【2017チャレンジカップ】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017チャレンジカップ】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではチャレンジカップ2017の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

チャレンジカップは阪神芝2000mという条件で行われているので
今まで長距離路線を走っていた馬やマイル路線を走っていた馬が
出走してきて混戦になるレースです。

そんなチャレンジカップにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サトノクロニクル 3.1倍
モンドインテロ 5.3倍
ブレスジャーニー 柴田善 5.8倍
マキシマムドパリ 6.6倍
メドウラーク 7.1倍
ジョルジュサンク 9.2倍
デニムアンドルビー 10.9倍
マサハヤドリーム 12.1倍
プリメラアスール 14.6倍
マイネルミラノ 15.1倍
レッドソロモン 28.9倍
ニシノジャーニー 41.5倍
スーパーマックス 54.1倍
タツゴウゲキ(出走回避)
 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

一般の人と全く違う視点で予想をしているので
是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

前走で大きく崩れてしまった サトノクロニクル

安定感がウリで菊花賞でも人気になったサトノクロニクルですが
菊花賞では10着と惨敗してしまいました。

ただ、このレースは不良馬場で行われたレースとあって
着順を鵜呑みにする必要はなく
格下げ戦+距離短縮となる今回のチャレンジカップなら
再びサトノクロニクルらしい走りが見られそうです。

サマー2000チャンピオン タツゴウゲキ 

前走の新潟記念、前々走の小倉記念と連勝して
サマー2000チャンピオンに輝いたタツゴウゲキ

小回りコースと広いコースで結果を出したあたり
タツゴウゲキの力を見せたと言えます。

今回は中央場所に戻ってのレースになりますが
相手関係は前走とほぼ遜色ないレベルなので
ここで地力を見せられれば再びの好走は可能です。

重賞2勝の実力馬 ブレスジャーニー 

サウジアラビアロイヤルカップ、東スポ杯2歳ステークスと
2歳時に重賞を連勝して一時はクラシック候補と騒がれたブレスジャーニー

前走の菊花賞は久しぶりの競馬に加えて
不良馬場の長距離戦と全てが向かない状態での惨敗だったので
ノーカウントとしても問題ない競馬でした。

今回のチャレンジカップは叩き2走目、そして実績のある距離での競馬とあって
ブレスジャーニーの真価を発揮できるチャンスです。

エリザベス女王杯4着の マキシマムドパリ 

前走のエリザベス女王杯では12番人気と
低い評価ながら4着と激走したマキシマムドパリ

スタミナが豊富な馬で秋華賞3着の力を改めて見せつけた恰好でした。

今回は格下げ戦ということで相手も格段にレベルが下がるので
今年重賞を2勝している地力をもってすれば
チャレンジカップで好走する事も可能です。

近走不振の マイネルミラノ 

重賞勝ちの実績もあるマイネルミラノですが
近走は二桁着順が目立つスランプ状態に陥っています。

マイネルの馬はとにかくレースを多く使われるので
状態面の維持は難しいところですが
持っている地力は今回のメンバーでもまったく引けを取りません。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだチャレンジカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク