりませんが
理由が分からないだけに、その情熱に圧倒されてしまいます。

メルヘンのかけらもないわりには
イルミネーションをみるのは好きみたいです。

自宅をピカピカさせようと思う気持ちはまったくありませんが
人が飾ったピカピカは満喫しようと思います。

 

さて、今週はカペラステークスが行われます。


(写真は2016カペラステークス)

年末に行われる中山ダート1200mの重賞とあって
フェブラリーステークスの参考にはならないレースですし
この舞台に適性のある馬だけが出走してくるような
“適性重視”の重賞レースとなっています。

今年のメンバーを見てもGIで活躍しそうな馬は見当たらず
窓際重賞であるカペラステークスを獲りに来ているような
メンツが集まっています。

それだけに馬券的には難しいレースになりますが
難解なカペラステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

カペラステークス2017出走予定馬の全頭評価と想定オッズ

カペラステークス2017の全頭評価(動画含む)については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

カペラステークス2017の全頭評価はコチラ

 

カペラステークス過去10年のデータ分析

追い込み馬がとにかく走るレース

まず、最初に注目したのはカペラステークスの脚質別成績です。

上はカペラステークスにおける4コーナーでの順位別成績です。

先行した馬の成績はそれほど悪くありませんが
追い込み馬が異様なまでに好成績を残している事が分かります。

特に4コーナーで13番手以下という
普通のダート戦では絶望的な位置にいる馬の成績が

複勝率 53.3%  複勝回収率 192%

と素晴らしい成績を残しています。

ダート1200mはスタートから飛ばして前のポジションを取った馬が
スピードに負かせてそのまま粘り込みを図るレースが多いのですが

重賞と言う事で普通のレース以上に最初のペースが上がってします点と
中山の急坂という障害が先行馬に襲いかかる点から

前にいる馬がバテてしまい
4コーナーで絶望的な位置にいる馬でも
しっかりと届いていることが分かります。

通常なら届かないような「ド追い込み馬」を買うのが基本戦略となります。

 

距離短縮ローテが優勢!体力が必要な舞台

次にカペラステークスで走った馬の前走出走レースの距離別成績を見てみましょう。

前走で1200mを使った馬は
複勝率10%、複勝回収率43%と“超”がつくくらい
低いアベレージを残しています。

対する前走で1400m以上のレースを使ってきた距離短縮組は
複勝率41%、複勝回収率144%と素晴らしい成績を残しています。

先ほど話したようにカペラステークスは先行争いが激化するレースです。

それゆえにスタミナとタフさを問われるレースになっており
前走で同じ距離の1200mを使った馬はスタミナが持ちません。


対する前走で1400m以上のレースを使ってきた馬は
長い距離を走ってきた分、スタミナが必要とされるレースを経験しています。

ですので、タフなレースになっても耐えられる馬が多く
好成績を残している事に繋がっています。

 

タフなレースゆえに体力が必要!前走惨敗組は狙える

最後にカペラステークスの前走着順別の成績を見てみましょう。

前走で5着以下に負けた馬の成績は【4.4.4.21】
複勝率は36.3%と高い確率で馬券に絡んでいます。

なぜ、前走で凡走した組が好成績を収めているのか?

という点について触れると
ここも最初に話をした通りタフなレースになるという事が関係しています。

タフなレースになるという事は
カペラステークスは持っている体力をフルに使うレースになるという事です。

前走で好走した馬は凡走した馬に比べて
多くの体力を消費しているので
タフなカペラステークスでは凡走しやすくなる一方

凡走して体力を余らせている馬は
カペラステークスで好走しやすくなります。

前走で凡走した馬は人気も無くなりますからね。

是非、狙ってみたいところです。

 

以上が2017カペラステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

“予想する際に重宝するのは、タフなレースに耐えられる体力と末脚の爆発力”

であるレースだと言えますね。

 

私がカペラステークスで注目しているのは
前走で惨敗してここで力を発揮できそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“阪神ジュベナイルフィリーズ”

新種牡馬オルフェーヴル産駒のロックディスタウンに注目が集まりますが

競馬セブンでは
完成度が高く、仕上がりも早いのでここは勝負気配が断然上
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

また、目標が来年のクラシックに向いている分、正直このレースの勝ち負けにこだわりはない感じ

という有力馬の情報まで掴んでおり、競馬セブンの情報が阪神ジュベナイルフィリーズ
を予想するうえで重要なカギとなる事は間違いありません。

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

スポンサードリンク